1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 妊娠・出産 >
  4. 陣痛 >
  5. 陣痛と下痢の痛みはどう違う?

陣痛と下痢の痛みはどう違う?

陣痛はかなり痛いことで知られていますが、出産を経験していない妊婦さんには痛みの想像がつかないですよね。生理痛の痛みに似ているなどと言われますが、下痢の痛みにも似ているといわれることもあります。では一体、陣痛と下痢の痛みの違いはどんなものなのでしょうか?

陣痛とは

陣痛 陣痛とは
出典:ixil.info

陣痛とは、出産するときに子宮が収縮して中にいる赤ちゃんを出そうとする働きです。

出産が近づくと胎児からホルモンが出され、母親がそれをキャッチするとこれまで妊娠を維持していた黄体ホルモンが減少し、陣痛が起きると考えられています。

子宮の収縮は赤ちゃんを押し出してあげるために必要なことなので、出産には必ず伴う現象です。

陣痛は分娩時にのみおきるのではなく、臨月に入る前後から陣痛に似た痛みを感じ始め、本陣痛になり出産を迎えます。

下痢と陣痛の痛みは似ているのか

陣痛 下痢と陣痛の痛みは似ているのか
出典:www.my99box.com

では、本題ですが、陣痛と下痢の痛みは似ているのでしょうか?
少し詳しく解説します。

痛みの違い

陣痛 痛みの違い
出典:news.mynavi.jp

実は陣痛と下痢の痛みは似ていると言われています。
中には本当に下痢になってしまい、陣痛と最初は気が付かなかったという人もいるほど。

陣痛だと思わずにトイレにいくけれど、でない…ということを繰り返していると、いつの間にかトイレに行く間隔が短くなっている、と思って時間を図っていみると、もう5分になっていたということも珍しくはありません。
しかしあくまでも前駆陣痛や本陣痛でもかなり最初の時に多く、陣痛が本格化して苦しんでいる時には下痢を起こすことは少ないです。

そもそも下痢の時にお腹が痛みなるのはなぜかというと、胃腸炎や食中毒など胃や腸といった内臓がけいれんしたり、収縮を繰り返すときに痛みを生じます。
痛みの場所はすぐわかるのではなく、全体的にぼやっとした痛みが生じます。
陣痛も同じく子宮の収縮する際に痛みを生じるので、それぞれ収縮による痛みで、似通っていると考えられます。

生理痛の痛みにも似ている?!

陣痛の痛みは生理痛の痛みに似ているとも言われます。
生理痛は子宮から子宮を収縮させて、ベッドとなる子宮内膜を剥がして排出する際の痛みになります。
原因としては子宮を収縮させるホルモンの、プロスタグランジンが多く分泌されることが1つあげられます。
陣痛も子宮を収縮し赤ちゃんを排出するために、痛みとしてはほぼ同じような痛みになります。

妊娠中は生理がないため生理痛と間違えることはありませんが、生理痛のような痛みが来た場合にはもしかして陣痛かもしれない、と心準備をしておきましょうね。

前駆陣痛とは

陣痛 前駆陣痛とは
出典:lovemo.jp

前駆陣痛とは出産予定日の約2週間前から起きる、いわば陣痛の予行練習です。
後期から臨月にはいると、子宮の収縮が起こることが多く、張りも増えてきます。
張りがあるときに痛みあり、すこし時間が経過すると痛みが引いていく、ということを繰り返すことを前駆陣痛と言います。
陣痛には、前駆陣痛、本陣痛、後陣痛と時期によって色々と呼び名が代わります。
前駆陣痛も、陣痛を起こすためには大切な事柄だと言われていますが、実際になぜ前駆陣痛が起きるのか、詳しいメカニズムはわかっておりません。

前駆陣痛には症状がいくつかあり

・お腹の張り
・おしるし(陣痛が始まるサイン)がある
・吐き気がする、気分が悪くなる
腰痛がある

といったような症状が起きることがあります。
しかしながら、前駆陣痛は起きない人もおり、気がついたら陣痛が始まっていた、という人も少なからずいますので、前駆陣痛がないからどうしよう、などと心配しすぎないようにしましょうね。

陣痛と下痢は同時に起きる?

陣痛 陣痛と下痢は同時に起きる?
出典:conobie.jp

実際に下痢と陣痛が同時に起きることはあまりありませんが、出産が近づいてくると、下痢になることがあります。

妊娠している初期〜後期は赤ちゃんを必死に守るため、プロゲステロンというホルモンの作用によって流産を阻止したり、赤ちゃんの成長を促進したりします。

このプロゲステロンというホルモンは妊娠中は腸の働きを弱めますので、便秘がちになる妊婦さんが多くいます。
しかし臨月になるといつ生まれても良いため、プロゲステロンが減っていきます。
そうすると、腸の働きが復活していき便秘が治っていったり、逆に腸の働きが追いつかずに、下痢を起こしてしまうのです。
臨月になり下痢が起き始めるとプロゲステロンが減少している証拠ですので、もういつ陣痛が起きてもおかしくないということです。

しかし陣痛が始まってから下痢が起きることは少なく、分べん室に行くくらい間隔が短くなっていると浣腸をして予め排便を済ましますので、出産中に下痢や排便をすることはあまりありません。
分娩中に排便をしてしまう人は少ないですが、ゼロではなくもしも排便をしてしまっても、すぐに対処してくれるので大丈夫ですよ。

陣痛が来る前のサイン

陣痛 陣痛が来る前のサイン

陣痛が何日の何時に来る!とわかっていたら良いですが、中々そういうわけにはいきませんよね。
しかし、陣痛が起きる前にはいくつかサインがあります。
そのサインがあると、もしかしたら近々陣痛が来るかもしれないという目安になります。

頻尿

陣痛 頻尿

臨月に入ると、おしっこに行きたいと感じることが増えてきます。
日中だけならまだしも、夜もおしっこに行きたくて目覚めてしまうことも。

これは、赤ちゃんが下がってきたために膀胱を子宮が圧迫してしまい、尿を貯めこむスペースが減ってしまいます。
そうすると尿漏れを起こしたり、残尿感があったり、尿に対するトラブルが増えてきます。

これは外出中も起きますので、予めトイレの位置を把握しておいたり、小まめにトイレにいくようにしましょう。

張りが強くなる

陣痛 張りが強くなる
出典:baby.goo.ne.jp

臨月に入ると、前駆陣痛など以外にも頻繁に張ることが多くなります。
子宮が収縮しているために起こるものですが、陣痛かどうかを把握するためにも張りを感じたら時間を念のためはかっておくことをおすすめします。

もしも体をかがめるほどの痛みを伴うハリがある場合には、何科トラブルが起きている可能性がありますので、病院へ行き赤ちゃんを確認してもらっておくと良いでしょう。

陣痛 張りが強くなる
出典:mamanet.jp

臨月になりおならの回数が増えたという人が多くいます。
これは、赤ちゃんによって大きくなった子宮が下がり、腸を圧迫してしまいガスが溜まりやすくなっているために起こります。
出産が終えると、次第に回数も減っていきますが、妊娠中も食物繊維が多い野菜などを積極的に摂るようにしましょう。

食欲が増える

陣痛 食欲が増える

臨月になると食欲が増す人が多いです。
それは、出産が近くなるにつれて骨盤の中に赤ちゃんがおりてきます。
そうすると、子宮に圧迫されていた胃にスペースが出来て、すっきりしてくることがあります。
その結果が食欲が増してしまいます。

多少の増加なら大丈夫ですが、あまり増加してしまうと逆に出産が大変になってしまいます。
ですので、食物繊維を多くとったり、水分も一緒にとるようにするなど気をつけましょうね。

陣痛か腹痛の痛みかわからない時の対処法

陣痛 陣痛か腹痛の痛みかわからない時の対処法
出典:baby.goo.ne.jp

初産だと、お腹が痛い…けど本当に陣痛?とわからないですよね。
一般的に陣痛の痛みはみんなわかるといいますが、経験したことがなければ、その痛みがどんなものなのかわかりませんよね。

痛いけど陣痛か腹痛かわからない場合の対処法をお教えします。

横になる

陣痛 横になる

痛みが来た場合には、まず横になりましょう。
本当に腹痛だった場合には体調が悪い証拠ですし、お腹の赤ちゃんんに問題があるのかもしれません。
まずは横になって、痛みが収まるか、持続していくかをしっかりと確認しましょう。
もしも、痛みがかなり強いのに陣痛の間隔は不規則、という時は何か異常があるかもしれないので、病院を受診するようにしましょうね。

痛みの間隔を測る

陣痛 痛みの間隔を測る
出典:www.tanita.co.jp

もしも横になっても痛みがおさまらなかったり、強弱がある、また痛む時間の波がある場合は、陣痛の可能性が強くなります。
そうすると、まずは痛みをかんじる間隔を測りましょう。
その間隔が規則的に起きているなら陣痛、もしも不規則であれば前駆陣痛やただの腹痛の可能性が強くなります。

今は陣痛の間隔を測るアプリも多くありますし、前もって用意しておくと良いですね。

下痢だと思って勘違いしてしまったら?

陣痛 下痢だと思って勘違いしてしまったら?
出典:dietrooms.com

お腹がいたいのは下痢だろうと覆って間隔を測っていなかったのに、気がついたら陣痛で間隔が短くなっている!
そうなった時には、一体どうすればよいのでしょうか?

病院ヘ連絡をする

陣痛 病院ヘ連絡をする

もしも陣痛で間隔が短くなっている場合には、かかりつけの産婦人科へすぐに連絡しましょう。
そうすると今何をすべきか、これからどうすればよいか指示をしてくれます。

多くは、もう病院へすぐに来るようにいわれると思います。
入院セットを持って、いつでも病院へ行けるようにしておきましょうね。

救急車を呼ぶ

陣痛 救急車を呼ぶ

もしも陣痛の間隔が短くなっている時に、近くに誰も頼れる人がいない、またはもう生まれるかもしれない、という時には救急車を呼びましょう。

救急車だと病院まで最短で行くことが出来ますし、もしも救急車内で出産となっても、中には救命救急士の人がいるので安心出来ます。

ですが、救急車を呼ぶのは本当にどうしようもないときのみです。
まだ陣痛の間隔が短くなかったり、ご主人や家族に病院へ連れて行ってもらえる時にはそちらを優先しましょう。
また、今は前もって契約していると陣痛が来た時にすぐにかけつけてくれるタクシーのサービスもあります。
そういったサービスもいざというときのために、利用するのも一つの手ですね。
あくまでも緊急の時に連絡しましょうね。

まとめ

陣痛 まとめ

始めても出産を迎える妊婦さんには、妊娠から出産まで不安がつきものですよね。
小さなことで不安に感じたり、病院へ何度も確認しにいってしまったりしてしまう人は少なくありません。

女性にとって出産は大きな大きな出来事です。
その出産を迎えるにあたって陣痛は必要不可欠な出来事で、痛みに耐えるということは、大変な仕事ですよね。
もしかして陣痛かもしれない、と感じた時には間違ってても大丈夫なので病院へ連絡してみることが大切です。

赤ちゃんを無事に迎えようとしているためなので、何度も聞いて恥ずかしいということはありませんよ。

最終更新日: 2016-09-16

タグ:
陣痛

記事に関するお問い合わせ

「妊娠・出産」に関する記事

妊娠・出産の記事は他にも多数!

【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
【胞状奇胎の手術・治療法まとめ】治療後は妊娠可能?診断で見られるhCG値とは?
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
妊娠高血圧症候群ってどんな症状なの?原因や症状、予防法を知ろう!!
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
完全母乳はいつからできる?割合や完母のメリット・デメリット、オッパイトラブルなど
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
とにかく安静にすることが大切!「切迫早産」での過ごし方。自宅安静のススメ。
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!
陣痛促進剤はいつから使う?副作用など自然分娩との違いを検証!

「陣痛」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。