1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 胸の病気・症状 >
  4. 労作性狭心症 >
  5. 狭心症による心電図上のST低下と心筋虚血の関係を紹介!

狭心症による心電図上のST低下と心筋虚血の関係を紹介!

心臓は1分間に60~80回リズミカルに拍動をして全身に酸素と栄養素を送っています。この動きは、実は電気の為せる業で、心電図はその電気的活動を現しています。心臓の筋肉に酸素を送る冠動脈が狭くなったり、攣縮を起こしたりすると心臓の筋肉に血液が足らなくなる、心筋虚血が起こります。そうなると、心電図上に異常が生じ、ST低下という現象が見られます。 以下に、そのことについて説明をすることにいたします。

1人の医師・医学生がチェック済み

心電図の仕組み

労作性狭心症 心電図の仕組み
出典:www.cardiac.jp

心臓のリズムは洞結節が作り出した電気刺激が刺激伝導系を通って、心房→房室結節→ヒス束→ブルキン繊維→心室へ伝わり筋肉を収縮させます。
この時の心房から心室に伝導する電気刺激を検知することで波形を描きます。
これが心電図です。

心電図波形で、最初の山はP波といって、心房の収縮を示しています。
そして次の山のQRSは心室の収縮を示し、最後の山はT波で、少し小さいですが心室が収縮から回復することを現しています。

このような心電図の波形を確認することで、心臓の心筋の状況詳を詳細に知ることができるわけです。

心電図のST下降は心筋虚血の証明

労作性狭心症 心電図のST下降は心筋虚血の証明

普通の場合、心臓が冠状動脈硬化症になると胸痛発作が起きるのですが、仮に起こらなくても心電図には虚血性の変化であるST変化が見られます。
冠状動脈硬化が、心筋を血流不足や酸素不足に陥らせることでこのような状況になります。

心筋虚血の原因

心筋が虚血状態になる原因は、動脈硬化で冠状動脈の内腔が狭くなることで、血流量が必要とする量よりも不足するからです。
つまり心筋虚血は、酸素の需要と供給のバランスが崩れ、酸素供給よりも酸素需要の方が大きくなるということです。

心電図で見る心筋虚血状態

心筋が虚血状態になると、心電図に虚血性変化と言われるST部分の低下が見られます。
また、T波の部分が下向きになることもありますし、その後にU波が出る変化も見られます。
しかしながら、心電図変化があったからと言って虚血がない場合もありますし、反対に、虚血があったとしても心電図に現れないこともあります。

トレッドミルや自転車エルゴメーター、階段を上り下りするマスター負荷試験などで運動すると、心臓の仕事量が増加することから、心筋は多くの血液を必要とします。
これによって動脈硬化があっても、安静時には何にも異常が見られなかった心電図上に虚血性の変化が見られることがあり、診断に使われます。

危険なST部分の低下

労作性狭心症 危険なST部分の低下

心電図でST部分といいますと心室の収縮であるQRSが終わり、T波の心室が収縮から回復するまでの間の波形になります。
ST部分が正常な場合は、水平な基線と同じレベルにあります。
そしてST部分がその基線よりも下がる場合に、心筋虚血を疑うわけです。

労作性狭心症は動脈硬化が原因

労作性狭心症は動脈硬化が原因で起きますが、発作を起こした場合はSTが基線よりも水平のまま、かなりのレベルで下降します。
しかしながら、発作が治まると何事もなかったかのように、もとの基線の位置に戻ってきます。

心筋虚血の場合には、STは水平もしくは右下がりに下降します。
頻脈時に見られる右上がりのST下降は、正常なので心配はいりません。

また労作性狭心症は、冠動脈硬化症の進行上で見られる胸痛発作ですので、発作がない時でも運動負荷心電図をとった場合、特有の水平下降を起こしやすくなります。

冠攣縮狭心症は動脈硬化がない

労作性狭心症が動脈硬化を原因とする狭心症であるのに対して、一方の冠攣縮狭心症は、冠状動脈に動脈硬化がないため狭窄部分がなく、運動負荷心電図には異常が見られません。

危険なST降下は水平と右下がりの2タイプ

運動負荷心電図に異常が見られる場合、ST下降はこのように水平か、右下がりの2つのタイプがあります。

また正常な場合でも、運動で心拍数が上がった時にはST下降を見せることがあります。
これは冠動脈硬化症での血管狭窄がなくても、運動によって相対的に血流不足になるために生じます。
この場合では、右上がりのST下降を見せますが運動負荷陰性と判定することができます。

狭心症の発作

労作性狭心症 狭心症の発作
出典:metabo-kenko.com

狭心症の発作は、人によって感じ方が違いますが、多くのパターンは胸の中央部からみぞおち周辺を含めた部位に胸痛が生じます。
圧迫するような感じ、息が詰まるような感じ、そして、胸を締め付けられるような感じなどいろいろな表現が出てきます。

痛みは表面的なものでなく、身体の奥から不安感をともなうようなもので、首、背中、上腕部や肩、顎、歯、上腹部に見られることもあります。
それだけでなく、冷や汗、吐き気、嘔吐、呼吸困難を随伴することがあります。

発作時間は短く、せいぜい15分程度で、それ以上続くことはあまりありません。
仮に、30分以上続く場合は、それは狭心症ではなく心筋梗塞を疑うようなことになります。

発作時以外には心電図がとりにくい

狭心症は、発作時には心電図に先程のST下降が見られるのですが、せいぜい15分程度の発作で済んでしまうために、病院に着いたころにはすでに発作が治まっており、なかなか発作時の心電図を録ることができません。

そこで運動負荷心電図や、24時間心電図が録れるホルター心電計を装着することで、日常生活の中で実際に虚血状態が起きているのかを発作時に捉えることができます。
なお、心筋梗塞の場合は、狭心症とは違って心筋に変化が出ますので、診断は容易にできることになります。

狭心症は突然発症することがある

労作性狭心症 狭心症は突然発症することがある
出典:ameblo.jp

基本的には検査と診断で予防可能

狭心症は血管の狭窄、つまり動脈硬化が原因で虚血状態になり発症します。
動脈硬化は突然起こるわけではなく、少しずつ進行します。
したがって、動脈硬化が原因の狭心症は突然起こるのではなくて、動脈硬化つまり血管の狭窄を患っているわけですから、起こるべくして起きるということになります。

動脈硬化が原因で発症する狭心症は、突然の発症とは言い難く検査と診断を受け適切に対処すれば予防できることになります。

動脈硬化の危険因子

動脈硬化の危険因子を参考までに、動脈硬化性疾患予防ガイドラインに従って挙げてみます。

要因としては、脂質異常症(高LDL-悪玉コレステロール血症、低HDL-善玉コレステロール血症、高トリグリセリド血症―中性脂肪)、高血圧糖尿病、メタボリックシンドローム、痛風、運動不足、ストレス、加齢、性差、遺伝などが挙げられています。

突如発生するのは動脈硬化と関係が無い狭心症

狭心症の中には動脈硬化とは関係がない場合があります。
それこそが、突然発症する狭心症と言えるものです。

それは心臓の冠動脈の痙攣、攣縮(れんしゅく)によって起きる冠攣縮性狭心症です。

この狭心症は、動脈硬化のような原因があって起きるのではないので、発症の危険性を予知することが難しく、ある日突然発症することが起こり得るのです。

冠状動脈の攣縮(痙攣)が原因

労作性狭心症 冠状動脈の攣縮(痙攣)が原因
出典:www.jhf.or.jp

冠状動脈に狭窄が見られないのにも関わらず、狭心症を発症する機序には、冠攣縮(スパズム)という現象の関与が考えられます。

ストレス、自律神経の迷走神経(副交感神経)の緊張などから、冠状動脈が痙攣を起こすことで内腔が狭くなり、血流が低下することで狭心症が発症するとされています。

冠攣縮狭心症のうちで、安静時、それも夜間から早朝にかけての睡眠中に発症することが多く、心電図上ではっきりとST上昇が見られる場合を異型狭心症と呼んでいます。

このような異型狭心症で特徴的なことは、トレッドミルやマスターなどの運動負荷心電図でも診断は出来ないことが多く、冠状動脈撮影でも全く狭窄が見られないことがあり、ホルター心電計で診断されることが少なくありません。

冠状動脈に狭窄がないことから、心臓手術(ステント治療、バイパス手術)の適用はなく、カルシウム(Ca)拮抗薬など、冠攣縮を予防する薬剤が処方されます。

最終更新日: 2016-09-14

タグ:
労作性狭心症 動脈硬化 ストレス 高血圧 糖尿病

記事に関するお問い合わせ

「労作性狭心症」に関する記事

労作性狭心症についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

狭心症による心電図上のST低下と心筋虚血の関係を紹介!
狭心症による心電図上のST低下と心筋虚血の関係を紹介!
 狭心症と心筋梗塞の違いは?検査や予防法について紹介
狭心症と心筋梗塞の違いは?検査や予防法について紹介
狭心症になったら受ける治療 薬物療法と手術療法
狭心症になったら受ける治療 薬物療法と手術療法
若くても起こる狭心症!その詳しい症状を紹介
若くても起こる狭心症!その詳しい症状を紹介

「胸の病気・症状」に関する記事

胸の病気・症状の記事は他にも多数!

咳が続く原因は?痰や頭痛など共に出る症状から考えられる病気とは
咳が続く原因は?痰や頭痛など共に出る症状から考えられる病気とは
胸が痛い!つらい胸の痛みの原因と考えられる病気とは?
胸が痛い!つらい胸の痛みの原因と考えられる病気とは?
乳がんと間違えやすい乳腺症とは?その違いは?詳しい症状や原因、治療について紹介
乳がんと間違えやすい乳腺症とは?その違いは?詳しい症状や原因、治療について紹介
重症筋無力症の基礎知識!原因・症状・治療法を知ろう
重症筋無力症の基礎知識!原因・症状・治療法を知ろう
結核の治療とは?隔離入院や治療期間、治療薬や費用についても詳しく解説!
結核の治療とは?隔離入院や治療期間、治療薬や費用についても詳しく解説!

「労作性狭心症」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。