1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療情報・ニュース >
  3. 医療技術 >
  4. >
  5. 【写真・画像付き】いぼ痔の原因とは?手術以外の治療法や病院での治療法まとめ

【写真・画像付き】いぼ痔の原因とは?手術以外の治療法や病院での治療法まとめ

多くの人が悩んでいるですが、自分が痔かもしれないと思うと恥ずかしくて中々誰かに相談したり、受診しにくかったりしますよね。しかし、痔は放置しているとどんどん悪化していってしまいます。いぼ痔の原因の他にも、手術などの治療方法を紹介します。

痔核(いぼ痔)とは

痔 痔核(いぼ痔)とは
出典:www.ypod.info

痔には大きく分けて3種類あり、いぼ痔、切れ痔、痔ろうに分かれます。

中でもいぼ痔は名前の通りイボのような出来物が肛門に出来てしまう症状で、女性に多いとも言われており、場所によって名前が異なることも特徴です。

いぼ痔とは肛門にいぼ状のはれができること

痔 いぼ痔とは肛門にいぼ状のはれができること
出典:www.maruho.co.jp

先程述べたように、いぼ痔は肛門の当たりにイボ状の出来物が出来てしまうことを指します。

肛門には歯状線という肛門と直腸の境目のギザギザになっている場所を挟んで、直腸側に出来るのが内痔核(ないじかく)、肛門側に出来るのが外痔核(がいじかく)といいます。

いぼ痔は排便時のいきみが原因で、肛門付近に負担がかかって血行が悪くなり、毛細血管が集まっている静脈叢(じょうみゃくそう)がうっ血し、それが腫れ上がることで発生してしまいます。

内痔核と外痔核では同じいぼ痔に含まれますが、出来る場所が異なるために症状にも違いが出てきます。

いぼ痔の症状

痔 いぼ痔の症状

いぼ痔と行っても症状は内痔核、外痔核で異なってきます。
自分の痔がどのような症状があるか、当てはめてみる必要があります。

内痔核

痔 内痔核
痔 内痔核
出典:ankoh.jp

内痔核は歯状線の内側に出来るいぼ痔で、多くは排便時の負荷によって腫れあがり、イボができてしまいます。
内痔核はⅠ度~Ⅳ度まで症状が分かれており、Ⅰ度は初期でⅣ度は最も悪化した状態になります。

Ⅰ度の内痔核は見た目ではわかることはなく、排便時の出血などで初めてわかります。
といっても、出血自体も自然と止まってしまうので、あまり気にしないまま終えることがほとんどになります。

上の画像はⅠ度の内痔核の患者で、直腸内にイボが出来ています。
このときは、出血以外にあまり症状は出ませんが、中には違和感を感じる人も出てきます。

痔 内痔核

症状が進行していきⅡ度になると、排便時にいきむと脱肛という内痔核が肛門の外に出てきてしまう症状が現れてきます。
ですが、排便が終えると自然に戻ってしまうので、気がつくことがない人もいます。
しかしⅢ度になってくると、排便時に内痔核が出ると自然に戻ることはなく、指で押さないと内部に戻らなくなってきます。
こうなると、痔に気がつく人が多くなり、受診する人が出てきます。

内痔核が外側に出てくると痛みも感じるようになってきますし、内痔核が上手く戻らないとその部分の血流がどんどん悪くなっていってしまい、内痔核がうっ血してしまい腫れもひどくなっていってしまいます。

上の写真は、最もひどい状態のⅣ度の内痔核で、肛門の外に出たままになってしまい、指で押しても戻ることはありません。
Ⅳ度になると、下着に擦れて痛みを感じることがあったり、綺麗にしていても便が残っていたりするとかゆみを感じる場合もあります。

外痔核

痔 外痔核
痔 外痔核

外痔核とは歯状線よりも外側にイボが出来てしまった状態のことで、内痔核との違いは痛みを感じることがあることです。
内痔核は直腸側に出来ますが、直腸側には知覚神経がないために痛みを感じることがありません。

それに比べて、外痔核は肛門側の知覚神経が通っている場所にできるために痛みを感じます。
しかし、痛みは感じても出血することはあまりなく軽度であれば、上の画像のようなしこり状のいぼができてかゆみや痛みを感じますが、1週間程度で自然に治ることもあります。

ところが、中には外痔核が炎症を起こし血栓になってしまい、「血栓性外痔核」を発症することがあります。
こうなると、外痔核であっても血栓が破裂して出血を起こしてしまったり、激痛に苦しんだりすることになります。

出血があると切れ痔と区別しづらいかもしれませんが、切れ痔は痛みはない出血ですが、血栓性外痔核は激痛を伴う出血になります。
中には大量に出血する人もいます。

いぼ痔は女性に多い

いぼ痔は便秘やストレス等が原因となり、男性よりも女性の罹患率が高いのが特徴です。
いぼ痔、切れ痔、痔ろうの3種類の中で、いぼ痔が約60%の割合を占めていて、日本人の成人のうち3人に1人が痔の悩んでいるとされており、2011年の厚生労働省の調査によると、いぼ痔の患者数は11万6000人とされています。
隠している人、疑いがある人含めれば、実際の患者数はさらに多くなると考えられます。

痔とよばれる病気(病名ではありませんが)の中で、痔核(いぼ痔は)男女とも共通して60%近くを占めています。
ですので、痔の半分以上はいぼ痔だということですね!

引用元: www.ypod.info

日本人の成人の3人に1人が痔に悩んでいることになります

引用元: www.dr-hips.com

厚生労働省の調査(出典:「2011年度患者調査〔傷病分類編〕」)によると、2011年のいぼ痔の患者数は11万6000人、切れ痔・痔瘻の患者数は2万6000人と報告されている。

引用元: gooday.nikkei.co.jp

原因

痔 原因
出典:www.usamofu.com

いぼ痔は、排便時のいきみや便秘が代表的な原因として知られていますが、実は他にも多くの原因があります。

ストレス、疲労

痔 ストレス、疲労
出典:byoki-navi.com

ストレスは病気全般に影響しますが、もちろん痔にもストレスは関わってきます。

強いストレスを感じることで、免疫力を下げたり、血行を悪くしたりします。
そうなると、静脈叢でうっ血したり、細菌に感染したりするリスクが上がりますので、いぼ痔になる可能性があります。

ストレスを日頃から解消する方法を見つけておくと良いですね。

便秘、いきみ

痔 便秘、いきみ
出典:www.4109diet.com

排便時に強くいきむと、肛門周辺にとても負荷がかかります。
そうなると、うっ血してしまい腫れが起きてしまい、いぼ痔になることがあります。

排便時のいきみは便秘も関係しており、便秘になると排便に時間がかかってしまう結果、排便時にいきんでしまうという負のサイクルに入ってしまいます。

適度な運動をする、漢方薬を服用するなど、腸内環境を整えて便秘を解消することに努めましょう。

長時間同じ姿勢でいる

痔 長時間同じ姿勢でいる

仕事などで椅子に座ったまま長時間を過ごしていたり、逆に接客業などずっと立ちっぱなしだったりするような環境だと、血液の流れが悪くなって負荷をかけてしまいます。

仕事なので仕方ない部分もあるのですが、同じ姿勢で長時間いることはいぼ痔になるリスクを高めてしまいます。

場所を変えて少し歩いたり、屈伸運動をしたりするようにしましょう。

生活習慣の乱れ

痔 生活習慣の乱れ
出典:www.takeda.co.jp

私たちが毎日過ごしている中での習慣というのは、健康面に大きな影響を与えます。
睡眠不足であったり、過労、過度のアルコール摂取や喫煙は、あまり継続すべきではない習慣です。
血行不良を起こしてしまったり、免疫力を下げてしまったりするので、うっ血しやすくなってしまいます。

生活習慣はいぼ痔以外にも大きな病気の原因にもなりますので、出来る限り規則正しく生活をすることが大切です。

身体の冷え

痔 身体の冷え

女性に多いのが身体の冷えです。
最近は夏でもエアコンなど空調設備が整っていることが多く、慢性的に冷え症になっている人が多くいますが、冷えは血液の流れが悪くなっている状態ですのでうっ血しやすくなります。

そうなるといぼ痔になることがあります。

病院で行う治療について

痔 病院で行う治療について

痔になると、恥ずかしいかもしれませんが、早期治療を開始することが大切です。

早くに治療をすることで症状の悪化を防ぐ事が出来ますし、辛い状態が短くて済みます。

自分が痔かもしれないと感じた場合には、受診するようにしましょうね。

病院での診療科目

痔 病院での診療科目

いぼ痔になって、治療を行いたいと思った時に悩むのが、受診すべき診療科目ですよね。
近くにある病院と照らし合わせて、診療科目を受診するようにしましょう。

肛門科、または肛門外科で

痔 肛門科、または肛門外科で

痔を専門的に集まっているのは肛門科や肛門外科になります。
肛門科は本来外科の一分野になっていますが、外科の中でも専門的な治療が必要になってきますので、肛門専門外来が設けられていたり、外科の家内肛門専門医がいたりする病院もあります。

肛門科ときちんと設定されていなくても、肛門専門医がいたり肛門専門外来があったりする場合には、そちらを受診すると良いでしょう。

しかし、先程述べたように専門的な治療が必要になってきますので、肛門科や肛門専門医はあまり多くないのが現状です。
そうなると、かかりつけ医に最初に相談してみても良いでしょう。

肛門科がない場合

痔 肛門科がない場合

肛門科がない場合には、外科や消化器外科を受診しましょう。

外科や消化器外科などは、総合病院だとまず確実に設けられていますし、場所によっては個人病院でも専門的に開業されているところがあります。

特に出血がある場合には、早急に受診する必要があります。
排便時に鮮血ではなく黒っぽい血がついた便である場合には、胃などの不調や腫瘍といった可能性もあるので、消化器外科を受診しましょう。

妊娠中はかかりつけの産婦人科に

痔 妊娠中はかかりつけの産婦人科に
出典:woman.mynavi.jp

妊娠中や出産後にいぼ痔を発症する人も多くいます。
大きくなるお腹が肛門付近に負荷をかけてしまい便秘になりやすいので、いぼ痔になる危険もあります。

しかし、妊娠中などは体調が目まぐるしく変化していますので、最も体調を把握している婦人科を受診しましょう。
もしも産婦人科で対処しきれない場合には、肛門科などへ紹介状を書いてくれますので、まずは産婦人科にいってみましょう。

診察方法

痔 診察方法
出典:byoukiwakaru.com

いぼ痔の診察は問診から始まり、医師が直接肛門をみる視診、医師が手袋をして肛門周辺を調べる直腸・肛門診を行います。
その際に腫瘍があるか、便に血が混ざっていないかなど気になることがある場合には、肛門鏡検査や大腸内視鏡検査などを行うこともあります。

軽度の場合は保存療法で

痔 軽度の場合は保存療法で
出典:ameblo.jp

比較的いぼ痔が軽症や初期である場合には、保存療法を行うことが多くなります。
多くの場合、保存療法で改善されることがあります。

保存療法とは

保存療法とは、生活療法という生活習慣を改善することで、症状の緩和などを行うことと併行して薬物療法という薬による治療を行います。

保存療法は脱肛していないⅠ度~Ⅱ度のいぼ痔にのみ行うと症状を抑えることが出来ますが、Ⅲ度以上になると保存療法では難しくなります。

生活療法

痔 生活療法

生活療法とは生活習慣の見直しを行うことで、いぼ痔を悪化させないようにします。
例として、排便時間の見直しや食生活を整えたり、水分を多く摂ったりすることがあります。
生活をきちんと整えることで、症状を緩和することが期待できます。

薬物療法

痔 薬物療法

薬物療法とは、名前の通り薬を使用して症状を改善へ向かわせる治療法です。

使う薬は坐薬や外用薬で、他にも排便がスムーズに行くように便を柔らかくする軟便剤、軽い下剤などの内服薬を使用することもあります。

下剤の場合には、人によっては下痢の症状がきつく現れることがあるために、経過を観察しながら服用していきます。

完治するまでの期間

痔 完治するまでの期間

保存療法の場合、元々症状が軽度であるので、保存療法を行うことで2~3日で症状が緩和されていき、1週間ほどで痛みや出血などの症状はなくなります。

もちろん、初期であればあるほど治療期間も短くなりますので、早期に病院を受診するようにしましょう。

手術療法

痔 手術療法

いぼ痔がかなり進行していくと、手術によって治療を行います。
今は多様な種類の痔の手術がありますので、医師のしっかり相談した上で選ぶようにしましょう。

半導体レーザー

痔 半導体レーザー
出典:www.dr-hips.com

半導体レーザーとは新しい治療法で、日本では2001年に承認された治療方法です。
この治療方法は半導体レーザーのエネルギーを吸収しやすい、ICGとい薬剤を注射した後にレーザーを照射して、痔核自体を小さくさせます。

小さな痔核で出っぱりがあるいぼ痔には効果的ですが、再発率が高かったり、他の治療方法でさらに効果が高い方法が出てきたりしたので、選択されることは少なくなりました。

局所麻酔で行うことが出来、入院期間も5日程度で済みますし、手術後の痛みは少なくなります。

PPH手術

痔 PPH手術

PPH療法とは専用の機械を使用して、内痔核直上の粘膜を全周囲切除するとともに、同時に縫い合わせていきます。

最大の特徴としては、肛門内部でのみ使用するために手術後の痛みが少なく、日帰りで行うことが出来ます。

方法としては、局所麻酔を行い、専用の機械を肛門内に挿入し内痔の粘膜を切除し、自動的に縫合をします。
大きな切除が可能なので、Ⅲ度異常の重症の痔でも効果があり、さらに手術時間もかなり短くすみます。

残念ながら、保険適用にならないので手術費用は自費になります。
(費用については後述します)

硬化療法

痔 硬化療法

硬化療法とはALTA療法とも言われ、痔核そのものに直接薬剤が入った注射を行い、痔核そのものを小さくする手術になります。
進行したⅢ度以上の内痔核にも効果があり、手術時間5分程度で済むことから日帰りで行うことが出来ます。
内痔核に注射をするので痛み自体はありませんし、最近注目されている新しい治療方法です。

治療方法としては、肛門鏡を挿入した後、内痔核に4ヶ所注射する四段階注射法を行って薬剤を充分に浸透させます。

注射後は1時間程度は安静にしておく必要がありますが、その後1週間頃から痔核は縮小していきます。
とても効果的な治療方法ですが、メリットばかりではなく、まだ10年程度しか治療を行っていないので、再発率や合併症などは不明になっています。

ゴム輪結索療法

痔 ゴム輪結索療法

ゴム輪結索療法とは、痔核にゴム輪結索器を引っ掛けて痔核の根本を縛り、痔核を小さくした後に自然に壊死して脱落させる方法で、こちらも日帰りで行うことが出来ます。

この方法に適用される痔核は、小さくで出っぱりがあることが限定され、大きな痔核などには行うことが出来ません。
麻酔をせずに行うことが出来ますが、痔核が脱落する際に出血したり、新しい皮膚が形成されていない場合には、入院しての手術が必要になったりすることがあります。

痔核切除手術

痔 痔核切除手術

痔核切除手術とは、硬化療法などでも効果が見られない場合や、出血がひどかったり、あまりにも大きな痔核になったりしている場合に選択される方法です。
名前の通り下半身麻酔をした後に肛門の淵から、外痔核、内痔核と切除して、奥から縫合して行く手術で、手術時間も1時間程度かかることがあります。

約1週間入院しますが、術後に大量出血してしまう晩期出血が起きる可能性があるために、経過観察は慎重に行う必要があります。

手術後の痛みは強く出ますが、痛み止めを服用しますので、我慢できないほどの痛みになることはありません。

手術にかかる治療費

痔 手術にかかる治療費

いぼ痔の手術は保険適用になるかどうかがポイントになり、入院するかどうかでも費用の差が出てきます。

PPH療法 約2万円~3万円(1泊入院の場合には5万円~6万円程度)
硬化療法 約2万5,000円
ゴム輪結索療法 約6,000円~1万円
痔核切除術 約7万~10万円

入院の手術の場合には個室寮や食事などによっても値段が変わってきますので、あくまでも参考程度になりますが、日帰り手術の場合にはこのような値段になります。

それぞれ手術方法にもメリットがあったり、手術できる痔核が異なってきますので、自分の痔核や予算にあった方法を医師と相談するようにしてくださいね。

いぼ痔は繰り返し

痔 いぼ痔は繰り返し
出典:scramblenet.com

いぼ痔は手術によって切除したり小さくしてなくしたりすることは可能ですが、再発するリスクも十分にあります。

特に生活習慣が原因となっているので、その原因となる習慣や生活習慣そのものを改善していかないと、いくら治療を行っても再発してしまいます。

いぼ痔の治療を行った際には、再発しないように生活習慣も整えていくように心掛ける必要があります。

いぼ痔の再発率

痔 いぼ痔の再発率
出典:www.affibet.com

いぼ痔の再発率は、治療後の生活で変わってきます。

PPH療法や痔核切除術の場合には完全に取り除いてしまうので、再発の可能性は低くなります。
硬化療法やゴム輪結索療法などは、術後も術前と同じような生活を繰り返していると、再発する可能性は高くなってきます。

本来いぼ痔は生活習慣が大きく関わってきますので、生活習慣を改めることが1番再発を防ぐことが出来ます。

繰り返さないためには

痔 繰り返さないためには
出典:genxnotes.com

再発を繰り返さないためには、まず生活習慣を見直して改めることが大切です。
生活習慣を改めると行っても、具体的には

  • 水分や食物繊維の多い食事をする
  • 閉弁時に強くいきまないようにする
  • ストレスを溜めないようにする
  • 肛門を清潔に保つ

といったよう改善が大切になってきます。
1度いぼ痔になっている人は、術後も繰り返しなる可能性があります。
そのためには、術後は生活習慣により注意を払って生活をする必要があります。

いぼ痔は自分で治せる

痔 いぼ痔は自分で治せる

いぼ痔は、早期であれば自分で治すことも可能です。
進行したⅢ度以上であれば病院を受診して治療することを勧めますが、早期であれば生活習慣の改善などで緩和することが出来ます。

しかし、悪化するリスクもありますので、少しでも痔が悪化したと感じたらすぐに受診するようにしましょう。

生活習慣の改善は再発防止にも大切

痔 生活習慣の改善は再発防止にも大切
出典:www.kouseiren.jp

先程も述べたように、いぼ痔は生活習慣が関わっています。
自分の生活習慣を見直すことでいぼ痔になるリスクを下げたり、いぼ痔の症状を緩和したりすることが出来ます。

生活習慣の見直しと言っても、運動を心掛けたり、睡眠をしっかりとったりするようにし、食事も閉弁をスムーズに行えるように食物繊維などを多く摂るようにしたりなど、自分で行うことが出来るものばかりです。

1度自分の生活を見直して、いぼ痔の原因となる可能性がある習慣は、できるだけ改善するようにしましょう。

肛門を清潔に保つ

痔 肛門を清潔に保つ

肛門周辺の清潔を保つことは、いぼ痔だけでなく痔全般の症状を緩和するのに大切になります。
排便時に紙で拭くと、便が拭いきれていなかったり、汚れを広げてしまったりする恐れがあるので、極力ウォシュレットを使うようにしましょう。
ウォシュレットは水で肛門を洗浄してくれますので、紙で拭くよりも清潔になります。

しかし、ウォシュレット自体も日頃から洗浄して清潔にしておかないといけません。
意外にもウォシュレットは汚れていることがあるので、ウォシュレット自体も清潔にしておきましょうね。
また、水圧が強すぎるとかえって刺激になることがあるので、水圧はきつくしすぎないようにしましょう。

食生活を改善し、便秘を予防

痔 食生活を改善し、便秘を予防

便秘や下痢は痔の原因となるので、排便がスムーズに行えるということは、痔を悪化させないためにも大切になってきます。
排便をスムーズにするために食生活の改善は必須で、食物繊維を多く摂取したり、温かい汁物を飲んで水分を多く摂るようにしたり、油ものや糖類を控えるようにしましょう。
野菜中心の和食を心掛けましょう。

ストレッチをする

痔 ストレッチをする
出典:r-yakuzaishi.net

仕事をしている人は、一日中同じ姿勢でいることが多くなります。
そうなると、肛門周辺に負荷がかかってしまい、痔が悪化してしまいます。

同じ姿勢でいるときは、少し時間を見つけてストレッチをしてみましょう。
ストレッチと言っても、座りっぱなしでいる人は立ち上がって腕や体を伸ばしてみる程度でも大丈夫です。

自分の出来る範囲で、ストレッチすることで血行が良くなりうっ血が緩和され、いぼ痔も改善することがあります。

肛門周辺の血行を良くする

痔 肛門周辺の血行を良くする
出典:josei-bigaku.jp

体の血行が悪いと痔を悪化させてしまいます。
そのためにも、体や特に肛門周辺を温めることでうっ血が緩和され、血の巡りを良くすることが大切です。
いつもシャワーだけで済ませている場合には、湯舟にお湯をためてゆっくりと浸かり、全身が温まるようにしましょう。

いぼ痔に使える市販薬

痔 いぼ痔に使える市販薬
出典:www.siruzou.jp

市販薬は病院に行かずとも、薬局で自分の好きな時間に購入することが出来るので便利ですよね。
病院に行くことが1番良いですが、軽度であったり、時間が中々割くことが出来なかったりする人は、まずは市販薬で治療を試してみましょう。

塗り薬、軟膏

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

【指定第2類医薬品】プリザエース軟膏 15g

798円

◆プリザエース軟膏は、つらい痛み・急な出血の痔に、痛みをおさえるリドカイン、
出血をおさえる塩酸テトラヒドロゾリン、炎症をおさえるヒドロコルチゾン酢酸エ
ステルなどの有効成分が作用し、すぐれた効果を発揮します。
◆スーッとする心地良い使用感です。

サイトで購入
【指定第2類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×10

【指定第2類医薬品】ボラギノールA注入軟膏 2g×10

1,091円

1.4種の成分がはたらいて、痔による痛み・出血・はれ・かゆみにすぐれた効果を
発揮します。
●プレドニゾロン酢酸エステルが出血、はれ、かゆみをおさえ、リドカインが痛
み、かゆみをしずめます。
●アラントインが傷の治りをたすけ組織を修復するとともに、ビタミンE酢酸エ
ステルが血液循環を改善し、痔の症状の緩和をたすけます。

2.肛門内部・外部の痔に使用できる携帯に便利な痔疾用薬です。
●患部や薬剤に直接手を触れず衛生的に注入できます。

サイトで購入

いぼ痔を始め、痔には多くの市販薬が出ています。
特に軟膏や塗薬は、痔に直接塗ることが出来ますし、注入軟膏は内痔核にも直接成分を届けることが出来ますので、痔核が出ていない軽度の場合でも充分効果があります。
他にも坐薬などもありますので、薬剤師に相談した上で自分にあった市販薬を選ぶようにしましょう。

痛みが強いときは痛み止めを

【指定第2類医薬品】バファリンプレミアム 40錠

【指定第2類医薬品】バファリンプレミアム 40錠

1,091円

BUFFERIN プレミアム処方
頭痛によく効く4つの成分※1
クイックアタック錠※2
胃を守る成分
飲みやすい 小粒の錠剤
※1効果・効能は、頭痛・熱など。
※2イブプロフェンを速く溶かします。

サイトで購入

痛みがあまりにも強い場合には、痛み止めを服用しましょう。
痛み止めはロキソニンなど病院で処方してもらうのが効き目が1番ありますが、市販薬でも痛み止めは効果が十分にあります。
しかし、妊娠中や授乳中、持病がある人は自己判断で購入するのではなく、薬剤師か医師に相談した上で購入するようにしましょう。

漢方薬

体質改善を主する漢方薬も、いぼ痔の改善に効果があります。
血行不良が原因となるので、血行を改善してあげることでいぼ痔の改善になることがあります。

痔 漢方薬
出典:waka-hage.com

乙字湯

【第2類医薬品】ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒 24包

【第2類医薬品】ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒 24包

2,063円

「乙字湯」は、『原南陽』という日本の漢方医が考案した漢方薬で、大便がかたく便
秘ぎみの方の「いぼ痔」、「きれ痔」に用いられています。
『ツムラ漢方乙字湯エキス顆粒』は、「乙字湯」から抽出したエキスより製した服用
しやすい顆粒です。

サイトで購入

乙字湯(おつじとう)は便が硬かったり、便秘気味だったりする人に効果がある漢方で、体力がある人に効果があります。
いぼ痔だけでなく、切れ痔や軽度の脱肛にも効き目があるとされています。

調胃承気湯

【第2類医薬品】調胃承気湯 エキス細粒86 2.0g×30包

【第2類医薬品】調胃承気湯 エキス細粒86 2.0g×30包

1,600円

本方は胃腸を整え、胃腸の働きを良くする働きがあり、食欲があるのに大便がすっきり

出ないというタイプの便秘に用いるとよく奏効します。

サイトで購入

調胃承気湯(ちょういじょうきとう)とは、慢性的な便秘や、お腹の張りなどに効果があり、排便時のいきみなどが原因となるいぼ痔には排便を良くするために効果があります。

最終更新日: 2017-04-16

タグ:
痔核 痔瘻(肛門周囲膿瘍)

記事に関するお問い合わせ

「痔」に関する記事

痔についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
【画像付き】切れ痔の放置は危険?悪化すると手術になる!?
妊婦や産後の切れ痔の対策まとめ!入浴方法や食事、効果的なツボとは
妊婦や産後の切れ痔の対策まとめ!入浴方法や食事、効果的なツボとは
痔の治し方とは?手術や薬など治療法について詳しくご紹介!
痔の治し方とは?手術や薬など治療法について詳しくご紹介!

「医療技術」に関する記事

医療技術の記事は他にも多数!

"てんかん"って運転できないの?~法律で決められた規制と運転免許の発行は?
"てんかん"って運転できないの?~法律で決められた規制と運転免許の発行は?
霰粒腫(ものもらい)の手術とは?術後の傷跡は?画像付きで徹底解明
霰粒腫(ものもらい)の手術とは?術後の傷跡は?画像付きで徹底解明
乳がんのホルモン治療~副作用はあるの?妊娠は可能?体重が増加するって本当?
乳がんのホルモン治療~副作用はあるの?妊娠は可能?体重が増加するって本当?

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。