1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 食事療法・栄養管理 >
  4. 糖尿病 >
  5. おいしい食事を食べよう!糖尿病の人向け500kcal以下レシピ

おいしい食事を食べよう!糖尿病の人向け500kcal以下レシピ

糖尿病と診断されて、食事には気を使っているものの、なんとなくおいしくないと感じている方、いませんか? いくら糖尿病には良い食事かもしれませんが、おいしくなければ、毎日が辛くなってしまいますよね。 こちらでは、糖尿病の方へおいしい食事を紹介いたします。 ダイエットをしたい人にもオススメです。

かにとすりおろしタマネギのスープ(49kcal)

食事の初めにスープを飲むことで、食欲を押さえることができます。
温かいスープはカラダを温め、代謝を上げてくれます。

タマネギにはビタミンB6が豊富で、さらに不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の両方を含んでいるので、整腸作用があります。

糖尿病 かにとすりおろしタマネギのスープ(49kcal)

◆材料
かに身(缶詰でも可)40g・玉ねぎ(大サイズ)1個(200g)
コンソメ小さじ2/3(2g)・塩少々・水300cc

◆作り方
①玉ねぎをすりおろす。

②全ての材料を鍋に入れて、15~20分加熱したら完成。

きのこリゾット(448kcal)

リゾットはカロリーが高そうなイメージがありますが、野菜をたくさん入れることで、たっぷりと栄養をとることができます。

糖尿病 きのこリゾット(448kcal)

◆材料
ごはん茶碗中盛約2杯(260g)・ベーコン約2枚(40g)・しいたけ(中サイズ)約4個(60g)
しめじ約1/2房(60g)・マッシュルーム約4個(48g)・玉ねぎ(小サイズ)約1/4個(40g)
赤パプリカ(大サイズ)約1/4個(30g)・黄パプリカ(大サイズ)約1/4個(30g)
カッテージチーズ60g・オリーブ油大さじ1&小さじ1(16g)
にんにく(小サイズ)1/2かけ(2.5g)・顆粒コンソメ1/2本(3g)
白ワイン大さじ2(30cc)・黒こしょう・レモン・果汁適量・水100c

◆作り方
①玉ねぎ、にんにくはみじん切り、ベーコンは0.5cm幅に切る。

②しいたけ、マッシュルームは0.5cm幅に切り、しめじは石づきを切り落とし手でほぐす。
パプリカは1口大に切る。

③鍋にオリーブ油とにんにくを入れて弱火にかけ、香りが出てきたら玉ねぎとベーコンを炒める。

④玉ねぎとベーコンに火が通ったら、きのことパプリカを加えて炒める。

⑤ごはん、水、白ワインを加える。

⑥カテージチーズを加え、煮詰める。

⑦皿に盛り付け、黒こしょうを振り、レモン果汁をかけたら完成。

真鯛のポン酢焼き(141kcal)

鯛は、高タンパク質で低脂肪、消化吸収しやすい食材です。
うま味も多いので、おいしくいただけます。

糖尿病 真鯛のポン酢焼き(141kcal)

◆材料
鯛の切り身70g・ポン酢大さじ2/3弱 (10g)貝割れ大根2 g

◆作り方
①フライパンにポン酢を入れて、鯛を皮を下にして火にかける。

②沸騰したら、ひっくり返す。

③蓋をして弱火にし、5~7分焼き、中まで火を通す。

④鯛をお皿に盛り、水洗いをした貝割れ大根を添える。

引用元: kenko.cookpad.com

菜の花アーリオオーリオ・ペペロンチーノ(40kcal)

菜の花には、ビタミンやミネラルなどの栄養素がたくさん含まれています。
アーリオオーリオとは、オリーブオイルにニンニクを加えて、弱火で加熱したソースのこと。

オリーブオイルには、コレステロールの低下、抗酸化作用、整腸作用、美肌などさまざまな効果があります。
また、オレイン酸が含まれているので、視床下部の満腹中枢に働いて食欲を押さえることができます。

糖尿病 菜の花アーリオオーリオペペロンチーノ(40kcal)

◆材料
菜の花50.0 g・エリンギ15.0 g・にんにく0.5 g・とうがらし(輪切り)少々
オリーブ油小さじ1/2 (2.0 g)・塩0.5 g・黒こしょう少々

◆作り方
①菜の花は1/2にカットする。
エリンギは石づきをとり、縦に薄切りにする。

②フライパンに、オリーブ油とみじん切りにしたにんにく、とうがらし(輪切り)を入れ、加熱する。

③②に香りが出たら、エリンギ、菜の花を入れ炒める。

④野菜に火が通ったら、塩、黒こしょうをする。

引用元: kenko.cookpad.com

ベリーと甘酒のプリン(82kcal)

飲む点滴と言われる甘酒は、ビタミンB群を含み、美容、疲労回復、便秘解消などの効果があります。
また、アサイーとマキベリーはそれぞれスーパーフルーツと呼ばれ、豊富な栄養素を含んでおり、抗酸化作用もあります。

糖尿病 ベリーと甘酒のプリン(82kcal)

◆材料
甘酒80.0 g・アサイー&マキベリー1.5 g
ゼラチン小さじ2/3弱 (2.0 g)・水大さじ2/3 (10.0 g)
いちご15.0 g・ミント少々

◆作り方
①耐熱容器にゼラチンと水を入れ、ゼラチンを振り入れる。

②ボウルにアサイー&マキベリーを入れ、甘酒を少しずつ加えて混ぜ合わせる。

③①のゼラチンがふやけたら、電子レンジで加熱して溶かす。

④②に③を加えて混ぜ合わせ、器に流して冷やし固める。

⑤固まったら、刻んだいちごとミントを飾る。

引用元: kenko.cookpad.com

豚肉のめんつゆ生姜焼き(215kcal)

豚肉には、疲労やストレスを緩和させるビタミンB1が豊富に含まれています。
また、必須アミノ酸のロイシン、トリプトファン、必須脂肪酸のアラキドン酸なども含む素晴らしい食材です。

ロイシンはエネルギー源になり、トリプトファンはセロトニンの元になり、鎮静作用を発揮します。
アラキドン酸は脳の発達や、免疫機能の調整をするほか、コレステロール値の低下、高血圧の予防など幅広くカラダにうれしい効果をもたらします。

糖尿病 豚肉のめんつゆ生姜焼き(215kcal)

◆材料
豚かたロース肉(脂身なし)80 g・小麦粉小さじ1/3 (1 g)・サラダ油小さじ3/4 (3 g)
キャベツ(千切り)30 g(2/3枚)
◎めんつゆ(ストレート)大さじ1と1/3・酒小さじ1・すりおろし生姜3 g

◆作り方
①豚肉は、両面に薄く小麦粉をふっておく。

②フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚肉を広げて焼く。

③焼き色がついたら裏返し、もう片方にも焼き色をつける。

④◎の材料を合わせて加え、肉全体に煮からめる。

⑤皿に移し、キャベツの千切りを添える。

引用元: kenko.cookpad.com

あとがき

いかがでしょう?
ちょっとした工夫で、おいしく、楽しく食事を摂ることができるのではないでしょうか。
ぜひ、お試しください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
糖尿病 ストレス 高血圧

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。