1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 食事療法・栄養管理 >
  4. 口内炎 >
  5. 子供に口内炎ができた!どういう食事をあたえればいいの?食事や治し方など

子供に口内炎ができた!どういう食事をあたえればいいの?食事や治し方など

自分の子供に口内炎ができてしまった。そういった場合、どういう食事をあたえれば子供に負担をかけずに済むのかを今回確認しましょう!

どういった食事・食品がいいのか

今回は口内炎ができた子供のために作ってあげられる料理をご紹介します。

口内炎ができた時は、食べ物の刺激や形で口腔を傷つけないようにするのが大切です。
そのために以下の点に気を付けてみてください。

1.料理が薄味であること
2.料理が柔らかいこと
3.水分をたくさん含んでいる料理であること
4.食材は細かく切ること

刺激の強い調味料を使わないよう、食事は基本的に薄味にしましょう。

また、食材が硬かったり、大きかったりすると口内をさらに傷つけてしまう可能性があります。
口内炎があるときは食事が負担になりやすいので、食べやすさを意識しましょう。

おすすめのメニュー

主食系

そうめん、細うどん、お粥、おじやなどがおすすめです。
いずれも柔らかい料理であるため、口腔を傷つけにくいです。

そうめんやうどんは、細く切り、煮込んで、カボチャやにんじんといった口内炎に良い野菜と一緒にするのもおすすめです。

スープ系

口内炎 スープ系

塩、こしょう、醤油を多く使うスープはさけましょう。
コーンスープ、野菜スープ、ポトフ、シチューがおすすめです。

口内炎が酷く食事が負担になっている場合も、あまり噛まずにするっと食べれます。
具が角ばって患部にぶつかり痛い場合には、食べやすいように潰しましょう。

またスープが熱いとしみてしまいますので、ぬる目になるようにさましてあげてください。

デザート系

プリン、ムース、アイスクリームが口内炎の発生している口腔に優しいです。

水分補給系

水、麦茶、お茶、ポカリスエット、アクエリアスが最適です。

飲もうと思わないとは思いますが、刺激の強い炭酸飲料は控えましょう。
また、ビタミンが多く含まれていても柑橘系のジュースも口内炎に対して刺激が強いです。

ビタミンを取る際は無理せず、スープと一緒に柔らかい野菜を食べましょう。

口内炎を起こさないようにどうすべきか?

うがいをしっかりと

口内炎の原因の一つとして、口の中の細菌の繁殖が挙げられます。

傷口から細菌が侵入することで口内炎が発生してしまうのです。

そういったことがないように、毎日うがいをして細菌を繁殖させてないようにしましょう。

またうがいの他にも、菌の繁殖を抑えるために歯磨きはしっかりとしましょう。

ゆっくりと食事をする

食材が硬かったり、角があるものなどは口内に傷を作ってしまう可能性があります。

食材自体は柔らかいけど気を付けたいのは魚です。
魚の骨が口腔に刺さり、そこから菌が侵入してくることがあります。

菌の侵入を防ぐためにもゆっくり食べさせるようにしましょう。

口内炎 ゆっくりと食事をする

まとめ・最後に

口内炎になってしまった場合の原因は、口の中の細菌の繁殖が考えられます。

もし、口内炎になってしまった場合、
"うがい"、"歯磨き"、そして"市販の口内炎専用のお薬"を使ってあげるとよいでしょう。

ぜひ、一緒に一日でもはやく口内炎を治せるようにしましょう!
最後まで閲覧いただきありがとうございます。

口内炎 まとめ最後に

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
口内炎

記事に関するお問い合わせ

「口内炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。