1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 手の病気・症状 >
  4. 腱鞘炎 >
  5. ばね指の手術、費用についてご紹介!後遺症は残る?

ばね指の手術、費用についてご紹介!後遺症は残る?

狭窄性腱鞘炎という正式名称を持つ「ばね指」。指がばねのように弾け、痛みや腫れを伴う疾患です。重度の場合は手術が必要になると言われています。今回はこの「ばね指」の手術の方法や流れ、リスク、そしてリハビリや費用について解説致します。

ばね指とは

腱鞘炎 ばね指とは

指がばねのように弾けて、指の曲げ伸ばしをする時に痛みや腫れ、引っかかりを起こす関節の疾患です。
指の付け根の屈筋腱と靭帯性腱鞘の間で炎症が起きると、腱鞘炎になります。
すると、この腱鞘部分で腱の動きが悪くなり、腫れや痛みといった症状が現れます。

その症状は朝に強く、使っているうちに症状が軽くなることもあります。
しかし、進行すると「ばね指」となり、更に悪化すると指が動かせない状態になります。
正式名称は「狭窄性腱鞘炎」です。

指の使いすぎが主な原因

ばね指は腱鞘炎のひとつ。
指や手の使い過ぎ、スポーツなどが原因になりやすいと言われています。
リウマチ、糖尿病、透析を行っている患者さん、妊娠や出産また更年期にある女性にも見られます。

動かすたびに摩擦により炎症が起き、腱鞘や腱が肥大して症状がどんどん悪化します。
親指や中指に見られることが多いとされていますが、小指や薬指にも発症します。
同時に複数の指に起こるケースもあります。

ばね指の手術について

症状のレベル

腱鞘炎 症状のレベル

第一段階…「指の付け根の違和感、指の跳ね返り症状(軽度)、指を動かす時の痛み」 
この段階では短期間で症状が消えることもあり日常生活には支障を来さないレベルです。

第二段階…「指の跳ね返り症状、指の曲げ伸ばしが困難になり、曲げた指が戻りにくくなる、指の関節や指の付け根の痛みが強くなる、寝起きに症状が出ることが多い」 
第一段階と違い症状が頻繁になり痛みも強くなりますが、我慢できるレベルでもあるため受診する人が少ないとされています。
このレベルでは手術ではなく、保存療法(手術を行わずに治療すること)が可能です。

第三段階…「指の曲げ伸ばしなどの運動が出来ない、無理やり動かそうとすると激痛が走る」  
このレベルになると手術での治療が必要になります。

診察、治療や手術は整形外科で行うことがほとんどです。

腱鞘切開術

腱鞘切開術の方法

ばね指の手術では、現在のところこの腱鞘切開術という方法が主流となっています。
局所麻酔をして手のひらを小さく切開、炎症部分を取り除きます。
腱鞘切開術は、そのほとんどの場合入院する必要はなく、日帰りでの手術が可能です。

手術の流れ

腱鞘炎 手術の流れ

炎症部分に局所麻酔を行う
     ↓  
親指の手のひら側を1~2cm切開 
     ↓ 
腱鞘部分に生じている炎症部分を取り除く
     ↓
   縫合して終了 

手術時間は20~30分程度です。
  
抜糸は手術後1週間から10日前後とされています。

内視鏡手術

内視鏡手術の方法

ばね指の手術では通常、前述の腱鞘切開術が行われますが、近年では内視鏡手術という方法を取る医療機関も少しずつ増えてきました。
手術時間も切開する部分も最小限に抑えることが出来るため、身体への負担が少なくて済みます。
入院ではなく日帰りでの手術になります。

手術の流れ

腱鞘炎 手術の流れ

炎症部分に局所麻酔を行う  
     ↓
手のひらを3mm程度切開  
     ↓
内視鏡の管を差し込み、炎症を起こした腱鞘を直接切開する
     ↓
ガーゼやテープで傷口を保護して終了  

手術時間は10分程度です。
  
切開する部分が小さくて済むため、縫合や抜糸の必要がありません。

内視鏡手術のメリット・デメリット

メリット

  • 手術時間が短い
  • 傷口が小さいので身体への負担が少ない  
  • 傷跡が残りにくい  
  • 日帰り手術が可能   

デメリット

  • 内視鏡手術自体を行っている医療機関が少ない  
  • 症状が重篤な場合は、腱鞘部分を完全に取り除くことが困難なた、内視鏡手術ができない

赤ちゃん、子供の小児ばね指について

大人とは違う乳幼児のばね指

腱鞘炎 大人とは違う乳幼児のばね指

大人のばね指の場合は、指や手の酷使、もしくは何らかの疾患が原因になっていますが、乳幼児の場合は先天的な要因によるものと言われています。
乳児の場合は手を握っている状態でいることが多いので、1歳前後もしくはそれ以降に見付かるケースも珍しくありません。

乳幼児のばね指では指の軟骨組織が固まり、関節が動かなくなることもあります。
これを剛直指と呼び、乳幼児のばね指の大きな特徴とされています。

治療は小児科か整形外科で

乳幼児のばね指は小児科か整形外科を受診します。
小児科でばね指が発見され、整形外科を受診するように勧められることもあります。
いずれにしても乳幼児の場合は、しばらくの間経過観察となるか、指を強制的に伸ばして固定する装具療法が主流です。
症状が重くなった場合は手術が行われますが、大人とは違って全身麻酔による手術となります。

術後の経過

仕事復帰のタイミング

腱鞘炎 仕事復帰のタイミング

腱鞘切開術の場合、抜糸までに1週間から10日程度かかります。
この期間に傷口が開くような無理な動きをしないように気を付けましょう。
抜糸も終わり、リハビリも順調に進められているようなら、2~3週間程度で指を自由に動かせるようになってきます。
パソコンのキーボードやピアノ、ギターなどの指を細かく動かす動作は、これ以降になると思っておいた方がいいでしょう。

包帯は早めに取ろう

手術後1~2日は包帯を巻いて大事を取りますが、それ以降はガーゼをテープで止めたり、大きめのパッド付き絆創膏のようなものを貼ったりするケースが多くなっています。
傷口の感染予防と保護が目的なので、動きが制限され過ぎてしまうような包帯は、早めに取ってしまう方がリハビリもやりやすくなります。

手術後の運転

腱鞘炎 手術後の運転

手術後に病院から運転して帰ったという人もいますが、それは出来るだけ自宅が近い場合にしておいた方がいいでしょう。
局所とはいえ麻酔をかけるので、本来は公共の交通機関を利用するか、家族に運転を頼むようにするのがベターです。
また、手術後は包帯で巻かれているため、いつも通りに指や手を動かせるわけではありません。

このあたりのポイントも視野に入れて、安全な手段を取ることをお勧めします。
包帯が取れれば運転もしやすくなりますが、必ず医師に許可を得てから行うことが基本です。

ばね指の手術にリハビリは重要

ばね指を治すために手術を行う場合、既にかなり状態が悪くなっているレベルなので、長期に渡り指がしっかり曲がらないなどの運動制限がかかっていると思って間違いありません。
手術も大事ですが、それ以上にしっかりリハビリを行うことが重要です。

リハビリの目的

手術が必要なほどのばね指の場合、長期に渡り指の運動が制限されてきたので、腱や筋肉が弱くなっていることが考えられます。
また、術後だからと安静にし過ぎると、関節が動きにくくなってしまいます。

ばね指の手術後のリハビリは、関節の可動領域を少しずつ増やし、握力なども本来の状態に戻せるようにするのが目的です。

リハビリについて

腱鞘炎 リハビリについて

手術直後や手術当日は安静が必要ですが、手術の翌日からはリハビリをスタートさせましょう。
縫合した部分が開かない程度の軽い指の運動から始め、少しずつ普段の生活が取り戻せるようなレベルにしていきます。
手術後2週間目以降は積極的に指を動かし、筋力もつけていけるようにしましょう。

リハビリが必要な期間

腱鞘炎 リハビリが必要な期間

手術後の経過には年齢などによる個人差もありますが、リハビリには3ヶ月~半年程度は必要と言われています。
手術を行うレベルのばね指は、かなり重度な症状であることは間違いありません。
長期に渡って指の運動が制限されてきているため、それを改善するには気長に根気強くリハビリをすることが大切です。

手術のリスク、後遺症について

手術が失敗したら…

ばね指の手術は日帰りが可能なくらいなので、比較的難易度は高くない手術とされています。
しかし、手術となれば、どんなものでも100%安全ということはありません。
誤って近くにある神経や血管を傷付けてしまうケースもあり、その神経が支配している部分に障害が生じます。

滅多にはないことですが、手術にはそういったリスクがあることを覚悟しておく必要があります。

再発する可能性も

腱鞘炎 再発する可能性も

ばね指は手術後に再発することはほとんどないと言われています。
万が一再発した場合は、その指をよほど酷使しているか、何か別の原因が考えられます。

また、手術した以外の指がばね指になってしまう可能性はあるので、普段から指や手のマッサージやケアを怠らないようにすることが大切です。
指の使い過ぎにも十分に気を付けましょう。

後遺症は残るかも

重症の場合痛みが残ることも

腱鞘炎 重症の場合痛みが残ることも

ばね指の手術後1週間は、痛みや腫れで指を動かすことが苦痛に感じます。
2週間目頃からは痛みがあっても、積極的に指を動かすようにと指導されます。

回復が早いとされる親指では、術後1ヶ月程度で普通に動かせるようになります。
物を握る動作では術後半年くらいまでは痛みを感じるという人が多く、完全に痛みが消えるまでには1年近くかかることも少なくありません。

神経の損傷でしびれや知覚障害が生じることも

前述したように、ばね指の手術は難易度の高い手術ではありません。
しかし、どのような手術でも神経や血管を傷付けてしまう可能性は否定できません。

特に手術中に神経を損傷させてしまうと、指の麻痺やしびれなどの運動障害、知覚障害が残ると言われています。
この場合は自然に回復する場合もありますが、神経が断裂していると手術により縫合する必要が出てきます。

また、切開した傷口が上手く塞がらない、引きつれや突っ張った感覚が残るケースもあります。
これも滅多にないことではありますが、いつまでもこの感覚が残る場合は、治療が必要になってきます。

手術にかかる費用について

ばね指の手術の費用

腱鞘炎 ばね指の手術の費用

ばね指の手術費用は保険が適用されるため、3割負担の場合でだいたい7千円から1万円程度と思っておけばいいでしょう。
その内訳は

  • 手術費用
  • 麻酔費用
  • 検査費用
  • 薬の処方費用

などとなっています。
しかし、血液検査の内容にAIDS検査などの保険適用外のものが含まれると、費用がもっと高くなる可能性があります。
費用については事前に確認しておくといいでしょう。

生命保険・医療保険の給付金

ばね指の手術は日帰りの手術になることが多いので、生命保険や医療保険の保険金がどうなるのかが気になりますよね。
これは加入している保険の内容によって違いがあります。
入院しない日帰り手術でも給付の対象になる保険もありますが、そうでないものもあります。
まずは保険会社に問い合わせてみましょう。

労災の適応は要相談

腱鞘炎 労災の適応は要相談

仕事が原因でばね指になった場合、必ず労災と認定される訳ではありません。
まずは労働内容とばね指の関係性がはっきり立証できなければ、認定されることは難しくなります。

手術を受けるほどの重度の場合は認定される可能性も高いかもしれませんが、はっきりとした明確な基準がないため、難しい部分もあります。
労働基準監督署に相談してみるといいでしょう。

ばね指の手術をした人の体験談、ブログをご紹介

2度のステロイド注射薬投与、マッサージ等をしても効果が見られず、腱鞘切開術でしか治せない重度のばね指だった50代女性の手術体験談をご紹介します。

・病気と症状について
仕事柄、指を酷使してきたツケが50歳を過ぎてから出始め、だましだまし治療を先延ばしにしていましたがそれも限界となったため、職場近くの整形外科を受診しました。

診断の結果「ばね指」とのことでしたが、私の場合は指自体が曲がらないというかなり重症の部類でした。

・なぜ腱鞘切開術を選んだか
受診した時点でかなりの重傷だったため、2度のステロイド注射とマッサージでは効果が殆ど無く、完全に治すためにはオペしか選択肢がありませんでした。

・腱鞘切開術の効果について
実際のオペ時間は約20分、麻酔が効くまでの時間(30分強)の方が長いくらいであっという間に終わりました。

縫合は4箇所、少し攣った感じがして痛みが夕方に出ましたが薬で夜も寝ることが出来ました。

翌日は消毒、抜糸は10日後で少し出血しました。

抜糸後は引きつり感は無くなりましたが赤みがあるので火傷のような感じがのこり、何かの拍子に物が当たったりすると痛みが強かったです。

それも1ヶ月が過ぎるころには治まりました。

・治療期間
日帰りオペだったため入院はありませんでしたが抜糸まで10日間でした。

・治療に関する費用
保険が適用され3割負担で約1万円

・副作用について
ありませんでした。

・腱鞘炎を患っている方へのアドバイス
ばね指は女性に多いと云われている通り、母も妹もかかっていました。

安静にしていれば時期に治る方や、ステロイド注射で良くなる方もいらっしゃるようなので一概には言えませんが早めの受診をおすすめします。

私のように重症化(指自体が曲がらない)してからではオペ以外に治療は無いようです。

日帰りオペですが家事などが制限され、主婦にとってかなりの負担になりました。

引用元: www.c-notes.jp
腱鞘炎 ばね指の手術をした人の体験談、ブログをご紹介

次は2015年2月に受診し、ステロイド注射薬を2回投与。
経過観察したものの改善が見られなかったため、翌月に腱鞘切開術を行った30代女性の体験談です。

・病気と症状について
親指の第一関節に痛みを感じ出したのが始まり。
使い痛めかなとついそのままにしていたところ、その部分が曲がった状態から伸ばし辛くなり、ついに曲がった状態のまま固まり動かなくなってしまった。
診察して貰ったところ、腱鞘炎が重症化し、「ばね指」の状態になっていると言われた。

・なぜ腱鞘切開術を選んだか
この方法しか、治療が見込めなかった事と、一度治療すれば、その部分については再度ばね指になる事はないと言われた為。

・腱鞘切開術の効果について
術後は、止血状況や患部感染の有無の確認の為、2週間程の間に3回通院した。

術後はなるべく沢山その部分を動かすように言われ、始めはとても動かしにくかったが、段々馴染んで動かせるようになった。

一カ月後にはほぼ違和感なく過ごせるようになった。

・治療期間
消毒や止血剤投与等の通院治療に2週間程度。

・治療に関する費用
日帰り手術6500円

・副作用について
副作用は全くなし。

・腱鞘炎を患っている方へのアドバイス
腱鞘炎の中でも、「ばね指」の状態になると、注射で治療する事は難しいと言われたので、切開手術する事をお勧めします。

手術自体は1時間以内で済むものです。
軽度の腱鞘炎の場合は手術に至る事も少ないと思うので、痛みを覚えたら早めに治療する事が一番だと思いました。

引用元: www.c-notes.jp

次は不安や怖さをクリア出来そうな看護師さんの体験談です。

感じ方は人それぞれなので、安易に大丈夫とは言いませんが…
私は20代の頃にバネ指の手術をしました。

先生におまかせするしかなく、楽しく話をしている間に終わりました。

何より手術後症状がなくなり快適になったことの方が嬉しかったのを思い出しました。

私は看護師ですが、手術前後仕事を休まずにすみました。

多分それくらいの小さな手術です。

怖い怖いと思ってたのがバカらしくなりますよきっと。

引用元: cafe.cookpad.com

本来の指の動きを取り戻すために

腱鞘炎 本来の指の動きを取り戻すために

指や手を酷使している人に起きやすい「ばね指」。
ひどくならないうちに病院を受診して、早めに治療をすることが大切です。
重度になると手術が必要になりますが、それによって本来の動きを取り戻すことが出来ます。
医師の指示に従って積極的にリハビリを行い、普段から指のケアやマッサージを怠らないようにしましょう。

最終更新日: 2017-04-16

タグ:
腱鞘炎

記事に関するお問い合わせ

「腱鞘炎」に関する記事

腱鞘炎についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ
【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ

「手の病気・症状」に関する記事

手の病気・症状の記事は他にも多数!

腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
腕が上がらない!四十肩五十肩の原因、症状、治療を徹底解説
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
【画像付き】ばね指におすすめのサポーターと正しいテーピングの巻き方まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
ばね指はどうしたら治るの?原因・症状・治療方法まとめ
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
知っておきたい!突き指になった時の正しい応急処置と治療法
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介
腱鞘炎の原因や症状と対処法|サポーターや市販薬、治療法を詳しく紹介

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。