1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 生活習慣病 >
  4. 糖尿病 >
  5. 糖尿病の合併症が怖いのはなぜ?三大合併症をチェック!早期発見のためにできること

糖尿病の合併症が怖いのはなぜ?三大合併症をチェック!早期発見のためにできること

糖尿病と言えば、やはり怖いのは合併症です。自分は糖尿病じゃないから関係ない!?とは言えないかもしれません。なぜかというと、糖尿病と診断されたときにはすでに重い合併症を抱えているケースが多くあるからです。この記事では、糖尿病の合併症のメカニズムとそのリスクを解説するとともに、合併症を早期に発見するためにできることをご紹介します

急性合併症と慢性合併症、どちらも怖い糖尿病の合併症!

糖尿病 急性合併症と慢性合併症、どちらも怖い糖尿病の合併症!

糖尿病の合併症には、大きく分けて急性合併症と慢性合併症があります。

急性合併症とは、短期的な体調の変化が引き金となって急激に起こる合併症のことを言います。

急性合併症の中で怖いのは、糖尿病性昏睡です。
これは、血糖が急激に上昇することで意識不明になり、適切な処置が施されないと亡くなることさえあります。

一方、慢性合併症は、血糖の高い状態が続くことで徐々に血管がもろくなり、血管障害による様々な症状が全身に起きます。

実は、急性合併症は、ある程度予測が付いたり予防がしやすいのですが、慢性合併症は自覚症状が乏しく静かに忍び寄ってきます。
ですから、慢性合併症には、特に注意が必要なのです。

血糖値が高い状態が続くと、大血管障害や細小血管障害が起こる

糖尿病 血糖値が高い状態が続くと、大血管障害や細小血管障害が起こる

糖尿病の慢性合併症は、血管の障害が原因で起こります。
この血管障害には、1.大血管障害と2.細小血管障害の2種類があります。

1.大血管障害は、主に心臓や脳の太い動脈が硬くなり、高血圧や心筋梗塞、狭心症、脳出血や脳梗塞を起こすものを言います。
糖尿病の人は、そうでない人に比べてこれらの疾患にかかるリスクが2倍以上あると言われています。

2.細小血管障害には、糖尿病の三大合併症と呼ばれる、糖尿病性網膜症、糖尿病性腎症、糖尿病性神経障害が含まれています。
この細小血管障害というのは、毛細血管の障害のことを指します。
糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、毛細血管が詰まったり、こぶができたり、破れたりして、通常の役割を果たせなくなります。

糖尿病の三大合併症は、毛細血管の障害が関係している

糖尿病 糖尿病の三大合併症は、毛細血管の障害が関係している

人の全身には、毛細血管という微細な血管が網の目のように張り巡らされています。
毛細血管の直径は0.007mmで、人体に約1500億本存在し、動脈と静脈を抹消でつなぎ、血液や栄養を細胞に運んだり老廃物を運び去ったりする生命維持に関わる重要な役割を果たしています。

この毛細血管は、一度障害を受けると基本的に修復がされません。
ですから、毛細血管は一度障害されてしまうと徐々に進行し、様々な合併症として出てきます。
ここで、三大合併症について少し詳しく解説しましょう。

1.糖尿病性網膜症は、目の奥の網膜(映像を映して神経に送るカメラのフィルムのような働き)にある毛細血管が詰まったり切れて出血したりし、その結果、視力障害が起きたり、進行すると失明に至ります。
毎年約3000人の方が糖尿病性網膜症で失明するというデーターがあります。

2.糖尿病性腎症は、腎臓の糸球体(毛細血管の塊)が詰まったり、破れたりすることで、血液から老廃物をうまく濾過できなくなり、進行すると生涯人工透析を必要とする状態になります。
現在日本で、糖尿病性腎症により人工透析を受けている方は、約12万人に達します。

3.糖尿病性神経障害は、毛細血管が障害されることで、手足の神経障害や身体の機能を調節している自律神経に障害が起こります。
末梢神経障害では、手足がしびれ感覚が鈍くなったり、力が入りにくくなったりします。
また自律神経障害では、めまいや立ちくらみ、インポテンス、胃腸の不調、おしっこが出にくいなどの症状が起きます。

合併症を早期に発見するために今できること!

糖尿病 合併症を早期に発見するために今できること!

すでに糖尿病の診断を受けている方は、適切な治療を受けて、血糖をコントロールすることで、太い血管や毛細血管に起きる障害を最小限にとどめることができます。
しかし、糖尿病の自覚症状が全く無く、気が付いた時にはすでに合併症が進行しいた、という事態を避けるためにはどうしたらいいでしょうか?

これにはやはり、定期的な健康診断を受けることが大切です。
空腹時血糖や過去1-2か月間の血糖値の平均が分かるヘモグロビンA1cという血液検査項目を半年に1度のペースで調べておくと、安心でしょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
糖尿病 糖尿病性腎症 高血圧

記事に関するお問い合わせ

「糖尿病」に関する記事

糖尿病についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

子どもに多い糖尿病?!1型糖尿病の原因と治療。2型糖尿病との違いは?
子どもに多い糖尿病?!1型糖尿病の原因と治療。2型糖尿病との違いは?
糖尿病が原因で網膜剥離になる理由とは?
糖尿病が原因で網膜剥離になる理由とは?

「生活習慣病」に関する記事

生活習慣病の記事は他にも多数!

【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。