1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. 肌荒れ >
  5. 乾燥肌 >
  6. 家庭でできる!ワセリンを使った乾燥肌対策と傷口のケア

家庭でできる!ワセリンを使った乾燥肌対策と傷口のケア

皆さんは、ワセリンを知っていますか?薬局やドラッグストアで購入できるリーズナブルな軟膏ですが、全身に使えてとっても便利なんです。ここでは、そんなワセリンを使った家庭でできる肌のケア方法をご紹介します。

ワセリンって何?

ワセリンは、肌の表面に塗ることで肌から水分が蒸発するのを防ぐ、石油から精製された保湿外用薬です。

肌への刺激が少なく安全性が高いことから、リップクリームや薬剤を含んだ軟膏の基剤として一般家庭から医療現場まで、幅広く活用されています。

そんなワセリンですが、「白色ワセリン」「プロペト」「サンホワイト」など色々名前がありますね。
それぞれ純度の違いによって名前が変わっています。

3つの製品は保湿力に特段差はありません。
自分の肌に適したものを使用することをお勧めします。

白色ワセリン

乾燥肌 白色ワセリン

「白色ワセリン」は、3つのなかで一番リーズナブルでドラッグストアや薬局で購入することが出来る、入手しやすい一般的なものです。

特段肌がデリケートでない部位にはこの軟膏を使用すると良いです。

プロペト

乾燥肌 プロペト
出典:meddic.jp

「白色ワセリン」の不純物をさらに減らしたものが「プロペト」という医師処方の軟膏になります。

最近では、プロペトと同じ成分で「プロペトホーム」という製品がドラッグストアや薬局でも取り扱われるようになりました。

皮膚のデリケートな部分に使用されます。

病院では創部の湿潤療法や、眼軟膏・傷・アトピー性皮膚炎用の軟膏などの基剤として使用されています。

サンホワイト

乾燥肌 サンホワイト
出典:www.sunwhite.net

プロペトよりもさらに精製された高純度のものが「サンホワイト」です。

「白色ワセリン」「プロペト」でも痒みがでるなど、非常に肌が敏感なかたには「サンホワイト」が良いでしょう。

ただしこちらは精製に手間がかかっている分、お値段が少し高くなっています。

また、病院で処方してもらう場合には保険適応外になっています。

ワセリンの家庭での使用方法

ワセリンは少しの量でその保湿効果が実感できます。

家庭での使用方法を紹介します。

乾燥肌をケアする

乾燥肌 乾燥肌をケアする

寝る前に化粧水や美容液を使用しても、なんだか朝になると保湿されてるどころか、がさがさと乾燥しがち・・・。
そんなときに白色ワセリンは効果を発揮します。

いつもの肌ケアの一番最後に手の平に薄く伸ばして温めてから、乾燥が気になる部分をよくなじむように優しく覆ってください。

白色ワセリンは、皮膚の水分の蒸発を防いでくれるので、化粧水や美容液で保湿された肌が再び乾燥するのを防いでくれます。

翌日の肌の質感が変わるので、デイリーケアとして取り入れましょう。

もちろんかさついた唇に塗ることで、翌朝は唇がしっとりとしています。

かかと等のがさつきはなかなか手ごわいですが、入浴後などの温まった状態で塗布し、かかとをラップなどで覆うことで、保湿効果をさらに高めることが出来ます。

注意点

ワセリンはたくさん塗れば良いというものではありません。

あまり塗りすぎると皮膚がべたついてしまいます。

少量でも十分な保湿効果があるので薄く塗ることを心がけてください。
塗りすぎたときは、布で拭きとりましょう。

ワセリンはべとつきやすいという性質を持っているため、ごしごし塗ると皮膚に刺激を与えてしまいます。
押さえながら優しく塗り広げるようにしましょう。

また紫外線を浴びるときは、ワセリンの酸化が皮膚に刺激を与えてしまうため、必ず日焼け止めを上に塗るようにしましょう。

傷口の湿潤ケア

乾燥肌 傷口の湿潤ケア

傷ができてしまったとき、皆さんはどのようにケアをしていますか?
消毒をして絆創膏を貼るという方はいませんか?

傷口は消毒をしてよく乾燥させる!はもう昔の考えだと言われています。

実際の医療現場では、傷口や床ずれ、やけどに対しモイストヒーリング(湿潤療法)「水道水で洗う」「消毒しない」「保湿する」という処置方法が、多く取り入れられるようになりました。

その理由は以下のようになります。

・傷口を消毒すると、悪い菌を殺すと同時に自分の傷口を治そうとする細胞を殺してしまい、治癒に時間がかかってしまう。
そのため、水道水で洗った後の消毒は行わない。

・傷口からは自分の傷を治そうとする浸出液が出る。
ガーゼを使用するとせっかく出てきた浸出液を吸って皮膚を乾燥させてしまう。

・かさぶたが出来ると跡が残りやすくなる。
保湿し浸出液を中にとどめることで、かさぶたを作らずに傷口を治せる。

乾燥はさせず、しっかりと保湿することで治癒力を高めていきましょう。

家庭での傷のケア方法

①傷口を水道の流水でよく洗って泥や汚れを落とす。
②清潔な布で拭く。
③透明なフィルム(ドラッグストアで購入できる)やで傷口に当たる部分にワセリンを塗り、傷口を保護する。
④傷口は毎日洗い、同じように処置を行う。

ワセリンを塗ることで、乾燥を防ぎ創部の湿潤状態が保たれます。

また保護材とのくっつきを予防出来るので、保護材を剥がす際の創部への刺激を少なくすることが出来ます。

軽い擦り傷やあかぎれ程度であれば、洗って水分を取り除きワセリンを塗っておくだけで保湿され、治癒に効果的です。

注意点

圧迫しても出血が止まらないような傷、深い傷、すぐに開いてしまう傷、犬に噛まれたり、古い釘が刺さったなどの傷はすぐに専門の病院に受診するようにしましょう。

また、傷を負ってから時間が経っていて化膿しているような傷も家庭でのケアには向きません。

まとめ

このように、ワセリンは肌の乾燥対策や傷口のケアをすることが出来ます。

いざという時のために、家に一つ常備しておくことをおすすめします。

余計なものが入っていないことでの安心感もあるため、是非取り入れてみてください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
日焼け(日光皮膚炎) アトピー性皮膚炎

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

「乾燥肌」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。