1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 精神の病気・症状 >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ

病院の診断で「抑うつ状態」と言われた方もいるでしょう。抑うつとは一体なんのことなのでしょうか?ここでは、抑うつの原因や症状、治療や過ごし方について紹介します。

1人の医師・医学生がチェック済み

「抑うつとは?」その意味

うつ病(大うつ病性障害) 「抑うつとは?」その意味
出典:spartners.jp

抑うつとは、抑うつになっている状態のことであって病名を指しているのではありません。

うつ病との違いは?

うつ病(大うつ病性障害) うつ病との違いは?
出典:www.asahi.co.jp

うつ病は、脳の中の神経伝達物質のバランスの乱れからおこる病気のこと。
過剰に働きすぎたりすることで脳がオーバーヒートを起こしたような状態になってしまうのです。

抑うつの原因は、ストレスです。
その結果、イライラしたり眠ることができなかったりという反応があらわれます。
このことを抑うつ状態と呼びます。

適応障害との違いは?

適応障がいは、簡単に言うと環境に適応できない、社会に上手く対応できないことで身体の不調を起こしてしまう障がいのことを言います。
例えば、仕事の部署が新しく変わって、自分の価値観とその職場の常識があまりにもかけ離れているときなどに適応障がいを起こします。

抑うつになる原因は?

心理的ストレス

うつ病(大うつ病性障害) 心理的ストレス

現代社会において、私たちは多かれ少なかれストレスを感じるもの。
身内の死亡や家族内のトラブル、仕事での人間関係、病気などさまざまなストレスから抑うつになってしまいます。
また、昇進して給料が上がるといううれしい出来事でも、新しい環境によるストレスによって引き起こされることがあります。

ホルモンバランスの異常

甲状腺機能低下症とは、甲状腺ホルモンの分泌が低下してしまうこと。
甲状腺ホルモンは身体の新陳代謝をアップしてくれるホルモン。
そのため、このホルモンが少なくなると、無気力になってしまったり便秘やむくみ、女性の場合は生理不順などの症状があらわれます。

このような状態がストレスとなってしまい、抑うつになることがあります。

抑うつになるとどんな症状がでるの?

抑うつになると、こころや身体に
いろいろな症状があらわれます。

こころにあらわれる症状

集中力が低下する

うつ病(大うつ病性障害) 集中力が低下する

抑うつになると脳の機能が低下してしまうため意欲や気力がなくなってしまい、物事に集中することが難しくなってしまいます。

そのため、勉強や仕事に対してやる気はあっても、集中力が低下してしまうためなかなか結果を出すことができなくなってしまうのです。

不安障害

うつ病(大うつ病性障害) 不安障害

不安障害の原因ははっきりと分かっていませんが、パニック障害や社交不安障害、強迫性障害、全般性不安障害、心的外傷後ストレス障害の5つに分類されます。

不安は誰しもが経験するものですが、病的な不安とは、日常生活に支障をきたすようなものを指します。

◆パニック障害
身体的な原因はなく、パニック発作を起こしてしまう障がいのこと。
パニック発作とは、息苦しさや動悸、吐き気やめまいなどが起こり、自分は死ぬのではないかというような恐ろしい気持ちになること。

◆社交不安障害
発表の場などで、異常な緊張や恐怖感を感じ、動悸や声・手の震え、赤面など、日常生活に支障がでてしまう障がいのこと。

◆強迫性障害
手を洗う際、「きちんと洗えていないかもしれない」と何度も何度も洗うけれどその不安が取り除けずにひどい手荒れを起こしてまでも続けてしまう障がいのこと。
他にも、ガスの元栓を閉めたか?カギをかけてきたか?不安になり何度も家に帰ってしまい、目的地へ行けないことなどもあります。

◆全般性不安障害
特に理由はないけれど、子どもが誘拐されたらどうしよう?がんになってしまったらどうしよう?など、家族や仕事、人間関係など生活する上であらゆるものに対して不安を感じてしまう障がいのこと。

◆心的外傷後ストレス障害
今までに経験したある恐怖体験によって、その時の恐怖や不安がフラッシュバック(急に同じような状況を思い出してしまう)することで、平成ではいられなくなる障がいのこと。
幼いころの虐待や天災などによって心に大きな傷を抱えている人などに起こります。

これらの不安障害があることによってストレスを感じ、抑うつになることがしばしばあります。

引きこもりがちになる

うつ病(大うつ病性障害) 引きこもりがちになる
出典:iitokoronet.com

抑うつになると今まで人に会うことが好きだった人でも、人に会いたくなくなってしまいます。
その結果、家に引き込もりがちになってしまうのです。

また、今まで活発だった人がゆっくりとした動作になってしまい、食事の準備にとても時間がかかったりしてしまうこともあります。
やる気がなくなってしまうため、学校や仕事を欠席することも増えてきます。

身体にあらわれる症状

眠れない

うつ病(大うつ病性障害) 眠れない
出典:beautyanswers.jp

いろいろ考えることによって寝付けなかった(入眠困難)り、寝ていても途中で起きてしまう(中途覚醒)ことによって熟睡することができなくなります。
また、早朝に目が覚めてしまい「もう少し眠れるな」と思っても入眠できず(早朝覚醒)そのまま起床を迎えてしまうような症状がみられます。

めまいがする

うつ病(大うつ病性障害) めまいがする

心因性めまいとは、ストレスなどの心理的な刺激によって三半規管に障害を起こしてしまうめまいのこと。
めまいにもいろいろな症状があり、自分もしくは周りがぐるぐると回転しているように感じる回転性めまいや、身体がふらついて真っ直ぐ歩くことが難しくなる動揺性めまいなどがあります。

食欲がわかない

うつ病(大うつ病性障害) 食欲がわかない

抑うつになると意欲が低下してしまうため、おいしい物でもたくさん食べることができなくなってしまいます。
症状がすすむと、味がしなくなり、何を食べても同じよう感じ、体重が大幅に減ってしまうこともあります。

動悸や息苦しさを感じる

うつ病(大うつ病性障害) 動悸や息苦しさを感じる

身体的に病気があるわけではないのですが、動悸や息切れを感じてしまいます。
一度起こしてしまうと、また起きるのではないか?という不安によってさらに抑うつの症状は悪化していくのです。

抑うつを改善したい…治療って何するの?

まずはガイドラインを使って診断

うつ病(大うつ病性障害) まずはガイドラインを使って診断

「日本うつ病学会治療ガイドライン」という標準的な治療を示しているものが2012年に作成されています。
治療計画を立てるときには、このガイドラインを参考にして診断・治療していきます。

抗うつ薬は効きにくい

うつ病(大うつ病性障害) 抗うつ薬は効きにくい

まずは休養をとることが先決になりますが、それでも治らないときには薬物治療が行われることがあります。
ただし、抑うつの場合は抗うつ薬などの薬が効きにくいため、使用されることは少ないでしょう。

カウンセリングを受ける

うつ病(大うつ病性障害) カウンセリングを受ける

抑うつの症状が落ち着いたら、カウンセリングを受けてこれからの出来事に対する考え方や見方を増やすようにカウンセリングが始まります。
まずは、なぜ抑うつになってしまったのか?自分の考え方や物の見方について振り返ります。
そこから、これからの生活へむけての改善策を互いに話し合っていくのです。

まったりと過ごすようにしよう

うつ病(大うつ病性障害) まったりと過ごすようにしよう
出典:coliss.com

仕事は思い切って休職しよう

「辛いけど仕事に行こう」と考える気持ちもわかりますが、抑うつのときに仕事をしてもはかどらず、また不安を募らせてしまうことになります。
ここは思い切って休職するようにしましょう。

休職するときには、病院を受診して医師に少し休職したいことを相談すると、診断書を書いてくれると思います。

抑うつになったら気を付けること

できるだけ早く病院へ行こう

うつ病(大うつ病性障害) できるだけ早く病院へ行こう
出典:www.gohshi.or.jp

自分の気分転換によってストレスが解消されていればよいのですが、どんどん溜まっていって抑うつのような症状がでているかな?と思ったら、まずは病院へ行ってみましょう。

治療期間はどれくらい?

治療期間も、一過性で軽いものから重症のものもありますので一概には言えません。
1週間程度で治るものから、半年以上かかるものまであります。

まずは、ひとりで悩まず病院へ行って相談してみることが大切です。

回復期に無理をしない

うつ病(大うつ病性障害) 回復期に無理をしない

抑うつの状態から回復しているときには、気分も晴れてきてなんだか元気になったような気分になってきます。
しかし、このときこそ無理をしないようにしましょう。

抑うつは繰り返し起こる症状と言われています。
できるだけ身体もこころも休めることに重点を置いて勉強や仕事をするようにしましょう。

あとがき

うつ病(大うつ病性障害) あとがき
出典:youpouch.com

いかがでしたか?

抑うつのときには、無理をしないことが一番。
長い人生の中のひと時ゆっくりと休んでみると、今まで見えていなかったことが見えるようになったり、感じることができるようになるかもしれません。

まったりと過ごして行きましょう。

最終更新日: 2016-09-14

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

「精神の病気・症状」に関する記事

精神の病気・症状の記事は他にも多数!

不定愁訴は外来で治療できる?原因や症状とともに詳しく解説!
不定愁訴は外来で治療できる?原因や症状とともに詳しく解説!
妊婦や産後の切れ痔の対策まとめ!入浴方法や食事、効果的なツボとは
妊婦や産後の切れ痔の対策まとめ!入浴方法や食事、効果的なツボとは
自宅でできる!自律神経失調症の改善、対策方法まとめ
自宅でできる!自律神経失調症の改善、対策方法まとめ
「正しく知れば怖くない!」過呼吸の原因、症状、対処法まとめ
「正しく知れば怖くない!」過呼吸の原因、症状、対処法まとめ
悩まないで相談!こんなにあった認知症の飲みやすい薬
悩まないで相談!こんなにあった認知症の飲みやすい薬

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。