1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 妊娠・出産 >
  4. 妊娠 >
  5. 破水 >
  6. 前期破水 >
  7. 破水したのに陣痛がこない!前期破水の原因と治療。帝王切開になるかはどう決まる?

破水したのに陣痛がこない!前期破水の原因と治療。帝王切開になるかはどう決まる?

破水しても陣痛が来ない場合、治療や帝王切開になるかが気になりますね。破水後、陣痛が来ない時の治療内容は、妊娠週数と赤ちゃんの状態、感染の有無で決まってきます。破水後に陣痛が来ない時の流れや治療、帝王切開になるのはどんな時か詳しく説明します。

1人の医師・医学生がチェック済み

破水しても陣痛がこないことがある?

前期破水 破水しても陣痛がこないことがある?

陣痛の前に破水する前期破水が起こる確率は、すべての妊娠の5~10%となっており、さらに前期破水の60%は妊娠37週以後に起こります。
妊娠37週以降に起こった前期破水は、80%以上で24時間以内に陣痛が来ます。

妊娠37週以前では、妊娠週数が早ければ早いほど、破水が来てから陣痛が来るまでの間隔は長くなるといわれています。
このことから、破水をしても陣痛が来ないということは、あり得るといえます。

陣痛が始まる前に破水することを「前期破水」といいます。
この前期破水は、全妊娠の5~10%に生じ、その約60%は妊娠37週以降の正産期に生じるとされています。

妊娠37週以降の前期破水では、約80%の症例で24時間以内に陣痛が発来しています。

引用元: koarubiyori.jp

破水後陣痛がこない時の流れ

陣痛がこなくてもすぐに受診!3つの理由

臍帯下垂・臍帯脱出

前期破水 臍帯下垂臍帯脱出
出典:ameblo.jp

破水をしたときは、できるだけ安静にしながら早目に病院を受診するようにしましょう。
破水には赤ちゃんや妊婦さんにとって危険なことが潜んでいるからです。

破水前にへその緒が赤ちゃんより先に出てしまう臍帯(さいたい)下垂、逆に破水後では臍帯脱出と呼び、破水によって卵膜が破けたことで起こります。
臍帯とはへその緒のことです。

臍帯下垂や臍帯脱出が起こると、臍帯が圧迫され、赤ちゃんに酸素が行かなくなって危険な状態になります。
臍帯脱出を防ぐためには、できる限り横になって病院へ行くことが大切です。
歩いていくことは避け、自家用車やタクシーなどで行くようにしましょう。

胎盤早期剥離

前期破水 胎盤早期剥離
出典:www.yuhookai.jp

前期破水では、赤ちゃんが産まれる前に胎盤が剥がれてしまう、胎盤早期剥離を起こす可能性がそうでない場合の3倍高いといわれています。

胎盤早期剥離になると大量出血が起こり、また胎盤から酸素が行き渡らなくなるので、母子ともに危険な状態になります。
最悪の場合はどちらとも生死に関わります。

強い腹部通があるときや、破水の色に血が混ざっていたら、そのことを医療機関に伝えた上で早急に受診しましょう。

子宮内感染と胎児感染

前期破水 子宮内感染と胎児感染
出典:www.yuhookai.jp

破水を起こした場合、時間の経過とともに子宮内と胎児の感染リスクが高まります。
このため、できるだけ早く受診し、抗生剤を投与することが大切です。

破水したときに羊水が透明でなく緑っぽいなどの場合は、赤ちゃんの胎便が混ざっている可能性が高いです。
感染症の恐れも高いので、医療機関に連絡する際に伝えるようにしましょう。

ほとんどの場合すぐ入院に

前期破水 ほとんどの場合すぐ入院に

破水して受診した場合、上記の理由からほとんどの場合すぐ入院になります。
入院の用意をしてから受診することをおすすめします。

また、入院後は検査などで連絡が取りにくいことも考えられます。
帝王切開の可能性もあるので、家族への連絡は破水の時点でしておきましょう。

特に帝王切開になる可能性が高いと事前に言われている場合や、前回のお産経過が早かったなどで妊婦健診で早目に受診するように言われている人、強い痛みや出血がある場合などは早急に受診してください。

場合によっては、救急車での受診を勧められることもあります。
出産予定の医療機関に連絡して、状況を伝えましょう。

破水後陣痛が来るまでの対処は妊娠週数で変わる

前期破水 破水後陣痛が来るまでの対処は妊娠週数で変わる

妊娠37週以降の場合は、破水をしても24時間は様子観察をする医療機関が多いです。
その間は、胎児の状態を観察するためにお腹にセンサーを2か所着けて、赤ちゃんの心拍とお腹の張りを見るNST検査を行い、感染症による発熱がないかをみながら安静に過ごすようになります。

胎児の感染症の可能性を考慮して、様子観察せずに陣痛促進剤などで分娩を進めていく場合もあります。
破水後24時間を過ぎた場合は、陣痛促進剤を使ったり、胎児や母体の状態によっては帝王切開になったりすることも多いです。

妊娠37週以前の場合は、胎児の肺が成熟しているかが大きな分かれ道になります。
胎児の肺が成熟していない場合は、肺の成熟を促進する目的でステロイドを使うこともあります。
赤ちゃんに必要な設備がある医療機関に、転院になる場合もあります。

そのほかには、感染の有無や臍帯脱出、胎盤早期剥離などに注意しながら、できる限り妊娠を継続することを目指します。

 

破水しても分娩を誘発したり帝王切開を行うか否か、上記の通り肺の成熟が大きなポイントとなります。

肺の成熟は妊娠34週ごろにほぼ完成するといわれています。
そのため、妊娠37週未満でも、34週をを越えていれば十分に陣痛を誘発することがあります。

また、陣痛促進薬による自然な分娩を行うか帝王切開を行うかは、赤ちゃんの状態によって決まります。
具体的には、上記に紹介されているような「赤ちゃんに感染が起こってしまった」「臍帯が圧迫されてしまっていて赤ちゃんに酸素が届かず危険な状態だ」といった場合には帝王切開が行われることが多くなります。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

破水したのに陣痛が来ない3つの理由

母体の栄養不足や衰弱

前期破水 母体の栄養不足や衰弱

お母さんが極度に栄養不足の状態だと、陣痛がなかなか来ないことがあります。
妊娠中は妊娠前の体重に応じて、適切な体重増加が望ましいといわれています。

BMI値が18.5未満で痩せ型、18.5以上25未満が普通型、25以上が肥満型といわれています。

痩せ型の方は9から12キロ、普通型の方は7~12キロの体重増加を目安にすると良いでしょう。

引用元: www.suenaga-mcl.com

子宮の収縮が弱い

お母さんがとても疲れていたり、もともと子宮筋腫や子宮奇形があったりする場合、子宮の収縮が弱くなることがあります。
赤ちゃんやお母さんの血圧などの状態に異常がない場合、陣痛促進剤を使うこともあります。

妊娠週数が早いとすぐに来ない可能性が高い

前期破水 妊娠週数が早いとすぐに来ない可能性が高い

妊娠週数が早い状態で破水した場合は、陣痛が来るまで時間がかかる確率が高くなります。
妊娠週数と陣痛が起こるまでの時間は、逆相関の関係にあります。

妊娠28~36週では50%が24時間以内に、80~90%が1週間以内に陣痛発来する。
妊娠26週未満では約50%が1週間以内に陣痛が発来する。

引用元: www.jsog.or.jp
 

ここにない前期破水(陣痛より前に破水が起こること)の原因として、「絨毛膜羊膜炎」があります。
「あります」と書きましたが、実に前期破水の85%くらいがこの絨毛膜羊膜炎によって起こるといわれています。

絨毛膜羊膜炎とは、膣の常在菌(主にB群連鎖球菌など)が子宮の方まで昇ってきて感染した状態で、今回のテーマである前期破水や切迫早産(正期産である妊娠37週より前に、陣痛などが始まってしまい早産となりそうな状態のこと)の原因となっています。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

破水後陣痛が来ない場合の治療

NSTや胎児エコーで経過観察

前期破水 NSTや胎児エコーで経過観察

臨月の場合は破水後に陣痛が来ない場合も、NST検査で赤ちゃんの異常が見られたり、胎児エコーで異常がなかったりしたときは、経過観察になる場合が多いです。
経過観察の時間は、医療機関のガイドラインにより違いますが、24時間としているところが多いです。

NST検査とはNon stress testのことで、ここでいうストレスとは陣痛のことを指します。
陣痛がない状態で胎児心拍や子宮収縮を診て、赤ちゃんが元気かどうか、お産に耐えられるのかを検査することです。

妊娠37週以降の場合、破水後24時間以内に80%が陣痛が来るので、そのまま正常なお産ができる可能性も高くなります。
陣痛が来た時の経過は、通常のお産と変わらないことが多いといわれています。

安静と抗生剤治療

入院後には、臍帯脱出を防ぐために骨盤を高くして横になって過ごします。
陣痛が来ない場合でも、破水した場合は歩いたり運動したりするのはやめましょう。

そのほかに、抗生剤を内服あるいは点滴します。
破水して卵膜が破れたことにより、感染症のリスクがあるため、シャワーを浴びることはできません。

陣痛促進剤

前期破水 陣痛促進剤
前期破水 陣痛促進剤
出典:www.kwn-di.com

陣痛が来ない場合には、陣痛促進剤を使うことも多いです。
陣痛促進剤を使う際の注意点として、子宮口が開き赤ちゃんが下りてきているなどの条件を満たすこと、陣痛促進剤使用時には持続してNST検査を行うことがあります。

陣痛促進剤には、オキシトシンかプロスタグランジンのどちらかを使います。
子宮口の開きや赤ちゃんの下降などの頸管熟化が十分でない場合は、頸管熟化作用があるプロスタグランディンが使われます。

赤ちゃんの向きが横を向いている横位や、赤ちゃんの頭に対して骨盤が狭い児頭骨盤不適合、臍帯脱出を起こしかけている臍帯下垂の場合などは、使うことができません。

これらの場合は、帝王切開が選択されます。

帝王切開

前期破水 帝王切開

もともと帝王切開予定だった人だけでなく、破水後に陣痛が来ない時には帝王切開の可能性があります。

NST検査で胎児機能不全といって赤ちゃんの状態が悪いと判断された時、胎盤早期剥離の恐れがある時などは、緊急帝王切開になります。
破水があって受診したときには、初産婦さんでも早めに家族に来てもらうことをおすすめします。

陣痛促進剤を使っても、陣痛が進んでこない時や破水後24時間経過してもお産が進まない時も、帝王切開になる医療機関が多いようです。
特に感染症に罹患している様子がなければ、24時間経っても様子を見る医療機関もあります。

破水したら陣痛がなくても受診!安静が大事

前期破水 破水したら陣痛がなくても受診!安静が大事

初産婦さんで陣痛間隔15分間、経産婦さんで10分間が受診の目安といわれていますが、破水したときは陣痛がなくてもすぐに受診しましょう。

臨月の場合も、破水後に陣痛が来るかで出産の経過は変わります。
破水は前触れなく急に起こりますので、破水が起こったらどうするか、家族と相談してしっかり決めておくことをおすすめします。

最終更新日: 2016-11-06

タグ:
前期破水 ストレス

記事に関するお問い合わせ

「前期破水」に関する記事

前期破水についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

破水したのに陣痛がこない!前期破水の原因と治療。帝王切開になるかはどう決まる?
破水したのに陣痛がこない!前期破水の原因と治療。帝王切開になるかはどう決まる?

「妊娠・出産」に関する記事

妊娠・出産の記事は他にも多数!

【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!

「前期破水」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。