1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. 粉瘤(表皮嚢腫) >
  5. 粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか?

粉瘤ができる原因と部位別の対処法、予防法はあるのか?

粉瘤とはどんな疾患なのか知っていますか?身体のいろいろなところにできる良性の皮膚の腫瘍です。だんだん大きくなったり化膿して赤く腫れてきたりすることもあり、再発しやすいので皮膚科の適切な処置が必要です。

粉瘤のメカニズム

粉瘤(表皮嚢腫) 粉瘤のメカニズム
出典:medley.life

粉瘤はアテロームとも呼ばれます。
本来、剥がれ落ちるはずの垢や肌の油脂が、何らかの原因で皮膚の内部に袋(嚢胞)を作って、中にそれらの老廃物が溜まっていくものです。

良く見ると中央部分に開口部があって、時間とともに酸化して、先が黒くなっている場合もあります。
見た目が似ているので、ニキビと間違えて粉瘤をつぶすように押すと、中から白っぽい内容物が出てくる場合もあります。

固形の場合と液状の場合がありますが、溜まった垢や皮脂なので臭い匂いがすることもあります。

ストレスが原因なのか?

粉瘤(表皮嚢腫) ストレスが原因なのか?
出典:www.pakutaso.com

ストレスと粉瘤ができる事が関係するかは、まだはっきりと証明されているわけではないようです。
しかし、ストレスがあると血流が悪くなったり、ホルモンバランスが乱れて皮脂が多く分泌されることもあります。
これはニキビと同じメカニズムですが、これが粉瘤にも関係しているのではないか、と考えることもできます。

ストレスが無ければ身体の調子も良くなってきます。
もしも現在、ストレスがたまっている方は、何か楽しい趣味を見つけたり、運動を始めたり、解消する方法を見つけてください。

たばこを吸うと粉瘤ができやすい?

粉瘤(表皮嚢腫) たばこを吸うと粉瘤ができやすい?
出典:blog.goo.ne.jp

たばこを吸う人は血流が悪くなるため、肺にきれいな酸素が送られなくなります。
肌の新陳代謝を阻害したり、たばこに含まれるニコチンの働きでコラーゲンが生成されにくくなったり、血行が悪くなったりしてしまいます。
身体にも肌にも良くないことがわかっていますので、粉瘤にもいい影響は与えないでしょう。

また、たばこの煙にはニコチンを始め有害な物質が含まれているので、長年たばこを頻繁に吸っている人の肌は、たばこを持つ指が黄色っぽくなってしまうほどです。
たばこは皮膚の新陳代謝を妨げ、血行を悪くしてしまいます。

粉瘤ができやすい場所

粉瘤ができやすい場所として頭や顔、首の後ろや耳の周りなどのほか、背中やわきの下、股やおしりなどにできることが多いようです。
もしも粉瘤がどんどん大きくなってきたり、化膿して腫れたり、熱を持ったりした場合は、早めに病院へ行って診てもらいましょう。

おしりや股

粉瘤(表皮嚢腫) おしりや股

粉瘤がおしりや股、ももの付け根などにできるのは、女性よりも男性に多い症状ですが、その理由ははっきりと解明されてはいません。
大きくなったり、細菌が入って炎症を起こしたりすると痛みがあって座れなくなるので、炎症が起こる前に皮膚科の経験豊富な医師に、手術で嚢胞ごと取り去る手術をしてもらうのが賢明です。

頭部や顔と首

粉瘤(表皮嚢腫) 頭部や顔と首
出典:hiro-cl.com

頭皮や顔、首のほかに、耳の裏や耳たぶなどにも粉瘤はできやすく、耳の周りの粉瘤は大きくなったり、数が増えたりすることも多いようです。
ニキビが顔によくできるのと同じ理由だと考えられます。

できてしまった粉瘤の主な治療法は?

もしも粉瘤ができてしまったのを発見したら、あまり大きくなると痕が残ったり、臭いがしたりといいことはなく、きれいに中の袋を取り出さないと何度も再発を繰り返す厄介な症状なのです。

できるだけ早く専門の医者に相談し早めに手術してもらいましょう。
袋さえ取り去れば同じ場所には、ほぼ再発することはないようです。

切開法

粉瘤(表皮嚢腫) 切開法

メスで切開して内容物を取り出す方法です。
固形に固まってしまったものを取り出すためには、粉瘤の表面の皮膚をメスで切開して、内容物を袋ごと取り出す作業で行う方法です。
最後に溶ける糸で縫合する場合が多いようです。

できる場所や大きさによりますが、手術費用は5000~15000円ほどになります。

くりぬき法

粉瘤(表皮嚢腫) くりぬき法
出典:mitakahifu.com

もう一つの方法はくりぬき法です。
まだあまり大きくなっておらず、炎症を起こしていない段階であれば、くりぬき方で治療してもらう可能性が多いようです。

この方法は、粉瘤の真ん中に1ミリから4ミリの丸い小さな穴を開けるため、特殊な形状のメスを使って、袋状になった嚢胞ごと(内側の皮膚)取り去る手術です。

中身の形状が液状ならくりぬき法ができ、手術跡も小さめで済みますが、内容物が固形に固まってしまったものは切開でしか取り出せません。
保険適用で費用は15000~40000円程度で、場所や大きさによって変わるようです。

粉瘤にならないために予防法はある?

粉瘤(表皮嚢腫) 粉瘤にならないために予防法はある?
出典:www.pakutaso.com

粉瘤を予防する方法は、確立しているものはないのですが、喫煙習慣をなくすようにしたり、不規則な生活を正したりするのが良いようです。
また、皮脂や汚れを極力肌に溜め込まないようにシャワーだけでなく、湯船に浸かることで皮膚を清潔に保つことが必要です。
ストレスをためることのないように、ストレス解消をする方法を見つけるといいですね。

最終更新日: 2016-08-29

タグ:
粉瘤(表皮嚢腫) にきび(尋常性痤瘡) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「粉瘤(表皮嚢腫)」に関する記事

粉瘤(表皮嚢腫)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

粉瘤(アテローム)ができたら何科を受診すればいいの?治療法を紹介
粉瘤(アテローム)ができたら何科を受診すればいいの?治療法を紹介

「皮膚の病気・症状」に関する記事

皮膚の病気・症状の記事は他にも多数!

【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!

「粉瘤(表皮嚢腫)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。