1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 高血圧 >
  4. 危険のサインだった!?高血圧の症状の頭痛には要注意!

危険のサインだった!?高血圧の症状の頭痛には要注意!

高血圧は自覚症状がほとんどないとされていますが、意外にも頭痛を感じる人が多いことが判明しました。また、中には、重大な病気の前兆で頭痛が起こるケースもあるので注意が必要です。

高血圧の頭痛の2つのタイプ

高血圧 高血圧の頭痛の2つのタイプ
出典:www.pakutaso.com

高血圧の症状として頭痛がありますが、この頭痛には2つのタイプが考えられます。

【高血圧が原因でない場合】

高血圧の方で頭痛がおこると、”高血圧が原因”と思いがちですが、頭痛はストレス、長時間のデスクワーク、睡眠不足などの生活習慣によっても起こる症状です。

さらに頭痛が起こるメカニズムから考えても、高血圧が直接頭痛の原因になっているとは考えにくいといわれています。

なぜなら頭痛は一般的に脳の血管が広がり、神経を刺激することで起こるといわれていますが、高血圧になっても体は脳の血流を一定に保つ機能があるので、血管が過剰に広がることはなく、神経を刺激することもありません。

この理由から、高血圧が直接頭痛を引き起こすことは考えにくいとされているのです。

【高血圧が重大な病気を引き起こしている場合】

ただし、高血圧が引き金となり、脳内に異常が起きて頭痛の症状がでる場合があります。

高血圧が引き起こす脳の病気は次の3つがあげられます。

① 脳出血

高血圧の状態が続くと、脳の血管がボロボロになり、血管が破裂して脳内出血が起こります。

この出血によりできた血の塊が脳を圧迫して、頭痛、麻痺、言語障害などの症状があらわれます。

② くも膜下出血

脳の表面をおおう膜の1つに「くも膜」という膜があります。

くも膜下出血とは、くも膜の下にある血管に脳動脈瘤などのコブがあり、血圧が上がること血管が破れて出血した状態をいいます。

症状としては、激しい頭痛、吐き気、嘔吐などで、意識不明になる人も少なくありません。

また、出血が多かったり、血液が脳の中に入り込んでしまうと、命を落とすこともあります。

③ 高血圧性脳症

前述した通り、人間の体は、体の血圧が変動しても、脳の血管を流れる血液量は一定に保つように調節する機能があります。

しかし、その調節の範囲を超えるくらい急激に血圧が上がると、その機能が作用しなくなってしまうのです。

その結果、脳内の血液量が増え、脳がむくみ、頭蓋骨が圧迫され、激しい頭痛や嘔吐、けいれん、視覚障害、意識障害などの症状があらわれます。

まとめ

高血圧で頭痛がおこる場合、高血圧以外が原因の頭痛か、高血圧が引き金となって起こる脳の病気の症状なのか、判断するのは難しいかもしれません。

ただし、頭痛が重大な病気の症状の1つということを覚えておくと、病気の早期発見につながる可能性は高くなります。

異常を感じたら、早めに病院を受診するようにしましょう。

最終更新日: 2016-10-22

タグ:
高血圧 頭痛

記事に関するお問い合わせ

「病気・症状」に関する記事

病気・症状の記事は他にも多数!

正しい対処を!食中毒が起こった時の原因と症状に対する治療についてのまとめ
正しい対処を!食中毒が起こった時の原因と症状に対する治療についてのまとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。