1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯周病 >
  5. 歯周病を予防するための正しい歯磨きの仕方って?

歯周病を予防するための正しい歯磨きの仕方って?

歯磨きは誰もが毎日やることですが、意外と正しい歯磨きの仕方って知らないものですよね。いくら歯磨きを毎日していても、やり方が正しくなければ効果がないんです。歯周病を予防するための正しい歯ブラシの選び方から歯磨きの仕方まで、まとめてご紹介いたします。

正しい歯磨き方法で歯周病をしっかり予防しよう!

歯周病 正しい歯磨き方法で歯周病をしっかり予防しよう!
出典:girlschannel.net

虫歯や歯周病のない綺麗な白い歯は、見ていてとても気持ちの良いものですよね。

話していても、笑っていても歯は見える部分ですので、清潔に保っておきたいものです。

ところが、現代では30歳以上の8割が歯周病だといわれるくらい、私たちの口内環境は悪化しています。
歯周病になってしまうと、口臭の原因になったり、歯が抜け落ちてしまったりするだけでなく、菌が体中に回ることで、心筋梗塞などの恐ろしい病気を引き起こす可能性もあります。

そんな歯周病をしっかり予防するためにも、正しい歯磨きの方法を身につけておきましょう!

歯磨きの役割とは?

歯周病 歯磨きの役割とは?
出典:bui.jp

歯磨きには「歯垢を取り除く」というしっかりとした役割があります。

歯垢とは、食べ物のカスなどが固まってできたもので、水に溶けにくく、歯の表面にくっついているので、うがいではとることができません。

また歯垢1mgの中には、約1億個の細菌がいるといわれています。
そんな細菌だらけの歯垢が残っていれば、虫歯や歯周病の原因になります。

そのような歯垢を、食後にしっかりと除去するのが、歯磨きの役割なんですね。

歯磨きさえしっかりしておけば、歯周病にはならない?

私たちは、生まれて歯が生えてくれば必然的に歯磨きを親に教わり、歯磨きをするようになります。

そんな歯磨き、1日に2回やっているとすると、1年で730回にもなります!
そんなにたくさんやっているんだから、とりあえず歯磨きさえやっておけば歯周病にはならない…かというとそうではないんです。

1年で730回以上も歯磨きをやっているにもかかわらず、虫歯や歯周病が減らないのは、歯磨きの「やり方」に原因があります。

つまり正しい歯磨きの方法、効果的な磨き方を知らなければ、1年に730回歯磨きをしていても、意味がないんです!

歯周病の治療にも、歯磨きが行われる!

歯周病 歯周病の治療にも、歯磨きが行われる!

歯周病になってしまった場合、とにかく口内に細菌が繁殖しないように、お口の中の環境を改善することが大切になります。

そのためには、毎日行っている歯磨きが治療としてとても大切なものになってきます。

それだけ歯磨きというのは大切な役割を持っています。

正しい歯磨きによって得られる効果とは?

正しい歯磨きの方法を身につければ、歯垢がしっかり除去できるだけではなくて、さまざまな嬉しい効果があります。

1:歯肉炎を治す

歯垢が原因で、歯肉が腫れたり出血したりしてしまう歯肉炎。

そんな歯肉炎を治してくれて、歯周病へと進行するのを防いでくれます。

2:歯の表面の虫歯菌を除去する

歯周病 2:歯の表面の虫歯菌を除去する

歯垢の中には、たくさんの細菌や虫歯菌がいます。

それらは、歯垢の中の糖分を栄養にしてどんどん繁殖していきます。
そして歯の表面のエナメル質を溶かして虫歯へと進行してしまうのです。

正しい歯磨きの方法を身につければ、しっかりと虫歯菌を落とすことができるので、虫歯になりません!

3:口臭の予防

歯周病 3:口臭の予防
出典:www.typfkyy.net

歯垢の中の細菌は、臭いやガスを発する原因になります。

時間がたてばたつほど、細菌の繁殖が進み、臭いが増して口臭の原因となってしまいます。

歯垢をしっかりと除去しておけば、口臭の気にならない、爽やかな口内環境を手に入れられます!

4:免疫力アップ

歯周病 4:免疫力アップ
出典:travelpress.jp

歯磨きで、免疫力がアップするってご存知でしたか?
インフルエンザの予防にも効果的なのだそうです。

口の中にはウイルスの侵入を防いで粘膜をガードするたんぱく質の膜があります。
その膜は、歯垢の中の細菌が発する酵素によって破壊されやすい性質をもっているんです。

そのため、歯垢をしっかりと除去しておけば、体の免疫力はアップし、病気になりにくくなります!

正しい歯磨きの方法とポイント!

0:自分に合う歯ブラシを見つけよう

歯周病 0:自分に合う歯ブラシを見つけよう
出典:hanoblog.com

歯磨きをしっかりと行うためには、まず自分に合った歯ブラシを見つけましょう。

歯科医師会で推奨されている歯ブラシを参考にすると、下記のようなものが良いようです。

●ヘッドの植毛が3列のもの
●ヘッドがコンパクトタイプのもの
●毛の硬さはやわらかめ~ふつう
●柄はまっすぐでシンプルなもの

これらを参考にしながら自分に合うものを選んでみると良いですね。

歯周病が気になる人は、毛先細めを!

歯周病の治療や予防には、歯と歯茎の間の「歯周ポケット」の歯垢をしっかりと落とす必要があります。

そのためには、歯周ポケットにしっかりと毛が入るように、毛先が細めのものを選ぶと良いです。

ただし、毛先が細いものは、歯周ポケットの歯磨きには向いていますが、歯の表面には力不足…。
毛先が細いものを使うときは、植毛が密なものや、普通の歯ブラシと使い分けるのが良いようです。

さぁ、それでは歯ブラシが用意できたら、正しい磨き方で歯磨きを行いましょう!

1:歯ブラシの持ち方はペンを持つようにやさしく

歯周病 1:歯ブラシの持ち方はペンを持つようにやさしく

歯ブラシを持つとき、ぎゅっと握ってごしごしと強く磨いてしまっていませんか?

それでは、毛先が曲がってしまって、歯垢をしっかりと落とすことができません。

歯ブラシは、ペンを持つように優しく力を入れずに持ちましょう。
そして歯に優しくあてて磨いていきます。
どうしても力が入ってしまうという人は、親指と人差し指だけの2本で持つのも良い方法です。

2:歯磨き粉は乾いた歯ブラシに1.5cmくらい

歯周病 2:歯磨き粉は乾いた歯ブラシに1.5cmくらい

歯磨き粉は、歯をけずるからあまり使わないほうが良いなどと言われた時期もありましたが、今では歯磨き粉はフッ素が虫歯予防に効果があり、歯垢を落としやすく手助けしてくれると証明されているので、ぜひ使うことをオススメします。

ただし泡立ちすぎないように、乾いた歯ブラシに1.5cm程度で。

また、歯磨き粉のフッ素の薬用成分を残すために、すすぎは1~2回にしておきましょう。
その後30分は飲食を控えるようにします。

3:順番を決めて磨く

歯を磨く順番は決めておきましょう。
毎回違うところから磨いたり、気分によってあちこち磨いていては、磨き残しの原因になります。

4:歯と歯茎の境目に45度で

歯周病 4:歯と歯茎の境目に45度で

歯ブラシは、歯と歯茎の境目に45度で当たるようにしましょう。

そうすると、毛先がしっかりと歯周ポケットに入り込んで、歯垢を落としてくれます。

5:磨きにくいところは工夫して

歯周病 5:磨きにくいところは工夫して
出典:www.minc.ne.jp

磨きにくいところは、歯ブラシの角度や使い方を工夫して、しっかりと磨きましょう。

前歯は、歯ブラシを縦にして1本ずつ丁寧に磨きます。
特に犬歯は磨き残しの多い部分なのでしっかりと。

前歯の裏は、歯ブラシを縦にしてかきだすように磨きます。

奥歯は、歯ブラシを横から入れたり、柄を持ち上げてヘッドの先端で磨いたりと工夫してしっかりと歯垢を落としましょう。

デンタルフロスを使うとさらに効果的です

歯周病 デンタルフロスを使うとさらに効果的です

歯磨きをしっかりすることで、歯垢を落とすことができますが、それでも歯垢の除去率は約60%。

デンタルフロスを使用すると、その除去率が80%にアップします。

デンタルフロスを使用した時に、歯茎の炎症があり出血などがあると、歯周病になっている可能性があります。

口内の病気の把握のためにも、デンタルフロスで自分のお口の中をチェックしてみましょう。
口臭予防にもとっても効果的ですよ!

正しい歯磨きで、健康な口内環境を!

いかがでしたか?

普段の自分の歯磨きをもう一度見直してみて、しっかり磨けていないところなどはありませんでしたか?

正しい歯磨きの仕方を知っておくことで、虫歯だけでなく歯周病や口臭の予防ができ、清潔な口内環境を保つことができます。

自分の健康な歯を長く守るためにも、今日から正しい歯磨きを心がけてみませんか?

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯周病 う歯(虫歯) 口臭

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯周病」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。