1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 口腔内にできる血豆6つの原因とその対処法

口腔内にできる血豆6つの原因とその対処法

口の中に赤黒い点を見つけたことはありませんか?それ実は、血豆です。どうして口の中に血豆が出来るのか?口腔内にできる血豆の6つの原因とその対処法をご紹介します。

1 口腔内にできる血豆の原因6つ

1 口腔内にできる血豆の原因6つ
出典:www.pakutaso.com

口腔内にできる血豆は、頬の粘膜に傷がつき粘膜の下に血が溜まっている状態の症状です。

どうしてそのような症状が出るのか、その原因と対処法についてお話しします。

1-1 親知らずで頬の粘膜を噛んでいる

いちばん多くみられるパターンが親知らずで頬の粘膜を噛んでしまっていることです。

親知らずの生え方によって親知らずのスペースが狭く、通常の咀嚼(そしゃく)であっても頬を噛んだりこすれたりして傷つけていることがあります。

そうした時に傷ついた頬の粘膜の下に血が溜まり、血豆となってあらわれます。

親知らずでできる血豆の対処法

斜めに生えたり、横向きに生えている親知らず*1は血豆を作る原因となりやすいです。

さらには汚れが溜まりやすくなるために、虫歯リスクや歯周病を引き起こす要因となりやすいので、かかりつけの歯医者さん(歯科医院・クリニック)と相談のうえで抜歯することをお勧めします。

※1 専門用語で水平埋伏智歯・すいへいまいふくちしと言います。

1-2 歯ぎしりで頬の粘膜を傷つけてしまう

歯ぎしりを日常的に行っている人の場合だと、ぎりぎりと歯ぎしりする時に頬の粘膜を傷つけてしまっている可能性があります。

歯ぎしりでできる血豆の対処法

歯ぎしりでできる血豆の対処法
出典:girlschannel.net

これは日中の意識下では歯ぎしりをしないよう気を付けることが出来ますが、就寝中に歯ぎしりの症状がある方は専用のマウスピースを作成されることをお勧めします。

マウスピースは専門家でも細心の注意を払って作成するものなので市販のものではなく歯医者さん(歯科医院・クリニック)で作成することを強くお勧めします。

自分の歯に合わないものを使用すると、歯並びを悪くする原因となります。

1-3 治療したばかりの歯で頬を噛んでしまう

虫歯や抜歯などの治療の際に使用する麻酔薬によって感覚が麻痺しているため、気が付かないうちに頬の粘膜を噛んだり傷つけている可能性があります。

あるいは被せものをする予定の歯には仮の詰め物が入れられますが、まだ被せものがない状態では歯に尖った部分が存在することがあります。

そうした箇所で頬の粘膜を傷つけている場合にも、血豆が出来ていることがあります。

治療中の歯が原因の場合の対処法

被せものをする予定の治療中の歯でできるだけ咀嚼しないように気をつけましょう。

また、硬いものを食べずに比較的柔らかいものを食べるようにするといいでしょう。
そうすることで治療中の歯で頬の粘膜を傷つけることを予防し、また治療中の歯で硬いものを噛んでしまい歯が欠けるということを防ぐことが出来ます。

1-4 一時的に歯が無い状態が続いたとき

維持できなくなった歯を抜歯、あるいは自然に欠落した歯を補う時に「入れ歯」などの処置が行われます。

このとき、入れ歯が完成するまでの間の歯が無い状態が短期間でも続くことによって、噛むときに使う筋肉が一時的に痩せてしまい、頬が内側へと入り込むことがあります。

そうした状態の口腔内に入れ歯などが入ることによって内側へ入った頬の粘膜を噛んでしまうことがあります。

歯が無い状態が続いた場合の対処法

これは咀嚼をすることによって自然に筋肉が戻り、症状も収まります。

こういった場合で血豆ができても心配せずに、よく噛んで食事を取るよう心掛けて下さい。

1-5 食事などで誤って舌を噛んでしまう

1-5 食事などで誤って舌を噛んでしまう

食事のときなどふとした時に、誤って舌を噛んでしまうとその部分に血豆が出来ることがあります。

こちらは事故的なものなので特別な対処法はありませんが、もしも舌や頬の粘膜を噛むことがあまりにも多い場合には神経の麻痺などの可能性があります。
そうした場合にはお医者さん(医院・クリニック)で相談することをお勧めします。

1-6 歯列矯正を行っているとき

1-6 歯列矯正を行っているとき

出っ歯や受け口など、歯並びの改善のために歯列矯正を行っているときに付けている矯正器具で頬の粘膜を傷つけることがあります。

矯正器具は歯の表面に接着剤で接着するため、通常の歯よりも出っ張っています。
その出っ張りで頬の粘膜を傷つけ、血豆が出来ることがあります。

矯正器具で粘膜を傷つけない対処法

矯正器具で頬の粘膜を傷つけないために使用する矯正器具に塗布するワックスがあります。
時間の経過とともにワックスは取れてしまうので、血豆などの症状が気になったら歯科医師に相談しましょう。
また、矯正がはじまり頬の粘膜が矯正器具に慣れてくると粘膜が強くなり傷が付きにくくなります。

2 血豆?ではない、血管腫とは

2 血豆?ではない、血管腫とは
出典:www.tdc.ac.jp

こちらも血豆と似たような点や斑状のものが粘膜や皮膚にも表れます。

自己免疫疾患に区別され、血小板が減少して引き起こされる病気です。
歯茎から血がでやすくなるのも特徴です。

この場合は専門医の診察が必要になりますので十分に注意が必要です。

3 特発性血小板減少性紫斑病(とくはつせいげんしょうせいしはんびょう)

血管腫は血腫とも呼ばれ、粘膜の下に血管が増えて血豆に似た赤や青みのあるぷっくりとした膨らみが特徴的な症状です。

血豆は粘膜の表面にできるものですが、血管腫は粘膜の下に発現するものです。
血管腫は指で触った際に弾力があり、ぎゅっと強く押すことで色が薄くなるという特徴を持ちます。

進行性のあるものではないので多くは経過を観察する場合と、症状がひどい場合には口腔外科で切除することもある症状です。

血豆は多くの場合、心配無用!

血豆は多くの場合、心配無用!

一時的な症状として血豆ができるケースが多いので特別な心配はいりません。

ただし、あまりにも頻発する場合や上記に挙げた血管腫の疑いがある場合、あるいは血豆と思われる症状が消えない場合には歯医者さん(歯科医院・クリニック)で相談しましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 歯ぎしり

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。