1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 生活習慣病 >
  4. 糖尿病 >
  5. 糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...

糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...

糖尿病の3大合併症の1つ「糖尿病神経障害」。この病気の初期症状としてあげられるのが「足の異変」です。症状といっても多少の痛みやしびれなどのため、見逃してしまう人が多いのが現状です。しかし、悪化すると切断になる可能性もあるので注意が必要です。そこで今回は、足の異変のチェックリストや予防策をご紹介します。

1人の医師・医学生がチェック済み

悪化すると切断も!?恐ろしい合併症「糖尿病神経障害」とは?

糖尿病 悪化すると切断も!?恐ろしい合併症「糖尿病神経障害」とは?

糖尿病は合併症を引き起こす病気として有名ですが、中でも恐れられているのが3大合併症と呼ばれる3つの病気、「神経症」「網膜症」「腎症」です。
そのうち、最も早く起こるのが「糖尿病神経障害」です。

糖尿病神経障害とは、高血糖が原因で血管が侵されることによって栄養や酸素が供給されず、末梢神経に障害が起こる病気で、高血糖の状態が長期間続いている人は高い確率で発症します。

しかし、初期段階ではたいした痛みではないので、見逃してしまう人が少なくありません。
また、神経障害が進むと足先などの感覚が麻痺するため、ケガをしても痛みに気づかないこともあります。

しかし、放っておくと症状が悪化して、最悪の場合足の切断を余儀なくされることもあります。
そのような状態に陥らないためにも、足の症状をこまめにチェックしましょう。

 

「糖尿病神経症状」は末梢神経が障害されることで、多彩な症状を示します。

中でも患者さんが自覚しやすいものは、起立性低血圧や下痢や便秘などでしょう。また、泌尿器のの障害としては、神経因性膀胱と呼ばれる排尿障害(尿が溜まっているのに、尿意がおきず排尿できない)や、ED(勃起障害)などがあります。

また、重篤なものには無痛性の虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)があります。
糖尿病は血管に障害を起こす病気なので、虚血性心疾患を起こしやすくなります。正常の人であれば虚血性心疾患を起こしたときは胸痛や胸が締め付けられる感じなどを感じます。
しかし、神経障害がおきてる患者さんでは、虚血性心疾患がおきても自覚症状がない場合があります。
そのため、病院へ行かずより重篤化してしまうことがあります。

糖尿病の方は、胸のちょっとした違和感でも、虚血性心疾患の可能性があると気を付けておくとよいでしょう。特に心筋梗塞は命に関わる重篤な疾患です。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

「糖尿病神経障害」の症状とは?毎日チェックしよう!

糖尿病神経障害は、足に現れやすいといわれています。
以下の症状がないか毎日チェックしましょう。

・足先に痛みがある
・足がしびれる
・足の指がピリピリしたり、チクチクしたりする
・足の裏に傷がある
・足に物があたると、電流が走るような痛みがある

合併症の予防には「足のケア」が大切

糖尿病 合併症の予防には「足のケア」が大切

合併症予防の基本は血糖コントロールですが、次に大切なことは「足のケアとチェック」です。
足は神経障害が最も起こりやすい場所であり、靴擦れなどに気づかずにいると壊疽を引き起こす可能性もあります。

神経障害が発症している場合は痛みに鈍くなっているので、炎症を見逃すことも少なくありません。
さらに、糖尿病になると免疫力が低下するので、悪化するスピードも速くなります。
手遅れにならないように、日頃から足のケアやチェックをする習慣をつけましょう。

最も基本のケアは、毎日足をしっかり洗って炎症を予防すること。
足の指と指の間も丁寧に洗って、足を清潔に保つことを心がけてください。

次に大切なのは、足のトラブルを見逃さないこと。
タコや魚の目、炎症などがあるときは、放っておくと悪化する恐れがあります。
自分で処理せずに必ず皮膚科で治療しましょう。

また、爪は切りすぎないことを心がけて下さい。
深爪や爪が割れると皮膚が傷つき、そこから感染が広がり、壊疽になることも少なくありません。
爪の先は平らに切り、角はやすりで綺麗に整えましょう。

トラブルのない清潔な状態の足を維持して神経障害を予防しましょう。

 

このように感覚障害が起き鈍感になると、上記のように靴擦れや炎症に気づきにくくなります。
この他に熱も感じにくくなるので、こたつやヒーターなどに足を近づけすぎない方がよいでしょう。火傷してることに気づくことができません。

このような足に繰り返し障害を起こすこと、また、糖尿病では血行が悪くなるため足への血流が悪くなること。
これらが足の病変「足壊疽」の原因です。

ヨクナル提携医師・医学生: 筑波大学医学群医学類卒

さいごに

高血糖になると免疫力が低下し、ちょっとした怪我でも放置していると壊疽してしまうことがあります。
お風呂や就寝前に足先の異変を確認するなど、足の状態をチェックする習慣をつけましょう。

また、免疫力が低下するということは足が弱るだけではありません。
からだ全体の抵抗力がなくなり、かぜや肺炎などさまざまな病気にかかりやすくなるので注意しましょう。

最終更新日: 2016-09-19

タグ:
糖尿病 糖尿病神経障害(糖尿病性ニューロパチー) 魚の目

記事に関するお問い合わせ

「糖尿病」に関する記事

糖尿病についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

子どもに多い糖尿病?!1型糖尿病の原因と治療。2型糖尿病との違いは?
子どもに多い糖尿病?!1型糖尿病の原因と治療。2型糖尿病との違いは?
糖尿病が原因で網膜剥離になる理由とは?
糖尿病が原因で網膜剥離になる理由とは?

「生活習慣病」に関する記事

生活習慣病の記事は他にも多数!

【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
【港区近郊の整体・サロン5選】肩こり・腰痛対策におすすめのクリニックまとめ
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
睡眠時無呼吸症候群とは?原因、症状、検査、治療まで徹底解説!
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病神経症の症状チェック!「足の異変」は要注意!切断の場合も...
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ
糖尿病で起こる「しめじ」って何?「えのき」も起こる!糖尿病の怖い合併症6つ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。