1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 鼻の病気・症状 >
  4. 鼻炎 >
  5. 鼻炎の薬で眠くならないものって本当にある?鼻炎の症状を改善する薬

鼻炎の薬で眠くならないものって本当にある?鼻炎の症状を改善する薬

鼻水や鼻詰まりがあると仕事や勉強に集中できませんよね。ただし、鼻炎と言ってもいろいろです。風邪が原因でおきるもの、花粉症などの季節性のもの、慢性のアレルギー性鼻炎など…。つらい症状があっても、眠くなるから薬はちょっと勘弁…という方のために鼻炎の症状を改善する薬をご紹介します。

鼻炎には、ヒスタミンが関わっている

鼻炎 鼻炎には、ヒスタミンが関わっている

ウイルスや細菌、花粉などが鼻の中の粘膜を刺激すると、鼻粘膜の肥満細胞からヒスタミンという化学伝達物質が放出されます。
このヒスタミンは鼻腺を刺激し、鼻水の分泌が増えます。

また、ヒスタミンは鼻の粘膜の中にある毛細血管(ごく微細な血管)に作用し、その毛細血管の内側の細胞を収縮させることで血管内の成分が血管の外に染み出ます。
この染み出た水分が鼻水の一部となります。

このように鼻炎はヒスタミンによって引き起こされるため、鼻炎の症状を抑えるには、炎症の元となるヒスタミンをコントロールすることが鍵となります。
そのため鼻炎の治療では、抗ヒスタミン剤が処方されることが多いのです。

抗ヒスタミン剤を飲むとどうして眠くなるの?

鼻炎 抗ヒスタミン剤を飲むとどうして眠くなるの?

抗ヒスタミン剤は、ヒスタミンが細胞に作用できないように、その受け皿であるヒスタミン受容体をブロックし、鼻水や鼻づまりの症状を抑えます。
しかし、脳に分布する受容体が阻害されると、同時に眠気やふらつき、集中力や判断力の低下、倦怠感などの副作用がおこります。
実はこれが鼻炎の薬、抗ヒスタミン剤による眠気の正体です。

第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬、眠くなりにくいのはどちら?

鼻炎 第一世代抗ヒスタミン薬と第二世代抗ヒスタミン薬、眠くなりにくいのはどちら?

抗ヒスタミン剤は、第一世代と第二世代(抗アレルギー剤)に分類されています。
第一世代の代表的なものには、商品名:ポララミンやレスタミンなどがあります。

第二世代は眠くなりにくく、第一世代は眠くなりやすいという特徴があります。
この違いは、第一世代の薬がヒスタミン受容体だけでなく、ヒスタミン受容体によく似た脳のアセチルコリン受容体にも誤って作用し、副交感神経が優位になって眠気が催されてしまうからです。

また、第二世代では脳に入りにくい薬剤を使用することで脳の受容体の阻害を少なくし、鼻炎の症状を抑えながらも副作用を起こさないようにします。

第一世代と第二世代の眠気の副作用を数字化して比較した調査では、第二世代の商品名:アレグラやアレジオンは、約10倍眠気が少ないという結果が報告されています。
また、市販の抗ヒスタミン薬が配合された薬の中には、眠気の副作用を抑えるために、カフェインが加えられています。

鼻炎に効く!眠くならない薬

鼻炎 鼻炎に効く!眠くならない薬

花粉症の治療で、抗炎症効果のあるステロイド(副腎皮質ホルモン)を配合した点鼻薬により鼻水や鼻づまりの症状を抑える方法もあります。
ステロイドには、眠くなるという副作用はありませんが、長期に使用すると重い副作用が現れる可能性があります。

漢方薬の小青竜湯(しょうせいりゅうとう)は眠気が出ないのでおすすめです。
漢方薬の中でもこの小青竜湯には即効性があり、生薬成分の細心や五味子、半夏がアレルギー症状を抑える働きをするので、風邪のひきはじめの鼻水・鼻づまりや、花粉症の鼻炎に効果があります。
また生薬の麻黄の成分が覚醒を促しスッキリとさせてくれます。

ただし、小青竜湯は虚弱体質の人には効果が出にくいことや、生薬成分の甘草による高血圧や低カリウム血症などの副作用が指摘されています。
医師や薬剤師とよく相談してから服用しましょう。

最終更新日: 2016-09-12

タグ:
鼻炎 アレルギー性鼻炎 高血圧 花粉症 肥満

記事に関するお問い合わせ

「鼻の病気・症状」に関する記事

鼻の病気・症状の記事は他にも多数!

【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!

「鼻炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。