1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 生活習慣病 >
  4. 高血圧 >
  5. 高血圧に良い食事ってどんなもの?

高血圧に良い食事ってどんなもの?

現代人は血圧が高めで、健康診断などで要注意!になってしまう方も多いと思います。そんな高血圧を予防するためには、日々の食事を見直すことが第一です。高血圧によい食材や、控えた方が良いものなどをご紹介します。

高血圧の予防のために食事を見直そう!

高血圧 高血圧の予防のために食事を見直そう!

高血圧動脈硬化をおこしやすくなり、脳卒中や狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などのその他の病気を引き起こしやすくなる危険な症状です。

病院で高血圧ですよと言われてからでは、血圧を下げるのも、食生活や生活習慣を変えるのもなかなか大変です。

早いうちから生活を見直して、高血圧を予防しましょう。

高血圧には食事が大きく関係している

高血圧などの生活習慣病と呼ばれるものは、その名のとおり生活習慣が原因で起こってしまう病気です。

食べ過ぎ、飲みすぎ、運動不足、ストレス、喫煙などの要素が様々からみあって高血圧を引き起こします。

高血圧の予防にはまず食事から見直してみましょう。

高血圧予防のために、食事で控えるべき項目4つ

高血圧を予防する食事のポイントは、次の4つの項目を控えることにあります。

 1.塩分を控える

高血圧にとって塩分は大敵です。

日本人は濃く甘辛い味付けが好みと言われていますが、そんな味付けの中には塩分がたっぷり含まれています。

日本人の1日の塩分摂取量の理想は6gです。

食品成分表示などを確認しながら気を付けるようにしてみましょう。

●めんやうどんの汁を全部飲まない
●レモンやお出汁で味をつける
●インスタント食品をとりすぎない
●お味噌汁は具だくさんにして汁は残す
●しょうゆなどを料理にかけるときは少量にする
●漬物などを食べ過ぎない
●加工食品を食べ過ぎない

などにも気を付けるようにしましょう。

 2.カロリーを控える

カロリーの過剰摂取は、肥満のもとです。
肥満になると高血圧になってしまう可能性が高くなります。

人によっては、減量するだけで血圧が下がったという人もいるようです。
それだけ肥満は血圧に影響を与えています。

●外食ばかりしないようにする
●スーパーのお総菜ばかりの食事にならないようにする
●から揚げや天ぷらなどの揚げ物を食べ過ぎないようにする
●甘いものなどを食べ過ぎないようにする

以上のようなことに気を付けた食事を心がけましょう。

 3.脂肪を控える

高血圧  3.脂肪を控える

牛バラ肉やサーロイン、豚バラ肉、ウインナー、チョコレート、クリームチーズなどは脂質を多く含んでいます。

とくに動物性脂肪をとりすぎると、コレステロールが上昇し、動脈硬化の原因となってしまいます。

ついつい焼肉やバーベキューでお肉をたっぷり、ウインナーもパリパリで美味しくてついつい食べ過ぎてしまう…ということありますよね?

どうしても食べたい時には、きのこ類と一緒に食べると、脂肪の吸収を抑えてくれる効果があります。

ですが、脂質の食べ過ぎにはくれぐれも注意してください。

 4.飲酒を控える

お酒には糖質もたくさん含まれていますし、肥満のもととなります。

軽く1杯などでは大丈夫ですが、毎晩深酒をしてしまうという方は、飲酒を控えるように生活習慣を変えてみましょう。

高血圧予防にいいのはどんな食事?

では高血圧を予防するためには、毎日の食事にどんなものを食べたらよいのでしょうか?

下記に3つあげましたので、毎日の食事に意識して取り入れてみましょう。

 1.たんぱく質を含む食材

高血圧  1.たんぱく質を含む食材
出典:www.aujua.com

たんぱく質というと、お肉なども含まれて、高血圧に悪いのでは?と思われがちですが、「良質なたんぱく質」は高血圧予防に役立つ食材です。

人間の細胞を作っているのはたんぱく質です。
もちろん血管もたんぱく質が作っています。

たんぱく質を適切に摂取すれば、高血圧で傷んだ血管が弾力を取り戻して、高血圧の予防になります。

良質なたんぱく質をしっかりと摂取できる食事を心がけましょう。

●牛乳
●チーズ
●あじ
●いわし
●鮭
●イカ
●鶏肉
●鳥レバー
●あさり
●えび
●大豆
●納豆 など

 2.植物性栄養分を含む食材

ナス、ブルーベリー、トマト、にんじん、イカなど、植物性栄養分を含む食材を毎日の食事に取り入れてみましょう。

植物性栄養分は、体の細胞を老化させてしまう「活性酸素」を抑制してくれる働きがあります。

ナスやブルーベリーの紫、トマトやニンジンの橙、など食事に彩りをそえるためにもぜひ使っておきたい食材です。

 3.カリウムを含む食材

カリウムには、体の中の余分な塩分や水分を排出する働きがあります。

このカリウムが不足すると体の中に塩分が貯まり、血圧が上昇する原因となってしまいます。

●りんご
●バナナ
●ほうれん草
●アボカド
●パセリ

などに豊富に含まれていますので、意識して食事に取り入れてみましょう。

高血圧の薬の服用中には避けた方がよいもの

高血圧 高血圧の薬の服用中には避けた方がよいもの

病院で高血圧と診断されて、血圧を下げる薬を服用している人は、避けた方がよいと言われる食材がありますのでご紹介しておきます。

●グレープフルーツ
●夏みかん
●ポンカン
●いよかん
●スウィーティー
●金柑 など

これらの柑橘類は、血圧を下げる薬の効果が効きすぎたり、逆に効かなくなったりなどの影響を与えるといわれています。

ただし、柑橘類がすべてダメなのかというとそうではないんです。

●レモン
●カボス
●温州みかん
●バレンシアオレンジ
などは、食べても大丈夫な柑橘類と言われています。

しょうゆなどの濃い味付けにせずに、レモンなどでさっぱり風味よく食べれば塩分の摂取も控えられるので、おすすめです。

薬と食べ物の組み合わせについては、医師や薬剤師にしっかりと相談して確認を行ってください。

いかがでしたか?

高血圧 いかがでしたか?

高血圧の予防に食事を見直せば、高血圧だけではなく様々な体の不調も改善し、体が軽くなってくること間違いなしです。

健康的な食事をすれば、運動の効果がでやすくなり、ストレス耐性も強くなり、私たちの体と心に良い影響をたくさんもたらしてくれます。

食事をみなおして、健康的な体を手に入れましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
高血圧 動脈硬化 肥満

記事に関するお問い合わせ

「生活習慣病」に関する記事

生活習慣病の記事は他にも多数!

【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。