1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 内臓の病気・症状 >
  4. ストレス >
  5. 生理不順の原因~生活習慣やストレスに要注意!知っておきたい意外な原因とは?

生理不順の原因~生活習慣やストレスに要注意!知っておきたい意外な原因とは?

「生理不順は体質だから…」と諦めてしまっていませんか?生理不順は放置すると不妊になることもあります。生活習慣を整えることなどは基本中の基本ですが、中には意外な原因が隠れていることも…。ここでは生理不順の原因について詳しくご紹介します。

生理不順とは

遅い?早い?どこからが異常!?生理の周期や期間に注目

ストレス 遅い?早い?どこからが異常!?生理の周期や期間に注目

そもそも生理の正常な周期とは、どれくらいなのでしょうか。
月経周期とは、生理が始まった日から次の生理が始まるまでの日数を指します。
その期間が25日以上38日以内であれば正常な月経周期と言われています。

「月2回来る」など周期が短い頻発月経

正常な月経周期に対し、24日以内と周期が短いものを頻発月経と呼んでいます。
黄体ホルモンの分泌が不十分で、黄体機能不全であることも考えられます。
黄体ホルモンが不足すると子宮内膜が成熟しきれず、妊娠しにくかったり流産を起こしやすくなったりします。

「2ヶ月来ない」「半年に一度」はすぐ受診を

月経周期が39日以上も空く長い周期を稀発月経と言います。
卵巣の働きが不十分で、ホルモンの分泌が悪いことが原因とされています。
「2ヶ月以上来ない」「半年に一度」などという場合は、出来るだけ早く婦人科を受診しましょう。

また、稀発月経では無排卵月経になっているケースもあります。
ホルモンバランスだけではなく、排卵があるかどうかも確認しておいたほうがいいでしょう。

年代別や時期別にみる生理不順の原因

年代別に見る生理不順の原因

10代~中学生、高校生

ストレス 10代~中学生、高校生

中学生や高校生といった10代の頃の生理不順は、まだ体が十分に発達していることが原因とされています。
身体的・精神的なストレス、睡眠不足や偏った食事、間違ったダイエットなどで生活習慣が乱れると、ホルモンバランスが安定せず、卵子の成長が妨げられて月経周期が不安定になります。

低体重や肥満、子宮や卵巣の疾患が原因という可能性もありますが、この年代ではストレスや生活習慣の乱れが生理不順の原因となっている場合が多くなっています。

20代~大学生

20代は環境の変化が著しい年代です。
大学生や専門学校生から就職、仕事のストレス、結婚や出産といったライフイベントを経験する人もいるでしょう。

ストレスが原因になり、ホルモンバランスが乱れ、生理不順に繋がります。
これらに加え忙しいからと食生活が乱れたり、睡眠不足などが続いたりすると、月経周期が不安定になります。

30代

30代の生理不順は、働き盛りによる睡眠不足や食生活バランスの悪さによる生活習慣の乱れ、妊娠・出産・育児などが原因に挙げられます。
夫婦共働きが当たり前と言われるようになった現在、妊娠・出産・子育てと仕事の両立は、大きなストレスにも繋がります。

出産を経験することにより、生理が安定・痛みなどが軽くなったというケースもありますが、逆のケースも少なくありません。
妊娠を望む人で生理不順が見られる場合は、出来るだけ早く婦人科を受診するようにしましょう。

40代

ストレス 40代

個人差があることなので一概には言えませんが、40歳を過ぎると卵巣の機能が低下し、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急激に減少します。
これによってホルモンバランスに乱れが生じ、心身にあらゆる不調を来すのが更年期障害です。
閉経が近付いてくる40代の後半には、月経周期や経血量にバラつきが見られるようになります。

時期別に見る生理不順の原因とは

思春期(処女)

思春期の生理不順の場合、体の未発達が原因であることが考えられます。
睡眠不足や偏った食事、勉強や交友関係のストレスなどは、ホルモンバランスの乱れに繋がります。

また、性交の経験がある場合は妊娠や性交で移る病気などを疑う必要がありますが、ない場合(いわゆる処女)はそれらを疑う必要がなくなります。
思春期の精神的・身体的の悩みを専門に扱う思春期外来で診察・治療を行うこともあります。

中絶後

中絶後の生理不順は、ホルモンバランスの乱れが原因と言われています。
また、中絶という行為が身体的・精神的に大きなダメージとなり、それが生理不順に拍車をかけてしまう場合もあります。

まずは心身を十分に休めて、そのダメージを 少しずつ軽減していくことが重要です。
個人差はありますが、中絶後に生理が再開するまでの日数は、一般的に30~50日かかるとされています。

出産後

ストレス 出産後

出産後に生理不順になるケースは珍しくありません。

授乳
・ホルモンバランスの乱れ
ストレス
・栄養の偏り
・睡眠不足

などが原因に挙げられます。
母乳育児の場合でも産後8ヶ月ぐらいまでには生理が再開する人が多く、「1年経過しても生理が再開しない」または「断乳後3ヶ月経っても生理が来ない」という場合は、婦人科を受診した方がいいでしょう。

更年期

更年期とは、閉経を挟んだ前後10年程度の期間を指します。
閉経の年齢は個人差がありますが、50歳前後が一番多いと言われています。

40代半ば頃になると卵巣の機能が衰え、女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が急速に減少します。
これにより心身にあらゆる不快な症状をもたらし、生理不順もその症状のひとつに挙げられています。

原因不明の生理不順はストレスかも

ストレスと生理の関係

ストレス ストレスと生理の関係

生理不順は、ホルモンバランスの乱れが原因になっていることが多いとされています。
これらのホルモンの分泌を促しているのは、脳にある視床下部。
この視床下部では生命を維持するために、重要な自律神経の働きもコントロールしています。

自律神経はストレスによってそのバランスが崩れてしまうことがあるため、ホルモンの分泌にも悪影響を与えると言われています。
ストレスと生理不順は、密接な関係にあると言っても過言ではありません。

ストレスになりうることとは?

ひとくちにストレスといっても様々なものがあります。

・対人関係
・就職や進学、結婚、出産、転居などの環境の変化
・仕事、家事、子育て、介護
・病気やケガなどの体調不良
・緊張や恐怖、不安、焦燥感
・大切な人との別れ
・睡眠不足や栄養不足
・運動不足

など、ストレスの感じ方は人それぞれです。
ストレスを溜めないようにするには、出来るだけ十分な休養や睡眠、スポーツや趣味など好きなことでリフレッシュすることが大切です。

生理不順と栄養の関係

食生活の乱れに要注意

生理不順を起こしやすい食べ物

ストレス 生理不順を起こしやすい食べ物

生理不順は特定の食べ物が原因になることはありませんが、栄養バランスを考えた食事を心がけることが大切です。
脂っこい物ばかりを食べていると、血液がドロドロになり、血行が悪くなります。
血行の悪化は冷えを招くので、生理不順や頭痛自律神経失調症なども引き起こしやすくなります。

野菜や大豆製品、魚介類や水分も積極的に摂り、血行をスムーズにし、出来るだけ体を冷やさないように気を付けましょう。

ダイエットだけでなく食べ過ぎもNG

過度なダイエットは栄養バランスが維持できないため、栄養失調から血流も悪化します。
これはもちろん生理不順に繋がってしまうのですが、実は食べ過ぎもNG。

生理不順は暴飲暴食やアルコール・刺激物の摂り過ぎも原因に挙げられています。
これらは少なからず体にダメージを与えて、疲労や倦怠感を引き起こすため、生理不順を招きやすいのです。

栄養をフォローするサプリ

仕事や家事、子育てに忙しいと、食事だけで栄養バランスをコントロールすることは難しいもの。

そんなときに利用したいのがサプリメント。
特定の栄養分をフォローする物から、様々な栄養素を兼ね備えた物まで、たくさんの種類があります。
ドラッグストアや通販などで手軽に購入出来るため、続けやすいというメリットもあります。

自分ではなかなか摂取しにくい栄養素や、不足していると思われる物は、こういったサプリでフォローすることもオススメです。

生理や生理不順のときに起きる様々な症状

消化器系の症状

ストレス 消化器系の症状

胃の痛みや吐き気

胃を始めとして、腸や食道などの消化器系の臓器は、ストレスに弱い傾向があります。
胃の痛みや不快感、それに伴う吐き気は、ストレスが原因になっていることが少なくありません。
ストレスは生理不順を招く原因にもなります。

生理前の胃の症状は女性ホルモン「プロゲステロン」の分泌量が増えることが原因かも知れません。
このプロゲステロンは子宮の働きを抑えると同時に、胃腸の動きも抑制してしまいます。
症状がひどい場合は、一度医療機関を受診した方がいいでしょう。

下痢や便秘

前述したように、ストレスは消化器系の臓器に大きなダメージを与えます。
当然、腸の働きにも悪影響を与えるため、下痢や便秘といった症状を起こしやすくなります。

生理前、生理中、生理不順といったように限られたシーンでの症状ではありますが、それが更なるストレスを招いてしまうこともあります。
市販の整腸剤などの服用で効果が見られない場合は、医療機関を受診した方がいいでしょう。

痛みや熱

ストレス 痛みや熱

下腹部痛

生理中はもちろんですが、「生理でなくても下腹部痛がある」「不正出血が見られる」という場合は子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣腫瘍などの可能性があります。

子宮がん検診も兼ねて、定期的に婦人科で診てもらうようにしましょう。

頭痛

生理不順はホルモンのバランスの乱れが原因。
女性ホルモン「エストロゲン」の分泌が減少すると、脳内にあるセロトニンの分泌にも影響を及ぼし血管が拡張、片頭痛の原因になります。

また、生理不順によるストレスも頭痛を引き起こしやすくするので、早めに婦人科を受診し適切な治療を受けるようにしましょう。

腰痛

生理が始まると腰痛がひどくなるという人も少なくありませんが、生理不順の場合でも腰痛が見られることもあります。
下腹部痛と腰痛が続く時は、子宮筋腫や子宮内膜症といった疾患が隠れているかも知れません。
体を冷やさないように心がけ、疲れを溜めないようにすることが大切です。

胃痛

ストレス 胃痛

生理不順が続くとストレスがたまりがち。
ストレスに弱い胃は、すぐにダメージを受けやすくなります。
これにより胃痛や胃部不快感、吐き気などが見られることもあります。

ストレスはホルモンバランスを乱す原因にもなります。
十分な睡眠や休養、スポーツや趣味などでストレスを溜めないように心がけましょう。

高熱や微熱

生理不順に下腹部痛や発熱といった症状を伴う場合は、卵巣炎や卵管炎、子宮内膜症、子宮頸管炎などの疾患が考えられます。
できるだけ早く婦人科を受診し、炎症を抑える治療が必要です。

これとは別に、自律神経の乱れが原因になっていることも考えられます。
また、更年期でも生理不順や一時的な発熱が見られる場合があります。

こんな症状も…

睡眠不足

生理不順の人の場合、慢性的な睡眠不足になっていることが少なくありません。
睡眠不足になると疲労が蓄積され、心身に様々な不調が見られるようになります。
ホルモンバランスが乱れ、ストレスも溜まることから、生理不順を招きやすくなります。

疲れ、倦怠感

ストレス 疲れ、倦怠感

生理不順の人は睡眠不足の人が多いと前述しましたが、睡眠が十分に取れないため疲労が蓄積しやすくなります。
いつまでも疲れが取れない、疲れやすい、倦怠感が続くなどの症状が見られます。
これらの症状はホルモンバランスの乱れに繋がり、更なる生理不順を招くため、早めに改善するように心がけましょう。

むくみや冷え、貧血

生理不順の人は、血行が悪く冷え症というケースが少なくありません。
血行が悪くなると体の冷えだけでなく、むくみを引き起こすこともあります。

また、鉄欠乏貧血の場合、体全体が酸素不足になり、女性ホルモンの分泌にも異状を来します。
これが生理不順に繋がるため、貧血を放置しないことが大切です。

ニキビや肌荒れ

生理不順の原因であるホルモンバランスの乱れ。
これは肌の新陳代謝も悪くするため、肌荒れやニキビなどの肌トラブルを起こしやすくなります。

また、睡眠不足や栄養の偏りもお肌に良くありません。
生理不順を改善すること=肌トラブルの予防に繋がるのです。

生理不順~こんなことが原因かも!

嗜好品や薬が原因?

喫煙・禁煙が与える影響

ストレス 喫煙禁煙が与える影響

タバコに含まれるニコチンは血管を収縮させるため、冷えや体温の低下にも繋がります。
更に女性ホルモンの分泌を抑制する作用もあるので、これらが生理不順の原因になります。
禁煙をすることで、少しずつ生理不順が改善される可能性があります。

飲酒はNG?アルコールとの関係とは

飲酒と生理不順は「関係ある」という意見と「関係なし」という意見の両方があります。
しかし、過度の飲酒が体に良くないことは間違いありません。

体へのダメージはホルモンバランスにも悪影響を与えます。
適度な量を守るように心がけましょう。

意外!豆乳やカフェインで生理不順に?

豆乳に含まれる大豆イソフラボンは、女性ホルモン「エストロゲン」と似た働きをします。
更年期の場合では、ホルモンバランスの維持に役立つとされていますが、摂り過ぎるとホルモンバランスに乱れを生じさせてしまう可能性があります。
これが生理不順に繋がることもあるので注意が必要です。

特に子宮筋腫のある人は、症状を悪化させてしまうことがあるので、気を付けましょう。
また、カフェインを摂り過ぎると血流が悪くなり、生理不順を引き起こすと言われています。

ガスター10の服用に注意

ストレス ガスター10の服用に注意

胃酸の分泌を強力に抑え、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の治療に使われるガスター10。
効果のある薬には副作用も付き物ですが、この中には生理不順も含まれています。
薬を服用する際には、副作用にも注意を払うことを忘れないようにしましょう。

生理痛の薬が原因かも

生理痛の薬にはいろいろな種類がありますが、子宮の収縮を抑える作用がある薬では経血量の異常や生理不順が見られることもあります。
ただやみくもに服用するのではなく、生活習慣の見直しや、婦人科を受診して痛みの原因を調べてもらうことが大切です。

激しい運動が原因になることも…スポーツ選手に多い生理不順

激しい運動をすることで体重が減少、また疲労も蓄積されると生理不順を起こしやすくなります。
特に日頃からきついトレーニングを行うスポーツ選手に多いと言われています。
生理不順だけでなく、ひどくなると無月経になってしまい、エストロゲンが減少。
骨密度が低下し、疲労骨折などを起こしやすくなります。

自律神経の乱れ~脳と女性ホルモン分泌の仕組み

女性ホルモンの分泌をコントロールしているのは、脳にある視床下部と前述しました。
ホルモンの分泌が正常に行われないと、同じ視床下部に中枢を置いている自律神経のバランスも乱れてしまいます。

そうなると心身にあらゆる不調を来すことがあるので、日頃から生活習慣を整え、体を温めて血行を良くするなどの予防策を取るように心がけましょう。

恋や性交と生理の関係

ストレス 恋や性交と生理の関係

恋や彼氏との性交により、女性ホルモンが活性化されるという説があります。
ときめきや快感はエストロゲンの分泌を促し、生理不順の改善に繋がる可能性もあると言われています。

逆に恋愛がストレスになってしまっている場合は、ホルモンバランスが乱れ、生理不順の原因になります。

ダイエットや肥満はNG 体重管理も大切

過度なダイエット、また暴飲暴食や肥満といった症状は、少なからず体にダメージを与えます。
体のダメージはホルモンバランスやホルモン分泌の乱れに繋がり、生理不順の原因になります。
体重管理も、生理不順を改善するために必要不可欠なことと言えるでしょう。

授乳期や妊娠以外の生理不順は婦人科へ

血液検査で分かること

ストレス 血液検査で分かること

生理不順や更年期、無月経・無排卵の人などに行われる血液検査。
血液検査ではホルモンの値を測定、適切な治療へと繋げていきます。

・エストロゲン
・プロゲステロン
・FSH(卵胞刺激ホルモン)
・LH(黄体形成ホルモン)
・プロラクチン

などの検査が行われます。

生理不順に関係するホルモンバランス

エストロゲンの分泌が重要

卵巣の機能が低下するとエストロゲンの分泌が減少します。
エストロゲンの減少は、生理不順や無月経などを引き起こすだけではなく、自律神経や感情、骨や肌などの維持にも大きく関わっています。

また、寝不足などで疲れが蓄積したり、体調が不安定になったりすると、エストロゲンの分泌にも悪影響を及ぼすと言われています。

ピルの影響 アフターピルが生理不順の原因に?

ストレス ピルの影響 アフターピルが生理不順の原因に?

緊急避妊薬と知られているアフターピル。
排卵前や排卵期に服用すると、予定日より早めに生理が来る傾向にあります。
アフターピルは妊娠を防ぐために排卵をさせない、もしくは遅らせるという作用があります。
これにより一時的ではありますがホルモンのバランスが乱れるため、生理不順になりやすいのです。

甲状腺ホルモンとの関係

甲状腺で作られる甲状腺ホルモンは過剰に分泌されても、逆に分泌量が少なくても卵巣の働きを妨げてしまいます。
甲状腺疾患の代表とされる甲状腺機能亢進症や甲状腺機能低下症は、生理不順の原因になります。

甲状腺機能亢進症の場合は、月経量が少ない過小月経で、月経周期が長くなり無月経になることがあります。
甲状腺機能低下症の場合、卵胞がしっかり育たなくなるため排卵も不安定になり、生理周期に影響を与えると言われています。

性病で生理不順も起こる場合も

淋病やクラミジアといった性病に感染すると、子宮や卵管などに炎症を来し、生理不順が起きると言われています。
これらを放置すると不妊症や、妊娠しても母子感染などを起こす可能性があるので、出来るだけ早く治療することが大切です。

不妊症

ストレス 不妊症

生理不順の場合、中には無排卵月経や子宮や卵巣のトラブルを抱えている可能性があります。
そのままにしておくと妊娠しにくい体になってしまい、不妊症の治療が必要になってきます。
「今」だけを見るのではなく、将来の妊娠や健康にも目を向けて、生理不順を放置しないようにしましょう。

卵巣の機能低下

卵巣の機能が低下すると、女性ホルモンエストロゲンの分泌も減少します。
更年期に多い症状ですが、エストロゲンの分泌が減少することで

・生理不順
・無月経
・不妊
・不眠
・骨密度の低下
・肌荒れ
・情緒不安定

など心身の不調が現れやすくなります。

骨盤の歪みが与える影響

骨盤の中には子宮や卵巣を始め、腸や膀胱などの臓器も入っています。
骨盤が歪むとこれらの内臓が圧迫され、血液や栄養が十分に行き届かなくなったり、神経機能に異常が見られたりといった症状が現れます。
それにより女性ホルモンのバランスが乱れ、生理不順や月経前症候群などを招くと言われています。

女性の場合、妊娠や出産で骨盤の歪みを生じてしまうことが多いため、特に気を付けておく必要があります。

高温期の期間で分かること

基礎体温は

・生理初日~排卵日の低温期
・排卵日~生理前日の高温期

に分かれています。
排卵が境い目となっており、プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が増えることにより高温期に切り替わります。
その期間は2週間前後ですが、妊娠するとプロゲステロンの分泌が継続されて高温期が続きます。

妊娠でない場合は

・ストレス
・体調不良
・子宮内膜症

などによる生理不順も考えられます。

生理じゃなくて不正出血かも

ストレス 生理じゃなくて不正出血かも

不安定な出血量が見られたり生理不順の人の場合は、生理ではなく不正出血というケースも考えられます。
不正出血の原因になる疾患には、次のようなものがあります。

・子宮筋腫
・子宮内膜症
・子宮がん
・子宮頸管ポリープ
・卵巣機能不全
・子宮膣部びらん

生活習慣の見直しでも改善しない、生理不順が続く場合は早めに婦人科を受診することをおすすめします。

最終更新日: 2017-04-16

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「内臓の病気・症状」に関する記事

内臓の病気・症状の記事は他にも多数!

脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
脱肛の原因と治し方とは?薬で治したいけど手術は必要?
多嚢胞性卵巣症候群を改善する!食事や生活習慣の見直しが重要なポイント
多嚢胞性卵巣症候群を改善する!食事や生活習慣の見直しが重要なポイント
肺がんの原因と症状、ステージとは?余命はどのくらい?
肺がんの原因と症状、ステージとは?余命はどのくらい?
原因不明の多臓器疾患「サルコイドーシス」ってどんな症状があるの?
原因不明の多臓器疾患「サルコイドーシス」ってどんな症状があるの?
痛みの王様【尿路結石】の症状とは?検査、治療法を詳しく解説!
痛みの王様【尿路結石】の症状とは?検査、治療法を詳しく解説!

「ストレス」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。