1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 皮膚の病気・症状 >
  4. 魚の目 >
  5. 魚の目と言えばイボコロリ!痛くない芯の取り方を動画で説明

魚の目と言えばイボコロリ!痛くない芯の取り方を動画で説明

足の裏にできる痛い魚の目。魚の目とは一体何?イボやタコとはどう違うの?出来てしまった魚の目を、痛くないように治したいと思うのは当然のことです。自宅でできる治し方をいくつかご紹介します!

魚の目とは

魚の目 魚の目とは

魚の目は、直径5~7㎝くらいの皮膚病変のことで、芯が「魚の眼球」に似ているので俗に「魚の目(ウオノメ)」と呼ばれます。
正式には「鶏眼(ケイガン)」という病名です。

皮膚の角質の一部が厚くなり、皮膚の深い部分にまで侵入して固い芯を作ります。
魚の目は放置していると、角質が芯のように硬くなり真皮(皮膚の深い部分)に向かって成長し、くさび状になって食い込み神経を圧迫するので、圧迫や歩行などによって激しい痛みを伴うことがあります。

小指や足指の甲側、足指の付け根の間にできやすいようです。

魚の目が痛いのはなぜ?

魚の目は角質が摩擦や圧迫により厚くなっていき、皮膚の内側へ向かって柱状に伸びていきます。
この柱部分を角質柱といい、私たちが魚の目の芯と呼んでいる部分にあたります。
魚の目を放っておくと角質が硬くなり、芯が皮膚の内側へくさび状に食い込んでいくようになります。
それが神経を圧迫することで激痛をもたらすというわけです。

魚の目とタコ・イボの違い

魚の目 魚の目とタコイボの違い
出典:medick.biz

どれも同じのように思っている人も多いでしょうが、実はそれぞれ違うもので、間違った対処をすると症状が悪化することがあります。
それぞれの特徴を知り、見分けられるようにしましょう。

タコとは

タコは角質の表面に増殖し、肥厚するものです。
魚の目とできるメカニズムは同じですが、魚の目が一点に集中するのに対し、タコは比較的広い範囲に刺激が加わったことでできます。

タコは角質が外に向かって厚く、硬く、黄色みを帯びて盛り上がった状態になり、芯がないのが特徴です。
「ペンだこ」「座りダコ」など足に限らず、全身のどこにでもできます。

イボとは

魚の目と見間違えやすいですが、イボはウイルス性で感染の可能性があります。

イボにはいろんな種類がありますが、足にできやすいのは「尋常性疣贅(じんじょうせいゆうぜい)」です。
表面が盛り上がり、茶色の粒状にボコボコしているのが特徴です。

このイボは痛みもかゆみもありませんが、いじったり削ったりすると他の部位に感染するかもしれないので、むやみに触らないようにしましょう。

魚の目の原因

サイズの合っていない靴

魚の目 サイズの合っていない靴
出典:kobieta.onet.pl

魚の目になる原因のほとんどが「足に合わない靴」です。
ハイヒールで固いアスファルトを歩く女性の方が足に負担がかかり、魚の目ができる率が高いとされています。

小さめの靴、靴幅の狭い靴など指が両側から圧迫されると、指と指の間に摩擦が起きます。
すると皮膚の表層面にある角質層が分厚く、硬くなって負担や刺激に対抗しようとします。
それが魚の目やタコになるのです。

悪い姿勢

魚の目 悪い姿勢

姿勢が悪いとその負担は全て足に行ってしまいます。
日常的に足の裏に負担がかかってしまうと、皮膚が固くなって魚の目ができてしまいます。

本来、人が歩くときはかかと、親指の付け根、小指の付け根の3点で体を支えるものですが、歩き方が悪いと足裏の同じところにばかり体重がかかり、そこに魚の目ができやすくなります。

新陳代謝の悪さ

冷え性による血行不良で新陳代謝が衰え、角質が溜まりやすくなり、皮膚が固くなることがあります。
足先や足裏が血行不良になると、魚の目ができやすくなります。

ストレスや栄養不足に注意して、代謝が落ちないように注意したいものです。

子供は魚の目ができやすい

魚の目ができるのは何も大人だけではありません。
足のサイズがコロコロ変わる子供こそ実は魚の目ができやすいのです。
少しくらい、と我慢してサイズの合わない靴を履き続けると魚の目ができてしまうのは子供も同じです。

足に合わない靴を履き続けると変な歩き方の癖がついてしまいます。
どうせすぐ足も大きくなるし、と大きめの合わない靴を子供に買いたくなる気持ちもわかりますが、魚の目予防のためにも足に合う靴を選びましょう。

指や手に出来る魚の目

魚の目の原因は局部的に強い刺激や圧力がかかることにより発症するので、足だけではなく、手や指にもできることがあります。
工場で働く職人さんなどは、手の指先の一部に器具がよく当たるということがあるかもしれません。

「ペンダコ」だったということもよくありますが、芯があるようなら魚の目なので、ふさわしい対処をしましょう。

イボコロリって何?!

イボコロリ

イボコロリ

803円

イボコロリは、サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した医薬品(角質剥離剤)です。
患部に塗布するとすばやく乾燥し、白い被膜をつくり、厚く硬くなった皮ふをやわら
かくし、魚の目・タコ・イボを取り除きます。

サイトで購入

誰もが耳にしたことのある「イボコロリ」(横山製薬)。
ネーミング通り「魚の目・タコ・イボ」をコロリと取り除いてくれる頼もしい薬です。

イボコロリには、サリチル酸が配合されており、硬くなった皮膚を柔らかくして除く薬で、痛くありません。
最近では、同じ会社から「ウオノメコロリ」も販売されています。
ガンコな魚の目にはこちらがオススメです。

魚の目の薬

魚の目を治すためには芯を完全に取り除くことが必要です。
角質を柔らかくする作用のある「サリチル酸」が配合されたものが効果的です。

パッドタイプ、絆創膏タイプ、液体タイプなどいろんな製薬会社から出ています。
それぞれの特徴をご紹介しますね。

パッドタイプ

スピール膏

スピール膏

777円

●絆創膏タイプのたこ、うおの目、イボ除去剤(角質剥離剤)です。
●厚く硬くなった皮膚をやわらかくし、魚の目やタコ、イボの角質を除去します。
●成分(1平方センチ中):サリチル酸45mg(サリチル酸50%配合)●効能・効果:うおの目、たこ、いぼ●スピールこうは皮膚保護シールで薬剤面積を調節でき、健康な皮膚を保護できます。
●フリーサイズ:41mm×62mmの薬剤シートが2枚(はさみで患部に合った大きさに切って使います。
)■第2類医薬品●メーカー:ニチバン

サイトで購入

患部の大きさに合わせて自分でカットし、患部に貼り付け、ずれないように固定テープで留めます。
2~3日して患部が白くふやけてきたら、ピンセットなどで芯を取り除きます。

貼りっぱなしにしておける点では楽ちんですが、皮膚の弱い人は皮膚がかぶれたり、ふやけすぎたりするという難点もあります。

絆創膏タイプ

イボコロリ ワンタッチⅯ

イボコロリ ワンタッチⅯ

500円

製造元 横山製薬株式会社
イボコロリ絆創膏はサリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した医薬品(角質剥離剤)です。
厚く硬くなった皮膚をやわらかくし,魚の目・タコ・イボを取り除きます。
薬剤部に粘着性があるので,患部に密着して有効成分サリチル酸の浸透効果を高めます。
又保護用パッドが外部の刺激による患部の痛みをやわらげます。

サイトで購入

薬剤が染みこんだパッドと固定テープが一体型になった絆創膏タイプは、切る必要がないので簡単に使うことができます。
デメリットはパッドタイプと同じく、貼りっぱなしになるので皮膚がかぶれたり、ふやけすぎたりする可能性もあります。

液体タイプ

イボコロリ液6ml

イボコロリ液6ml

732円

イボコロリは、サリチル酸の角質軟化溶解作用を利用した医薬品(角質剥離剤)です。
患部に塗布するとすばやく乾燥し、白い被膜をつくり、厚く硬くなった皮ふをやわら
かくし、魚の目・タコ・イボを取り除きます。

サイトで購入

液体タイプはボトルの蓋に棒が付いていて、そこに薬剤を付けて患部に塗ります。

液体なので、患部にも浸透しやすく、パッドタイプや絆創膏タイプでは貼りづらいところにも使うことができるという利点があります。
液体なので扱いには注意必要です。

痛くない芯の取り方

動画(いぼコロリ・絆創膏タイプを使用)

芯の取り方の解説

魚の目 芯の取り方の解説

入浴をして足を清潔にし、よく乾かすのがポイントです。
絆創膏タイプは丸くなった部分に薬が染みこんでいますから、患部の真ん中にきちんと当たるように狙いを定めて貼りましょう。
そのまま、2~3日放置して、どれくらい柔らかくなったか見てみます。
そして、ピンセットで芯を取り除いていきましょう。

一度で取れそうにないなら、無理をせずに、もう一度同じ工程を繰り返してみます。
無理矢理ほじると炎症を起こしてしまうので、じっくりできた魚の目はじっくり治すようにしましょう。

芯を取った後に出来た穴から細菌が入らないように消毒をし、絆創膏などで保護しておけば徐々に傷は癒え、魚の目の痕さえすっかりなくなるでしょう。

ピンセットの使い方のコツ

魚の目 ピンセットの使い方のコツ

ベストタイミングはお風呂上り。
足の裏がふやけて柔らかくなり、皮膚も削りやすいからです。
しかも清潔。

ピンセットの使い分けもおすすめです。
先の尖ったピンセットは奥まで入りやすいです。
定番のピンセットは、芯をつかみ取り出すのに使えます。

ピンセットを使って芯を取り除いていきます。
この時、痛みはないはずです。
もし痛みがあるようなら、あきらめて次回にしましょう。

一度に全部を取り除くことはできないことがあることを覚えておくといいですね。
芯を全部除くことも大切ですが、削りすぎてしまうのもよくありません。
ピンクの地肌が見えてきたらやめましょう。

行くなら皮膚科

魚の目 行くなら皮膚科
出典:kamiashi.net

魚の目の大きさにもよりますが、大きく4つの治療があります。
自分でなんとかできるといいですが、難しい場合は無理をせずに専門家の力を借りるのもよいことです。

塗り薬

アセチルサリチル酸を塗って治療します。
時間はかかりますが、痛みはありません。

液体窒素

正式には「冷凍凝結療法」という治療で、約マイナス200℃の液体窒素を綿棒に浸し、魚の目の芯を取り除く治療です。

麻酔注射とメス

魚の目 麻酔注射とメス

簡単に言えば手術です。
魚の目の芯に麻酔注射を打ち、芯をメスで切り取るというシンプルな方法です。

レーザー治療

この治療は保険適用出来ないので、1~2万円くらいの料金がかかります。
またこの治療は治療跡が火傷になるので、完治するのに時間がかかります。

魚の目の予防法

魚の目 魚の目の予防法

靴を見直すことが予防ができます。
例えば、足の底のアーチ部を支えられるものを選び、中敷きやパットを利用し足にかかる圧力を分散させるようにしましょう。
できればハイヒールは特別な時だけ履きましょう。

姿勢や歩き方を治して、足マッサージなど血行が良くなるように心がけることも予防につながります。

最終更新日: 2016-10-07

タグ:
魚の目

記事に関するお問い合わせ

「皮膚の病気・症状」に関する記事

皮膚の病気・症状の記事は他にも多数!

【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
【画像・写真付き】痔ろうって何?原因や症状、手術法まとめ
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
子供の病気である水痘、大人も注意が必要!?その症状について解説
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
痔ろうの初期症状とは?病院で行う検査・治療の体験談!
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!
新生児黄疸の原因とは?知っておきたい症状・検査・治療方法を詳しく解説!

「魚の目」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。