1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 内科 >
  4. 胃食道逆流症(GERD) >
  5. 逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説

逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説

逆流性食道炎の治療は、内服が中心になります。治療薬には、市販薬やジェネリックなどの種類がたくさんありますが、その効果や副作用を詳しくご紹介します。また、逆流性食道炎にかかりやすい、妊婦さんの治療についても説明します。

1人の医師・医学生がチェック済み

逆流性食道炎とは?治療法は?

胃食道逆流症(GERD) 逆流性食道炎とは?治療法は?
出典:www.mcube.jp

逆流性食道炎(胃食道逆流症・GERD)とは、胃液が食道に逆流する病気です。
食道は中性ですが、胃酸は強酸性のため、逆流すると食道の粘膜が炎症を起こしてしまいます。

逆流性食道炎の症状は、以下のものがあります。
・胸やけ、口の中がすっぱい感じがする
・胸が痛む
・のどの痛みや違和感、声がかすれる
・咳が続いたり、気管支炎を繰り返す
・胃酸のにおいが気になる

逆流性食道炎には、生活習慣が大きく関係しているため、治療のためには生活習慣の改善が大切です。
病院では、診察のほかに内視鏡検査や、胃酸を抑える薬を飲んで症状が軽減するか確認するなどが行われます。

 

一般的には、胃液が食道に逆流する疾患を胃食道逆流症(GERD)、それによってさらに食道に病変をきたしているものを逆流性食道炎と使い分けます。

GERDの症状は上記に書いてある通りのものになります。
それに対し、逆流性食道炎にまでなってしまうと、重篤な疾患や症状につながることがあります。


①まず、食道に炎症が起こることで食道に潰瘍や出血などをおこします。また、食道の蠕動機能(食べたものを下に運ぶ運動)も悪くなります。

②次に、食道の炎症の修復を繰り返していると、だんだん線維化などがおこり、蠕動機能がより悪くなったり、食道が狭窄したりします。
その結果食べ物がつかえるなどの症状がでやすくなります。


「食道腺癌の発生」
食道の細胞は扁平上皮細胞という細胞からできています。
長い間GERDに罹患している患者さんでは、胃液の刺激によりこの扁平上皮細胞が修復過程で円柱上皮細胞(胃などの腸管と同じ細胞)という細胞に置き換わってしまいます。
これは食道と胃の境目のところにできやすく、バレット食道と呼ばれます。
問題は、このバレット食道からは食道腺癌という癌が発生しやすいということです。
バレット食道は日本人の場合、GERDの患者さんの半数弱に見られると言われています。
胃カメラで簡単に検査できますので、心配な方や医師に必要と言われた方は検査することになるでしょう。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

逆流性食道炎4種類の治療薬!効果と副作用

H2ブロッカー (ガスター・タガメット・プロテカジン・アシノン・アルタットなど)

胃食道逆流症(GERD) H2ブロッカー (ガスタータガメットプロテカジンアシノンアルタットなど)
胃食道逆流症(GERD) H2ブロッカー (ガスタータガメットプロテカジンアシノンアルタットなど)
出典:www.astellas.com

H2ブロッカーは、胃酸を抑えるお薬です。
胃酸を抑えることで、逆流性食道炎の胸やけや痛みなどを和らげます。

胃の粘膜には、ヒスタミンがくっつくことで胃酸を分泌するH2受容体が存在します。
H2ブロッカーは、ヒスタミンの代わりにH2受容体にくっつくことで、胃酸を分泌させないようにします。

H2ブロッカーの副作用には、ショック、アナフィラキシー、肝機能障害、消化器症状(便秘や吐き気など)、再生不良性貧血、横紋筋融解症(筋肉の組織が解け、血液中にカリウムなどの成分が溶け出し、腎不全などを起こす)、意識障害、けいれんなどがあるそうです。

心機能が低下している方の場合は、心電図の異常が起こることもあります。
異常を感じたときは、服用を中止して薬剤師や医師に相談しましょう。

PPI(タケキャブ・パリエット・ネキシウム・タケプロンなど)

胃食道逆流症(GERD) PPI(タケキャブパリエットネキシウムタケプロンなど)
出典:www.astellas.com
胃食道逆流症(GERD) PPI(タケキャブパリエットネキシウムタケプロンなど)

H2受容体にヒスタミンが付く、M受容体にアセチルコリンが付く、G受容体にガストリンが付くことで最終的にプロトンポンプという部分が働いて胃酸が分泌されます。
PPI(プロトンポンプ阻害薬)は、プロトンポンプが働くのを邪魔することで、胃酸の分泌を減らします。

PPIの副作用としては、肝障害、下痢、軟便、便秘、白血球減少症、発疹、腎機能障害などが報告されています。

粘膜保護薬(ムコスタ、セルベックス、アルロイドGなど)

胃食道逆流症(GERD) 粘膜保護薬(ムコスタ、セルベックス、アルロイドGなど)

食道の粘膜を保護する目的で使用されます。
作用は弱めなので、H2ブロッカーやPPIとセットで使われます。
肝機能障害、発疹、便秘、口渇などの副作用があります。
H2ブロッカーやPPIに比べて副作用は少ないといわれています。

制酸薬(酸化マグネシウム・マーロックスなど)

胃食道逆流症(GERD) 制酸薬(酸化マグネシウムマーロックスなど)

制酸薬は、胃酸を中和する作用で、逆流性食道炎の症状を和らげる働きをします。
便が緩くなったり、便秘になったりする人もいますが、重い副作用はないといわれています。

逆流性食道炎治療薬の特徴は?

ジェネリック医薬品や市販薬が豊富

逆流性食道炎の薬は、ジェネリック(後発医薬品)や市販薬が多いのが特徴です。
市販薬では、H2ブロッカーのガスター10や制酸薬のキャベジンコーワなどが有名です。
市販薬を内服して症状が改善しなかったり、繰り返したりする場合には、必ず医療機関を受診して診断を受けるようにしましょう。

また、ジェネリック医薬品を選択することで、軽税的負担を低く抑えることができることもあります。
医師にジェネリック医薬品にできるか、相談してみてもよいでしょう。

第一三共 ガスター10

第一三共 ガスター10

1,108円

「ガスター10」は、胃の症状の原因となる胃酸の出過ぎをコントロールし、胃粘膜の修復を早め、胃酸中和型の胃腸薬とは異なるタイプの胃腸薬です。
医薬品。

サイトで購入
キャベジンコーワα

キャベジンコーワα

1,455円

「キャベジンコーワα 300錠」は、荒れて傷んだ胃の粘膜を修復し、正常な状態に整えるキャベジン本来の効きめに加え、胃の運動を促進する生薬成分ソヨウなどにより、弱った胃の働きを取り戻していく胃腸薬です。
毎食後1日3回の服用で胃が元気に働くようになり、胃の不快な症状にすぐれた効果をあらわします。
医薬品。

サイトで購入

内服期間が長くなる傾向がある

逆流性食道炎は、内服治療で完治する人もいますが、症状が繰り返す人も多いのが特徴です。
症状や炎症が軽い人は、症状があるときのみ薬を飲むこともあります。

生活習慣を改善したり、内服治療で症状が軽減したりしても、胃液の食道への逆流は治すことが難しいため、長期に内服が必要な場合も多いです。
内服については自己判断で中止せず、医師と相談しながら治療していきましょう。

場合によっては手術することも

どうしても内服治療で軽減しない場合や、がんの恐れが高いBarrett(バレット)食道(胃酸の刺激が続いたため、食道の粘膜が胃の粘膜に置き換わってしまうこと)の場合は、手術が行われることもあります。

手術では、(1)ゆるんで大きくなった食道裂孔を縫い縮め、(2)次に、胸の中にあがった胃をお腹の中に戻し、(3)最後に、胃で食道を巻きつけることにより、逆流性食道炎の原因である、こわれた逆流防止機構を修復します。

引用元: www.mcube.jp

逆流性食道炎にかかりやすい人は?

高齢者、背中が曲がっている人

加齢により、胃の入り口にある、下部食道括約筋(かぶしょくどうかつやくきん)が緩んでしまうことで胃液が逆流し、逆流性食道炎が起こることがあります。
また、背中が曲がってくると胃が圧迫されて、胃液が逆流しやすくなります。

食後2~3時間は、横になるのを避けたり、寝る場合もクッションなどで少し背中を起こしたりしましょう。
また、寝る直前に食べるのは避けるようにします。

昼間はできる限り前かがみの姿勢をしないように心がけることが大切です。
そのほかに胃を圧迫しないよう、お腹を締め付ける服装は避けたほうが良いです。

妊婦

胃食道逆流症(GERD) 妊婦

妊婦さんも、赤ちゃんが大きくなるにつれて胃が圧迫されて、胃液が逆流しやすくなるため、逆流性食道炎が起こりやすくなります。
妊娠初期に起こるつわりと症状が似ているため、またつわりが起こったと思ってしまう妊婦さんもいるようです。

妊娠後期につわりのような症状が起こった時は、逆流性食道炎の可能性があります。
妊婦健診の時などに、医師に相談することをおすすめします。

脂肪やタンパク質が多い食事の人

脂肪がたくさん含まれた食事を普段からたくさんとる人は、十二指腸から分泌されるコレシストキニンというホルモンの影響で、下部食道括約筋が緩み、逆流性食道炎を起こしやすいといわれています。
アルコールも同様ですので、ほどほどを心がけましょう。

タンパク質をとりすぎると、食べ物が胃で停滞する時間が長くなります。
このことで胃液が多くなり逆流しやすくなります。

また、胃酸が多くなるものとしては、コーヒー、緑茶などに含まれるカフェイン、香辛料、かんきつ類があげられます。
とりすぎには、注意しましょう。

さらに、食べすぎも胃の中の圧が高まり、胃液が逆流する原因になります。
食事は、腹八分がおすすめです。

 

GERDになりやすい人についてご説明します。

GERDの原因としては上記の通り、背中が曲がっている人や妊婦さんのように胃に圧迫がある人、高齢者の方のように下部食堂括約筋の締め付ける機能が悪くなる人、多量の脂肪などの食事などで一時的に下部食堂括約筋が緩みやすい食生活を送っている人など、様々ありますが、他にも身近なところにこのような原因があります。

①肥満
これも、胃の圧迫です。胃液が逆流しやすくなります。

②食道裂孔ヘルニア
食道と胃のは横隔膜が境目となっており、横隔膜によっても胃が逆流しないように締め付けられています。
その胃の一部が横隔膜より上に脱出してしまった状態が食道裂孔ヘルニアです。
先天性と後天性があり、先天性は生まれつき、後天性は加齢により横隔膜の締め付ける力が弱まることから生じます。
この胃と食堂の境目の部分と横隔膜の位置がずれることで、やはり胃液は逆流しやすくなります。

③強皮症
強皮症とは、膠原病(こうげんびょう)と呼ばれる免疫が関係する病気の一種で、皮膚に主に症状が現れます。
しかし、食道の機能も低下することが多く、蠕動運動(摂取したものを下に送り出す運動)が低下することで、入ってきた胃液を戻しにくくなります。

④ピロリ菌未感染、またはピロリ菌除菌
これは意外かもしれません。
ピロリ菌といえば、胃十二指腸潰瘍や胃癌の大きな原因であり、一般の方でも多くのことが知られている菌かと思います。そして、現在では、検査・治療ともに比較的簡単なので、病気になる前に除菌する機会も大変多くなっています。
しかし、なんとピロリ菌を除菌するとGERDは起きやすくなるのです。

そもそもなぜピロリ菌は酸性の強い胃酸の中で生きていられるのでしょうか?それは、ウレアーゼと呼ばれる酵素で胃酸を中和しているからなのです。
そのため、ピロリ菌感染者は胃酸が中和されやすい状況にあるためGERDが起きにくく、ピロリ菌未感染者や除菌を行った方はGERDが起きやすくなります。実際にピロリ菌除菌が頻繁に行われるようになってからGERDの方は増えています。

では、ピロリ菌除菌はしない方がいいのでしょうか?
そのようなことはないとお答えします。たしかにGERDに関しては起こりやすくなりますが、それは必ず起こるわけではありません。
それより、胃十二指腸潰瘍や胃癌を防ぐことの方が圧倒的に大きなメリットなのです。

ですので、今まで通りピロリ菌除菌を考えている方は、除菌されることを強くオススメします。
どうしても心配な方は、医師と相談してから除菌するとよいでしょう。

⑤一部の薬剤の副作用
例えば、高血圧や狭心症などの薬です。
これらは血管の平滑筋を緩め、血管を広げることで治療するものも多いですが、同時に食堂の筋肉も緩めます。そのため胃酸が入ってきやすい状況にあります。

このように、意外に身近な所にもGERDの原因はあるのです。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

妊婦の治療はどうなる?

食事の改善と制酸薬が主な治療

妊婦さんの場合は、まず食事の改善が大切です。
妊娠中は、タンパク質の多いものや脂っこいものが食べたくなる妊婦さんも多いようですが、逆流性食道炎がある場合はとりすぎに注意しましょう。

また、疲労感が強いため食後すぐに横になりがちですが、食直後はクッションなどを使って少し背中を起こした姿勢で休むことおすすめします。

そして、胎児への影響を考慮して市販薬は避け、産科の医師に相談して薬を処方してもらいましょう。
処方される薬は、副作用が少ない制酸薬が多いようです。
副作用や効き目のことで心配なことは、医師や薬剤師に相談することをおすすめします。

メリットが大きい場合にはほかの治療もありえる?

逆流性食道炎の症状が重い場合には、制酸薬以外の薬の処方も考慮されます。
この場合も、産科の医師が処方する薬を、胎児の影響と症状の強さを考慮して、考えてくれます。
症状がつらいときには、我慢せず医師に相談しましょう。

逆流性食道炎へは生活習慣の改善と適切な薬を!

胃食道逆流症(GERD) 逆流性食道炎へは生活習慣の改善と適切な薬を!

逆流性食道炎で胃酸の逆流が起こりやすい方は、まず生活習慣や食習慣を見直してみましょう。
ぜひ、この記事を参考にしてください。

治療薬は、種類がたくさんあります。
自分に合った薬が処方されることで、症状が軽減することも多いです。
医師と相談しながら治療を進めていってください。

最終更新日: 2016-09-24

タグ:
胃食道逆流症(GERD)

記事に関するお問い合わせ

「胃食道逆流症(GERD)」に関する記事

胃食道逆流症(GERD)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
知っておきたい!逆流性食道炎に見られる症状とは
知っておきたい!逆流性食道炎に見られる症状とは

「内科」に関する記事

内科の記事は他にも多数!

出血すると血が止まりにくくなる病気、血友病A・Bとは?原因や症状、治療まとめ
出血すると血が止まりにくくなる病気、血友病A・Bとは?原因や症状、治療まとめ
【再生不良性貧血】めまいだけじゃない!詳しい症状を紹介
【再生不良性貧血】めまいだけじゃない!詳しい症状を紹介
再生不良性貧血の原因とは?先天性?後天性?気になる検査・診断についても解説
再生不良性貧血の原因とは?先天性?後天性?気になる検査・診断についても解説
逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説
逆流性食道炎の治療薬がよくわかる!市販薬や副作用も詳細解説
【画像付き】繰り返す口内炎はベーチェット病かも?気になる治療法とは
【画像付き】繰り返す口内炎はベーチェット病かも?気になる治療法とは

「胃食道逆流症(GERD)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。