1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療情報・ニュース >
  3. 先進医療 >
  4. がん >
  5. PET検査 >
  6. PET-CTはどんな検査?PET検査との違いと特徴

PET-CTはどんな検査?PET検査との違いと特徴

がん細胞の性質を活かした、新しいがんの検査方法であるPET検査。さらにPET-CTという検査方法も出てきましたが、このPET-CTとPET検査にはどのような違いがあるのでしょうか?ここでは、PET-CTとPET検査の違いについて紹介します。

全身のがん細胞を調べるPET検査

PET検査 全身のがん細胞を調べるPET検査

PET検査とは「陽電子放出断層撮影」の意味をもつ、がん検査の一つです。

がん細胞が正常の細胞に比べてブドウ糖を多く吸収する特性を活かし、ブドウ糖に近い成分(FDG)を体内に注射してがん細胞の活動を調べます。

FDGには身体への影響がほとんどない量の放射能を含まれており、注射後しばらくしてPETカメラで撮影すると、FDGに集まるがん細胞が写しだされます。

これまでのがん検査でおこなわれてきた、CT、MRIなどは、ある程度のがんの予測を立てて検査することに比べて、PET検査は1度に全身の検査をおこなえて、転移などのがんの進行度も同時に確認できるメリットがあります。

ただし、がん細胞の正確な位置が分かりにくかったり、排出機能のある腎臓などはどうしてもFDGが集まってしまい、部位によっては正確な判断が難しいといった弱点を持っています。

PET-CTとは? PET検査との違い

PET検査 PET-CTとは? PET検査との違い

PET-CTとはPET検査とCTの画像を同時に撮影する検査方法です。

PET検査でがん細胞が見つかった場合に、CT撮影でさらに正確な部位を判断できることや、両方の画像で見ることにより、がんの代謝や性質、形状を確認して悪性の度合いを詳しく診断できます。

PET-CTの特徴

高い精度

PET検査で分かるがん細胞の働き(機能画像)と、CT検査で分かる形(形態画像)の融合でより精度の高い診断がおこなえます。

短時間

CT画像により吸収補正がおこなわれるため、PET検査だけの検査と比べて、約半分の時間で検査が終わります。

また、これまでのように別々にPETとCTの撮影をすることがなく時間が短くて済み、患者への負担が少ないメリットがあります。

早期発見

検査で撮影された画像はデジタルでデータに残り、目的に応じた角度の断面で検査がしやすくなります。

従来のがん検査で使われるCTやMRIによる形態診断だけの検査に比べて、がんを検出機能が約10~20倍と高く、これまで発見が難しかった小さながんを早期発見することもできる検査です。

PETの弱点を補うのがPET-CT!

ご紹介した通り、PET-CT検査はPETの弱点をCT検査で補う検査方法になります。

広範囲を一度で調べられる上、より正確な検査結果を得られるということで、現在このPET-CT検査を採用している病院は多くなって来ています。

もし、がんの心配があり検査を行いたい場合は、正確で時間のかからないPET-CT検査を行ってくれる病院を探してみることをおすすめします。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
PET検査 悪性リンパ腫 がん

記事に関するお問い合わせ

「PET検査」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。