1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. お腹の病気・症状 >
  4. 妊娠 >
  5. 流産 >
  6. 流産の原因でよく言われる染色体異常とは?予防法は?

流産の原因でよく言われる染色体異常とは?予防法は?

妊娠初期に起こることが多い、流産つわりがあるのに、いつの間にか悲しい結果になっていることがあります。初期の流産の原因として最も多いのが染色体異常です。しかし染色体異常とはどういったものなのでしょうか?染色体異常の種類や予防法など説明します。

染色体異常の種類と原因

流産 染色体異常の種類と原因

染色体異常の原因は一体なんなのでしょうか?
そして、一言で染色体異常と言ってもどんな種類があるのでしょうか?

原因

流産 原因

待望の妊娠が悲しい結果になってしまった時に、どなたも「どうして染色体異常になったのだろう」と思うでしょう。
中には、自分を責めてしまうお母さんも少なくありません。

染色体異常が起こる詳しいメカニズムは分かっていても、なぜ高頻度で染色体異常が起きるのかは分かっていないのです。

染色体異常の種類

染色体異常には、多くの種類があります。
今回は染色体異常でも最も多くの症状を解説します。

21トリソミー(ダウン症候群)

流産 21トリソミー(ダウン症候群)

染色体異常の代表的なのが21トリソミーで、本来2対の染色体が21番目だけ3本になってしまうことから起きます。

発育の遅れや低身長、顔つきが似ているなど特徴が分かりやすいです。
ダウン症候群の子は筋力が弱い子が多いため、顔つきが似ているとされています。

ダウン症候群には3種類に分かれます。

標準トリソミー

標準型21トリソミーと言われ、ダウン症候群の90〜95%を占めます。
標準型21トリソミーは22本あるはずの常染色体が23本になることから起きます。
これは子供に偶発的に起こるものなので、親の染色体数は正常です。

転座型

全体の5〜6%程度で、転座型が見られます。
転座型は21番めの染色体の内1本が他の染色体にくっついてしまうことから起きます。

半数は染色体の不分離が原因で、親の染色体数も変わりません。
しかし残りの半数は遺伝性のもので、親に転座染色体の保因者がいるために起こります。

モザイク型

モザイク型は1〜3%程度と、とても稀なダウン症候群です。
モザイク型は21番目の染色体が2本の細胞と3本の細胞が混ざっていることから起きます。
こちらも親の染色体に異常はありません。

18トリソミー(エドワーズ症候群)

流産 18トリソミー(エドワーズ症候群)
出典:babyrina.jp

染色体異常の中では21トリソミーの次に多いとされている18トリソミー。
6000人に1人という確率で、女性対男性では3:1になります。

これは女子のほうがこの染色体異常に耐えやすく成長していくのですが、男子は染色体異常に耐えられず自然に流産してしまうからです。

もしも生まれてきても約1年程度しか生きることが出来ず、低体重や発育不全、心疾患といった障害を持っている場合があります。

18トリソミーの生存率は10%と非常に低いのです。

13トリソミー(パトー症候群)

流産 13トリソミー(パトー症候群)
出典:babyrina.jp

13トリソミーは1万人に1人というとても稀な染色体異常になります。
13トリソミーの赤ちゃんは重度の障害がある場合が多く、身体的な疾患も併発することが多いとされています。

もちろん個人差はありますが、小頭症や口唇口蓋裂、多指症、脳や心臓に奇形がある場合もあります。
また、知的障害も重度の場合が多くなっています。

妊娠中に13トリソミーとわかっても流産する可能性が高く、生まれてきても1年生きられる可能性は10%以下とされています。
最近は医療の発達に伴い、長く生きている方も多くいらっしゃいますが、合併症が多いとその分短命になります。

基本的には根本的な治療はなく、対症療法になります。
入院しての経過観察や治療になることが多いですが、疾患が比較的軽度の場合は自宅での治療も可能です。

なぜ流産になるの?

流産 なぜ流産になるの?

妊娠中の流産の原因として最も多い染色体異常ですが、流産になってしまうのは心臓や脳を形成していく時に染色体異常によって上手く形成されず、機能することが出来ないので亡くなってしまうからだと言われています。

とても悲しく辛いことですが、決してお母さんに責任があるわけではありません。
現代の医学でも防ぐ事が出来ない、難しいことなのです。

染色体異常になる確率と年齢の関係

流産 染色体異常になる確率と年齢の関係

無事に妊娠しても、残念ながら流産してしまう確率は約10%前後、年齢にもよりますが全体の平均として13人に1人は流産を経験してしまいます。

年齢が上がれば上がるほど確率は高くなり、表にもあるように、25歳では流産の確率はわずか10%ですが40歳を回ると40%と、約4倍も流産しやすくなってしまいます。

そして、その流産の中でも約60〜70%は染色体異常が原因とされています。

では、年齢と染色体異常の関係はどうなのでしょうか。

年齢での染色体異常の確率

流産 年齢での染色体異常の確率

染色体異常も加齢とともに確率が上がっていくことがわかっています。

20歳では約600人に1人ですが、30歳では約400人に1人、高齢出産とされている35歳以上では一気に確率は上がっていき、35歳で約200人に1人、45歳では約10人に1人となっています。

ダウン症のみにスポットを当てると確率は減りますが、大きく何らかの染色体異常があることを含めるとこのような確率になります。

なぜ年齢が上がると確率が上がるの?

今は高齢出産と言われるのは35歳以降になります。
晩婚化が進んでいる日本にとって、35歳以上での出産は多くあります。

流産の原因ははっきりとわかってはいませんが、染色体異常の原因は卵子にあることがほとんどです。
卵子は元々数が決まっていて新たに作られることはありません。
ずっと受精しないまま保管されていると年をとってしまい、減数分裂や細胞分裂を行うときに上手く働かないのです。

染色体異常の予防法とは

流産 染色体異常の予防法とは
出典:www.pakutaso.com

確実な予防法はない

どの親であっても我が子は健康で元気に生まれてきて欲しいと願うものです。
流産は原因がハッキリとわかっていないため、具体的な予防法もないのが現実です。

染色体異常を根本的に防ぐ方法はありません。

しかし、少しでもリスクを減らそうとする事はできます。

喫煙をしない

流産 喫煙をしない
出典:www.gekiyaku.com

卵子の老化が染色体異常に関っていると述べましたが、喫煙するとタバコの成分が卵子の老化を助長してしまったり、卵子を傷つけてしまいます。

その上妊娠率も下げてしまうので、妊娠を望んだり妊娠がわかった時には喫煙をすることは辞めましょう。

そして意外と多いのがパートナーによる受動喫煙です。
自分は吸っていなくても近くで喫煙されると、吸っているのと同じ様に煙草の成分が入ってしまいます。
妊娠がわかったらパートナーには別室や換気扇の下で吸ってもらうなど、配慮してもらいましょうね。

ストレスを溜めない

流産 ストレスを溜めない
出典:www.pakutaso.com

様々な悪影響を与えるストレス
ストレスは染色体異常にも関係があると言われており、卵子の機能を低下させてしまいます。

これはストレスをためることによって活性酸素が増えすぎ、卵子を攻撃してしまうためです。
傷ついた卵子は染色体異常を起こしやすくなる可能性があるのではないかとされています。

ストレスをすべて取り除くことは難しいですが、スポーツやショッピングなどでストレスを取り除くようにしましょう。

結婚、妊娠の年齢を考える

流産 結婚、妊娠の年齢を考える
出典:www.pakutaso.com

人にはそれぞれ人生設計があります。
「◯歳で結婚して、その後旅行にあちこち行って、落ち着いてから妊娠でいいかな。
」といったことももちろん素敵なことですが、妊娠を考えているのならば年齢が上がるに連れて流産や染色体異常の確率は上がるということを覚えておかないといけません。

もしも26歳で妊娠するなら卵子も26歳、35歳で妊娠するなら卵子も35歳になります。
健康面でももちろん若いほうが有利ですし、卵子の老化のリスクも少なくなります。

健康であるから染色体異常がないというわけでは決してありません。
もちろん両親ともに健康であっても染色体異常として流産してしまうことはあります。
ですが、リスクや確率から考えると年齢は若いほうが少なくなると考えられます。

まとめ

流産 まとめ
出典:www.pakutaso.com

流産はとても悲しく精神的にもとても辛いことです。
染色体異常は防ぐことが出来ないので「なんで私が」「私が悪かったの」と自分を攻めてしまいがちになってしまう方も沢山います。

ですが決してお母さんが悪いのではなく、染色体異常が起こってしまった結果なのです。

今回は染色体異常について詳しく解説しましたが、気持ちを落ち着かせるきっかけになればと思います。
もしも悲しい事があっても、必ず戻ってきてくれると信じて、心安らかに過ごしてくださいね。

最終更新日: 2016-11-06

タグ:
流産 ダウン症(Down症候群) 妊娠悪阻(つわり) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「流産」に関する記事

流産についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

妊娠初期に運動はしても大丈夫?流産の原因とおススメの運動を紹介
妊娠初期に運動はしても大丈夫?流産の原因とおススメの運動を紹介
基礎体温が高いけど流産しているかも…稽留流産の自覚症状や兆候、診断の時期について
基礎体温が高いけど流産しているかも…稽留流産の自覚症状や兆候、診断の時期について

「お腹の病気・症状」に関する記事

お腹の病気・症状の記事は他にも多数!

胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?

「流産」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。