1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 首の病気・症状 >
  4. いびき >
  5. 【いびき治療】いびきを病院で本気で治す!治療の詳細・手術まとめ&病院紹介

【いびき治療】いびきを病院で本気で治す!治療の詳細・手術まとめ&病院紹介

いびきに悩んではいませんか?いびきでは周りの人に迷惑がられることもあり、また睡眠中に自分自身の身体を疲れさせる原因にもなっています。ここではいびきを放置するとどうなるか、いびきを診てくれる病院、治療法などについて詳しくご紹介していきます。

いびきとは

いびき いびきとは

いびきは、空気の通り道である気道が狭くなっているときに起こります。
気道が狭くなっていると、空気が通るときに生じる抵抗が大きくなり、通常よりも大きい振動が起こることで音が発生します。

気道が狭くなるということは、いびきをかいている状態=空気の通りが悪くなっているということであり、身体に取り入れられる酸素の量が減ってしまいます。
その結果、寝ている間にも疲れが取れずに、日中に強い眠気がみられたり、身体が重いと感じたりするようになります。

睡眠時無呼吸症候群とは

いびき 睡眠時無呼吸症候群とは

いびきを症状として呈する重要な病気に「睡眠時無呼吸症候群(SAS)」があります。
睡眠時無呼吸症候群は、男性の3.3%、女性の0.5%にみられる病気で、決して稀なものではありません。
睡眠時無呼吸症候群とは、寝ている間に呼吸が停止してしまう病気で、全身への酸素供給量が減ることでさまざまな障害をもたらす病気です。
原因には大きく2つの分類「閉塞性」「中枢性」に分けられます。

わが国では大規模な調査はなく、正確な「閉塞性」の有病率は明らかではありませんが、一般住民910人を対象とした調査では、無呼吸・低呼吸指数が10以上の「閉塞性」は男性3.3%、女性0.5%(全体で1.7%)という報告があります。

単純に計算すると、日本での患者数は約200万~300万人ということになりますが、実際はもっと多いのではないかと考えられています。

引用元: www.ncvc.go.jp

閉塞性睡眠時無呼吸症候群

閉塞性睡眠時無呼吸症候群とは、空気の通り道である気道が狭くなってしまうために生じる無呼吸です。
原因としては、肥満や小さい顎、大きい扁桃などが挙げられます。

1番の原因は「肥満」

いびき 1番の原因は「肥満」

閉塞性睡眠時無呼吸症候群の最大の原因は「肥満」によるものです。
肥満では、身体全体が大きくなるのに伴って舌も大きくなります。
舌の前方は顎の骨によってそれ以上広がれないため、大きくなった舌はのどの奥に向かって大きくなり、気道をふさぎます。

中枢性睡眠時無呼吸症候群

中枢性睡眠時無呼吸症候群は、呼吸を行うために脳から送られる命令が届かなくなってしまうために生じる無呼吸です。
脳には呼吸中枢とよばれる呼吸の司令塔があり、通常この司令塔から命令が送られることで呼吸を行うための筋肉や神経が働くようになります。
脳の血管障害や心不全などが原因でこの中枢が上手く働けなくなると、呼吸の命令が送れなくなり、無呼吸になってしまいます。

いびきを診てくれる診療科は?

耳鼻科

いびき 耳鼻科

いびきをかく原因として、鼻詰まり、大きい舌や扁桃などが挙げられますが、これらのような鼻腔や口腔、咽頭・喉頭などの領域は耳鼻咽喉科の守備範囲となります。
耳鼻科というと中耳炎や花粉症など、耳や鼻が専門のイメージがあるかもしれませんが、口の中からのどの奥まで、実は広い範囲を扱っています。

いびき外来

耳鼻咽喉科の中でも特にいびきを専門に扱っている「いびき外来」という診療科を設けている病院もあります。
まだあまり一般的ではありませんが、このような看板を掲げているところは、広い範囲に対応する耳鼻咽喉科領域の中でも、特にいびきに関しての専門となっているため、より専門的な診療が期待できます。

その他

この他、口腔外科(歯科)や内科でも対応することがあります。
口腔外科は歯科医ですが、口腔や喉頭・咽頭など耳鼻科領域と重なる領域を扱っています。
また、いびきの原因には肥満なども関わっているため、それらをコントロールするために内科でも治療することがあります。

いびきを放置すると

居眠り運転

睡眠中に十分な酸素が届かないことで、身体の疲れは取れないどころか、むしろ睡眠によって疲労が溜まることもあります。
このため、日中の眠気が強く、居眠り運転の原因になります。

脳卒中

いびき 脳卒中
出典:chuplus.jp

酸素は身体の中の細胞が活動するためにかかせないものですが、これは届かなくなることで血管の壁を作っている細胞が障害を受けるようになります。
もろくなった血管が狭くなってしまったり、破れて出血したりすることで、脳卒中が起こるリスクが高まります。

高血圧症

身体の中に入ってくる酸素の量が減ると、交感神経が活性化し、少ない酸素を少しでも全身に届けるよう心拍数が増え、血圧も高くなります。
この状態が持続すると、血圧が下がりにくくなり、高血圧症を引き起こすことがあります。

心疾患

いびき 心疾患

心拍数が増え、血圧が高くなると、それだけ心臓に負担がかかっていることになります。
心臓の負担が大きくなると、次第に疲弊していき、血液を送り出す力が弱くなったり(虚血)、心拍が一定でなくなったりする(不整脈)など、心臓にも障害が現れるようになります。

糖尿病

睡眠時無呼吸症候群を抱えている場合、糖尿病の発症率が1.62倍に上昇することが知られています。
詳しいメカニズムはまだ解明されていませんが、体内の酸素量の低下や交感神経の変化などが糖の代謝に影響を及ぼすといわれています。

睡眠時無呼吸症候群は英語で言いますと、Sleep(眠る) Apnea(無呼吸) Syndrome(症候群)、その頭文字をとって「SAS(サス)」とも言われます。

(中略)
SASを合併しているだけで糖尿病の発症リスクが1.62倍となり、SASと糖尿病の発症、進行は密接な関係があると考えられます。

いびきの治療方法と保険適用の有無

生活習慣の改善

いびき 生活習慣の改善

いびきの原因には、肥満や飲酒など生活習慣に関わるものも少なくありません。
肥満の場合、まずは体重を落とすことが必要不可欠です。
食生活を見直すことで首周りの脂肪を落とし、気道を広げる努力をしましょう。

また、飲酒後に手足や顔がむくむことは有名ですが、実はのどの周りの組織もむくみが生じます。
飲酒では大量の水分を身体に取り入れることになりますが、これが皮下に染み出してしまうことでむくんでしまうのです。
のど周辺の皮下がむくんで内側に膨らんでしまえば、当然気道は狭くなってしまいます。
お酒の量を減らすだけでもいびきは改善させることができます。

マウスピース

いびき マウスピース

寝ている間にマウスピースを使うことで、気道を広げた状態で維持させる方法があります。
自分の歯型に合ったプレートを作成し、下顎が上顎よりも5mmほど前に出る状態で固定させます。
こうすることで口の中のスペースを広げ、気道の狭窄(きょうさ)を防ぎます。
マウスピースによる治療は比較的軽症な場合に適応となります。

費用

マウスピースの作成には、保険適用の3割負担で10,000円程度かかります。
施設やマウスピースの種類によっては保険が使えない場合もあるので、作成の際には確認をとるようにしてください。

CPAP療法

いびき CPAP療法

CPAP(シーパップ)療法は、現在日本でも海外でも最も主流となっている治療法です。
鼻にチューブを挿入し、機器から持続的に空気を送り続けることで気道が塞がらないようにする方法です。

費用

CPAPの機器のレンタルは保険適用の3割負担で月々5,000円程度です。
根本的な治療ではないため継続する必要があり、また毎月レンタルするものなのでその都度料金が発生します。

体験談「睡眠時無呼吸症候群の治療。CPAP治療(経鼻的持続陽圧呼吸療法)と言う方法。」

自分のいびきの音で目が覚めるなどの症状が6年ほど続いた方のCPAP体験談です。
初めは違和感もあるようですが、継続できているようです。

CPAP治療を始めましたが、息を吐く時も空気が送られてくるためなかなか寝付けなかったり、鼻や喉が乾いてしまうこともあって、加湿器を付けたりと最初はかなり違和感がありました。
定期的に通院を繰り返しながら違和感のある部分は相談して、装置の設定を変えてもらったり、マスク装着の違和感を無くすコツなどのアドバイスも貰いながら少しずつですが、違和感もなくなってきました。
今でもマスクをつけて寝ています。
マスクをつけることでいびきも無くなり、睡眠時無呼吸症候群での死亡リスクも減るみたいなので、これからも使用を続けていくつもりです。

引用元: caloo.jp

外科的手術

いびき 外科的手術

口蓋垂(のどちんこ)、軟口蓋、扁桃などが大きいために気道が塞がれ、マウスピースやCPAP療法では対応できないような重症の場合は外科的手術を行うこともあります。
手術によって口蓋垂または軟口蓋、扁桃などを取り除くことで気道を広げます。
手術のためには入院や全身麻酔が必要になります。

費用

手術の費用は保険適用となりますが、切除する部分や範囲、行う手術方式によって費用は大きく異なります。
手術の際には確認を取るようにしてください。
また、外科的手術では入院の必要があり、手術費用に加えてさらに入院費用がかかるため、少々高額になることを理解しておきましょう。

後遺症はある?

後遺症としては、口からのどにかけての通り道を広げることになるため、水が鼻の方へ逆流しやすくなることがあります。
また、空気の通り道が変化することで、声が変わる場合があるということも報告されています。

体験談「睡眠中に息苦しさで目が覚める。扁桃腺切除手術を受け快眠に。」

いびき 体験談「睡眠中に息苦しさで目が覚める。扁桃腺切除手術を受け快眠に。」
出典:utsu-naoso.com

睡眠時無呼吸症候群のために首を絞められる夢をみるなどの症状があり、扁桃切除術を行った方です。
根本的な治療を行うことで、快適な睡眠を得られるようになったようです。

手術前日に入院して翌朝手術しました。
麻酔を打って気がついたらもう術後でうまく喋れなくなっていました。

病室へ戻ってその日は点滴のみ。

翌日より液状のごはんが配給されました。
喉以外はいたって元気なので暇でテレビや本を読んで過ごしていました。

2日目くらいで甘味が感じられないことに気がつきました。
先生に言うと取った扁桃腺を見せてくれて一時的な味覚障害で傷が塞がれば戻ると思うと説明してくださいました。

実際そのとおりでゼリーなどを食べても美味しくいただけるようになりました。

引用元: caloo.jp

レーザー治療

いびき レーザー治療

レーザー治療は、外科的手術と同様に気道を狭くする原因となっている部位を切る方法です。
外科的手術ではメスなどで切除しますが、レーザー治療では焼き切ることで切除します。
レーザー治療は焼くことで止血しながら切ることができるので、外科的手術と比べて出血が少ないというメリットもあります。
麻酔も局所麻酔で、入院の必要もありません。

費用

費用は保険適用となります。
費用の目安は25,000円~30,000円程度といわれていますが、やはり部位や範囲によって異なるものなので、治療の際には確認をとるようにしてください。

後遺症はある?

のどにやけどを作っている状態になるため、1週間程度は食事の際に痛みが生じます。
症状が落ち着くまでは治療した部分に刺激を与えないよう注意が必要です。
よく噛み砕かないまま飲み込んだり、香辛料などの刺激物を食べたりすることは控えましょう。

体験談「いびきを直すレーザー治療」

大きく垂れ下がった口蓋垂に対し、レーザー治療を行った方です。
全身麻酔ではないため、術前や術中の不安や恐怖感が強いようですが、痛みはそれほど強くないようです。

口の奥で線香花火燃やして食べされてる感覚でした!
痛くはないけど、喉の奥を開けてるのですっごく辛いし、たまにちくっ!!と熱いし。

本当に息も出来ない位でした。

我慢して我慢して、看護婦さんが背中さすってくれたり、先生もずっと優しく声かけながらやってくれるのでなんとか耐えられました。

5.6分の出来事でしたが、本当に辛かった。

引用元: caloo.jp

コブレーション(高周波ラジオ波治療)

いびき コブレーション(高周波ラジオ波治療)

表層の粘膜を焼き切るレーザー治療に対し、粘膜のより奥に電気刺激を与えることで萎縮(いしゅく:組織を引き締めて容積を小さくする)させる方法がコブレーション、または高周波ラジオ波治療と呼ばれる治療法です。
扁桃などの大きくなってしまっている部位に電極の棒を刺し、ラジオ波を流すことで組織を萎縮させます。
麻酔は局所麻酔で、入院の必要はありません。

費用

費用は保険適用となります。
費用の目安は10,000円前後といわれていますが、やはり部位や範囲によって異なるため、治療の際には確認をとるようにしてください。

体験談「鼻粘膜焼灼術(コブレーションシステム)を受けた その2」

鼻詰まりに対してコブレーションを行った方です。
鼻の通りが悪いと口呼吸になってしまうことでも睡眠時無呼吸症候群は助長されます。
治療時間も短く、麻酔によって痛みもなく、電流の流れる間隔は不思議な体験のようです。

とんがった電極棒を鼻の奥にプスッと刺されスイッチオン。

ビリビリッ!ビリビリッ!と鼻の奥から前歯にかけて電流の衝撃が走る!
多分、電気ショック状態なんだろうけれども…痛みはない…不思議!

一刺し10秒ほどの電流を流すこと数回、「はい、終わりです」と先生。

麻酔の待機時間を除き、手術時間は15分ぐらいだろうか。

ビリビリ体験は、なかなか心理的負担が大きく結構疲れた…。

引用元: graygoo.jp

いびき外来がある病院一覧(主要都市)

いびき いびき外来がある病院一覧(主要都市)

東京都

江東区

□ 亀戸内科クリニック
http://kameido-naika.com/

品川区

□ スリープ&ストレス クリニック
http://www.sleep-stress.com/

新宿区

□ 東京睡眠代謝クリニック新宿
http://www.suimintaisya-shinjuku.jp/

杉並区

□ 高円寺すずきクリニック
http://koenji.shoyohkai.or.jp/

中央区

□ 慶友銀座クリニック
http://www.ginzaclinic.com/

練馬区

□ 菅家耳鼻咽喉科
http://www.kanke-ent.jp/

東久留米市

□ 東久留米おだやかメディカルクリニック
http://higashikurume-odayaka.com/internal/

文京区

□ 順天堂大学医学部附属順天堂医院
https://www.juntendo.ac.jp/hospital/
□ みらいメディカルクリニック茗荷谷
http://www.mirai-mc.com/
□ ゆしまクリニック
http://www.aiwoon.com/original15.html

港区

□ 赤坂おだやかクリニック
http://www.akasaka-odayaka.com/

大阪府

いびき 大阪府

大阪市

□ こうのメンタルクリニック
http://www.kohno-mc.com/
□ 松澤呼吸器クリニック
http://www.matsuzawa-sas.com/
□ 南條病院
http://www.byoin-kikin.jp/html/jigyosyo/genryukai.html
□ 木田クリニック
https://www.cocokarada.jp/hospital/detail/0598971/

豊中市

□ かねしろクリニック
http://www.kaneshiro-honest-clinic.com/

阪南市

□ かつらはら耳鼻咽喉科
http://www.katsurahara-jibika.com/

枚方市

□ 香里ヶ丘大谷ハートクリニック
http://korigaoka-clinic.com/

八尾市

□ にしむら耳鼻咽喉科
http://nttbj.itp.ne.jp/0787363387/index.html?link_id=medical

神奈川県

横浜市

□ 日吉内科
http://www.hiyoshi-naika.jp/
□ なかたクリニック
http://nakata-cl.jp/
□ 三ツ境はこだ内科
http://www.hakoda-naika.com/
□ 堀口クリニック
http://www.horiguchi-cl.com/
□ 聖隷横浜病院
http://www.seirei.or.jp/yokohama/

京都府

京都市

□ 京都鞍馬口医療センター
http://kyoto.jcho.go.jp/

愛知県

名古屋市

□ としわ会診療センターレクリニック
http://www.toshiwa-kai.or.jp/medical/

最終更新日: 2016-10-24

タグ:
いびき

記事に関するお問い合わせ

「いびき」に関する記事

いびきについてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?

「首の病気・症状」に関する記事

首の病気・症状の記事は他にも多数!

いつまで続くの?なかなか治らない咳の原因とは!もしかしたら咳喘息かも
いつまで続くの?なかなか治らない咳の原因とは!もしかしたら咳喘息かも
なかなか止まらないしつこい咳!止める方法はあるの?
なかなか止まらないしつこい咳!止める方法はあるの?
首のヘルニアで足に痺れ?頸椎椎間板ヘルニアの原因と症状・治療とは。予防や寝方は?
首のヘルニアで足に痺れ?頸椎椎間板ヘルニアの原因と症状・治療とは。予防や寝方は?

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。