1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. 突発性発疹 >
  5. 突発性発疹ってどんな症状?画像・写真付きで見やすく解説!

突発性発疹ってどんな症状?画像・写真付きで見やすく解説!

突発性発疹とは高熱と解熱後の発疹を症状とする感染症です。ここでは実際の突発性発疹で生じる発疹の画像を添えながら症状や対応について解説します。

1人の医師・医学生がチェック済み

突発性発疹の症状

突発性発疹 突発性発疹の症状

突発性発疹とは、ヒトヘルペスウイルス6型もしくはヒトヘルペスウイルス7型の感染症です。
季節に関係なく発症し、発症は1歳未満の子どもで99%を占めるとされ生後6ヶ月ごろ~1歳の間で多く発症します。

突発性発疹の特徴的な症状は高熱と解熱後の発疹です。

熱は40度近い高熱が3~4日程度続きます。
高熱がでる際に寒気を感じて震える赤ちゃんもいます。
高熱はでるのですが、風邪のような咳や鼻水といった症状はみられません。
高い熱のわりには元気という赤ちゃんが多いです。
ミルクも大体7割程度は飲んでくれます。

そして高熱がおさまって解熱した頃に、お腹や背中を中心として全身に発疹が現れます。
この発疹はかゆみを伴うことはありません。
発疹症状は2~3日程度で落ちつき始め、発疹によって跡が残るということもありません。
またお風呂も発疹症状がみられていても解熱して元気な様子であれば問題ありません。

ただし突発性発疹はこの発疹がでてきたころに、赤ちゃんの機嫌が悪くなります。
別名、不機嫌病とも言われ、赤ちゃんによってはグズグズが止まらず夜泣きがひどくなることがあります。
機嫌が悪くなるはっきりとした原因は解明されてはいないのですが、解熱後の倦怠感や身体の違和感と言われることがあります。
不機嫌を治す薬はないため、赤ちゃんの気が紛れるオモチャやテレビ、DVD、そして抱っこでやり過ごすしかないようです。

他には食欲不振や下痢の症状が現れる赤ちゃんもいます。

高熱による熱性痙攣を起こす赤ちゃんもいる

突発性発疹 高熱による熱性痙攣を起こす赤ちゃんもいる

高熱の症状から熱性痙攣を起こす赤ちゃんもいます。

熱性痙攣とは6ヶ月~6歳に多く熱が上がりかけた時に起こる痙攣です。
有病率は日本人の赤ちゃんの場合10%程度とされています。
はっきりとした原因は解明されていませんが、脳の発達が未熟なことによって痙攣が生じるとされています。

身体が固くなったりビクビクと痙攣し、呼吸困難、意識の低下などの症状がみられ、多くは2~3分程度でおさまりますが長ければ15分ほど続くことがあります。

対処法はまずは親自身が落ち着くことから始めましょう。
そして赤ちゃんの衣服をゆるめ、吐物が出た場合に喉に詰まらせないよう横向きに寝かせます。
頭部はやや身体より低めにし、大声や抱っこなどはせず静かに様子を観察します。

7~8割は問題のない良性の熱性痙攣とされ観察後の受診で十分です。
下記に緊急受診が必要な熱性痙攣の特徴を記載しましたが、その見分けをつけることも難しいため熱性痙攣の症状が現れれば救急車を呼んでも問題ないです。

=緊急を要する熱性痙攣の特徴=========
□初めての発作
□痙攣の前後に嘔吐、頭痛、意識障害が現れる
□短い間隔で痙攣を繰り返し、意識障害がその都度伴う
□発作が10分以上つづく
□身体の一部に強い痙攣がみられる
□左右非対照な痙攣
□痙攣後に麻痺がみられる
=======================

突発性発疹の画像

■突発性発疹による顔の発疹画像

突発性発疹 突発性発疹の画像

■突発性発疹による身体(お腹・背中)の発疹画像

突発性発疹 突発性発疹の画像
出典:nanacollect.com
突発性発疹 突発性発疹の画像

上の写真のように、お腹や背中を中心とした赤い発疹が現れます。
発疹は身体だけでなく顔に現れることも多く、目の周りが赤くなることもあります。

発疹の大きさは大小さまざまで、規則性はありません。
また発疹を触るとポツポツとした感触がある場合もあれば、凸凹が少ない場合もあります。

発疹は痒みを伴わないとはされていますが、高熱により入浴ができない状態が続くことで皮膚状態が不潔となり痒み症状が現れるケースがあります。
熱が出ているときは嫌がらない範囲でやさしく温めのタオルで身体を拭いてあげると良いでしょう。

突発性発疹の注意点と対応

高熱による脱水

突発性発疹 高熱による脱水

突発性発疹の注意点は高熱による脱水です。

高熱となることで普段の排泄に加えて、多くの汗をかくようになり身体から水分が奪われます。
特に赤ちゃんは細胞間の水分が流動しやすく、汗をかきやすいです。
また身体における水分含有量は80~70%と大人の60%に比べたら多いため、脱水症状となりやすいので注意が必要です。

赤ちゃんの脱水への対策はこまめな水分補給です。
ミルクを嫌がるようであれば薄めてみると

また赤ちゃんが脱水状態におちいっていないかどうかをチェックするようにしてください。

赤ちゃんが脱水状態かどうかをチャックするポイント

突発性発疹 赤ちゃんが脱水状態かどうかをチャックするポイント

赤ちゃんが脱水状態かどうかをチェックするポイントは“おしっこの量”、“涙や汗”、“肌の弾力”、“大仙門(上写真の矢印部)”です。

身体が脱水状態となるとおしっこの量の脱水状態となるとおしっこの量が減少します。
オムツを交換するときには普段より使用済みオムツが軽いかどうかをチェックしましょう。

涙や汗、唾液の量も減少します。
泣いているのに涙が出てこない、高熱なのに汗がでていない、口が乾燥しているなどの症状があれば脱水している可能性が高いです。

肌の弾力に関しては、赤ちゃんは普段プニプニとしたハリのある肌ですが、脱水状態になると肌の弾力が失われます。
赤ちゃんの肌をつねってみて、つねった跡が残るようであれば脱水により身体の水分減少による症状が肌に現れている状態です。

また赤ちゃんのおでこと頭のてっぺんを結んだ線上にある大泉門を触ることによっても脱水状態かどうかをチェックすることができます。

大泉門とは赤ちゃんの頭蓋骨にある隙間です。
大人であれば頭蓋骨はしっかりと閉じているのですが赤ちゃんはまだ閉じきっておらず、生後10~1歳3ヶ月程度までであれば大泉門を触ることができます。

この大泉門は脱水状態となることで身体の浸透圧が変化しポッコリと凹む症状があらわれます。
大泉門を触ってみて陥没しているようであれば、かなり脱水が進行している状態です。
医療的処置が必要な場合もあるため、早急に受診をするようにしてください。

体温調節

突発性発疹 体温調節

高熱が出る際、重要なのが空調機や布団などによる体温調節です。

赤ちゃんは熱が上昇する際に寒気を感じます。
寒気を感じているかどうかのチェックは足の裏を触ることで判断することができます。
足の裏を触って冷蔵庫のように冷たいようであれば赤ちゃんが寒気を感じています。
お布団をかぶせる、空調の設定温度を1~2度上げるなどして対応しましょう。

熱が上がりきってしまえば身体は熱を冷まそうとするため、赤ちゃんは暑く感じます。
この場合も足の裏を触って確認をします。
足の裏が熱ければ身体から熱を放散しようとしている状態なので、布団をはがしたり空調の設定温度を1~2度下げるなどしてあげてください。
嫌がらないようであれば保冷剤をタオルに包んで脇の下、頭などに当ててあげても良いです。

また高熱時は汗を多くかくため、服も着替えさせるようにしてください。

体力消耗による易感染

突発性発疹 体力消耗による易感染

感染による体力消耗によって、今度は別の感染症にかかりやすい状態となります。
突発性発疹は発疹が出始めれば感染症自体はほぼ完治状態なのですが、高熱が出るためかなりの体力を消耗します。

体力を戻すまで大よそ4週間程度の時間を要します。
解熱して治ったと思っていても体力消耗により他の感染症にかかりやすいため、感染を起こしやすい人込みへと連れて出歩いたり、遠出をして体力を消耗させたりしないようにしましょう。

突発性発疹の治療法

突発性発疹 突発性発疹の治療法

突発性発疹には特効薬がなく、安静にして自然治癒を待つことが治療法となります。
高熱による体調不良などがみられれば解熱剤が処方されるなど、現れた症状を落ち着かせる薬の処方がなされることはあります。

最終更新日: 2016-09-24

タグ:
突発性発疹

記事に関するお問い合わせ

「突発性発疹」に関する記事

突発性発疹についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

突発性発疹ってうつるの?兄弟や大人の感染を予防する方法
突発性発疹ってうつるの?兄弟や大人の感染を予防する方法
突発性発疹の症状はどのようなものがあるの?症状別対処法
突発性発疹の症状はどのようなものがあるの?症状別対処法
突発性発疹ってどんな症状?画像・写真付きで見やすく解説!
突発性発疹ってどんな症状?画像・写真付きで見やすく解説!
【突発性発疹】いつから保育園へ連れていけるの?
【突発性発疹】いつから保育園へ連れていけるの?

「皮膚の病気・症状」に関する記事

皮膚の病気・症状の記事は他にも多数!

【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!

「突発性発疹」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。