1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 応急手当・救急処置 >
  4. いざというとき役立つ!熱傷(やけど)をした時の正しい対処法

いざというとき役立つ!熱傷(やけど)をした時の正しい対処法

もし、熱傷してしまったら…突然起こる熱傷に、誰もがあわててしまうことでしょう。 ですが、その対処法を知っていれば大丈夫! 落ち着いて行動することで、皮膚の損傷を最小限にすることができます。

応急手当のポイント

熱傷したら、まずは応急手当をしましょう。
応急処置をしないまま病院に行くと、じわじわと熱傷が進んでしまう場合があります。

ただし、後に説明する「重症の場合」は、応急手当と119番通報を、場合によっては心肺蘇生を同時に行う必要があります。

1)まず冷やす

1)まず冷やす

とにかく熱傷した患部を冷やしましょう。
蛇口やシャワーからの流水がベストです。

広範囲の火傷の場合は、浴槽に身体を入れ、シャワーで流水をかけながら、水を溜めながら、そこに浸かっておいても良いでしょう。

ただし、冬場など寒い時期には低体温症に注意が必要となります。
特に高齢者や小児では、循環動態に影響を及ぼすので気を付けましょう。
その場合は、清潔なタオルやシーツを熱傷部位にかけ、その上から水をかける方法などを用いましょう。
(下図参照)

これにより、熱傷部位以外の皮膚を冷やすことなく、患部だけを処置することができます。

1)まず冷やす

原則、痛みがなくなるまでしっかり(15分~30分以上)と冷やすこと。

2)包帯で保護する

十分冷やしたら、傷口を清潔に保つために、きれいなガーゼで覆い、包帯をしましょう。

応急処置でしてはいけないこと

1)服は脱がない、脱がせない

服を着ていて熱傷してしまい、熱くて脱ごうとすることがありますが注意してください。

熱傷した後に脱いでしまうと、皮膚が服に付いてしまい、服を脱ぐと同時に皮膚も剥がれてしまうことがあります。
服を着たまま、水をかけて冷やしましょう。

2)水ぶくれはつぶさない

2)水ぶくれはつぶさない

水ぶくれをつぶす人がいますが、それはとてももったいないことなのです。

その水ぶくれの中には、熱傷を治す、自然治癒成分がたくさん入っています。

また、その水ぶくれをつぶすことで感染しやすくなる状況を作ってしまうので、危険です。

2)水ぶくれはつぶさない

3)消毒薬を熱傷部分に使用しない

病院で処置をするときに差しさわることがあるので、消毒薬や軟膏は使用しないようにしましょう。

とにかく水で冷やしましょう。

3)消毒薬を熱傷部分に使用しない

重症の場合はすぐに119番通報を!

熱傷の深さは、Ⅰ度からⅢ度に分類されます。
まずは、その分類について説明します。

深さとは、表皮から皮下組織までを指し、そのレベルによって評価されています。

重症の場合はすぐに119番通報を!

その深さからは、熱傷の跡になるか?治療期間がどのくらいかかるかの大体の目安が分かります。

Ⅰ度の熱傷

 ・表皮のみの熱傷
 ・ヒリヒリして熱傷した部位が赤くなります。
 ・一時的な色素沈着はありますが、徐々に良くなります。
 ・治療期間は1~2週間程度です。

Ⅱ度の熱傷

Ⅱ度の熱傷は、さらに「浅いⅡ度」と「深いⅡ度」の2つに分類されます。

 浅いⅡ度
  ・真皮浅層までの熱傷
  ・ヒリヒリした感じが1~2週間程度、続きます。
  ・赤くなり、水泡ができます。
  ・色素沈着は残りますが、傷は残りません。

 深いⅡ度
  ・真皮深層までの熱傷
  ・軽い痛みが3~8週間程度、続きます。
  ・水泡ができ、深い所は、やや白っぽく見えます。
  ・手術をした方が良いことが多く、傷跡が残ります。

 Ⅲ度の熱傷

  ・皮下組織から深部までの熱傷
  ・手術が必要です。
  ・傷跡が残り、皮膚が引きつったような状態になります。

 このうち、以下のものは重症扱いになりますので、すぐに119番に通報しましょう。

  ◆Ⅱ度の熱傷&体表面積の30%以上の熱傷
  ◆Ⅲ度の熱傷&体表面積の10%以上の熱傷
  ◆顔の熱傷&Ⅲ度の熱傷または、鼻毛が焦げたり、痰が黒い
  ◆老人や乳児の熱傷

 Ⅲ度の熱傷

あとがき

いかがでしたか?
冷やすことが大切だとは知っていたけれど、少し冷やせばよいと思っていたという人がいるのではないでしょうか。

ですがしっかり冷やしておかないと、熱傷が進行し、重症化することがあります。

正しい応急処置の方法を理解して、いざという時に実践してください。

最終更新日: 2016-07-24

記事に関するお問い合わせ

「応急手当・救急処置」に関する記事

応急手当・救急処置の記事は他にも多数!

【運動中の肉離れ】治療にかかる費用や期間、予防法まとめ
【運動中の肉離れ】治療にかかる費用や期間、予防法まとめ
アナフィラキシーはなぜ起こるのか?原因や症状・検査・診断・治療・看護について紹介
アナフィラキシーはなぜ起こるのか?原因や症状・検査・診断・治療・看護について紹介
【監修済み】急な吐き気や嘔吐の原因・対処法と、疑われる病気
【監修済み】急な吐き気や嘔吐の原因・対処法と、疑われる病気

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。