1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 抗うつ薬を飲むのが不安?副作用について正しく知ろう

抗うつ薬を飲むのが不安?副作用について正しく知ろう

うつ病の疑いがあるとき、病院へ行くのを恐れて悪化してしまう場合があります。薬への副作用を心配する声も聞かれますが、実際にはどうなのでしょうか。正しい知識を身につけ、早期治療を目指しましょう。

副作用を知った上で、適切な治療を行おう

うつ病と診断を受けるとそれぞれの症状に合った治療が行われますが、多くの方は抗うつ薬を処方されます。

心療内科や精神科への受診を躊躇してしまったり、薬を飲むと重大な副作用が出るのでは…といった心配をしたりと、病院へなかなか足を運べない人も多く居ます。

たしかに抗うつ薬には副作用が存在します。

しかしうつ病の治療には、医師の適切な診察を受け、場合によっては薬の処方を続けることが大事なのです。

治療が遅れて悪化すると、回復までの時間もかかり長期戦となってしまいます。

薬の副作用について正しく知ることで不要な心配をなくし、早期治療に役立てていただきたいと思います。

抗うつ薬の種類

うつ病(大うつ病性障害) 抗うつ薬の種類

抗うつ薬には、三環系、四環系、SSRI、SNRI、NaSSA(開発年代順)とあり、新しい薬ほど副作用が少なくなっていきます。

しかし、患者の体質や立場などによっては、必ずしも新しい薬であればいいというわけではありません。

新しい薬との相性が悪いという人も居ますし、三環系や四環系の薬のほうが費用面が低いので、経済的にみると長く治療を続けられるというメリットもあるのです。

副作用のメカニズム

抗うつ薬は、脳内のセロトニン、ノルアドレナリンといった神経伝達系への働きかけをするためのものです。

ノルアドレナリンは意欲は本能を活発化させるもので、ストレスに反応して不安や怒りをあらわす働きがあります。
量が不足すると意欲が失われ、逆に分泌量が多すぎるとイライラした状態になってしまいます。
セロトニンはそういったバランスを整える働きがあります。

うつ病患者の脳内にこれらの神経伝達物質が非常に少なくなることが、病気の原因のひとつと考えられています。

本来、神経伝達物質は神経細胞から出発し、別の神経細胞の受容体にくっつき、情報伝達を行います。

そして使用されない余剰分は、もとの神経細胞へと戻って取り込まれます(再取り込み)。

ここで抗うつ薬によって、この「再取り込み」を阻害し、結果的に神経細胞間にとどまる神経伝達物質の量を増やすのです。

しかし三環系、四環系の薬は効き目も特に強力である分、うつ病の治療に必要ではない神経系にも作用してしまうので、副作用がみられます。

三環系、四環系の抗うつ薬の副作用として、アセチルコリンやヒスタミンなどの取り込みが阻害されることがあげられます。

アセチルコリンの阻害(抗コリン作用)によって口のかわき、便秘、そしてヒスタミンの阻害(抗ヒスタミン作用)によって眠気などが起きやすくなります。

主な副作用

うつ病(大うつ病性障害) 主な副作用

よく見られるのは以下のような副作用です。

・口がかわく

・眠気

・便秘、消化不良

・ふるえ

・頻脈

その他、不安や焦燥、イライラなどが高まる場合もあります。

SSRIは「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という名のとおり、セロトニンの再取り込み阻害にのみ働きかけます。

そのため三環系、四環系と比べると副作用は少ないですが、セロトニン受容体の約90%が存在する消化管に影響を与えやすく、吐き気や下痢などが生じることもあります。

また、服用から1~2週間をピークに眠気を感じることもありますが、徐々に改善していくことが多いです。

副作用があるのに、肝心のうつ病に効果がみられない?

副作用は投与早期だけではなく、増量時にもみられることがあります。

また、特に三環系抗うつ薬では、服用後にすぐ副作用だけが現れたのに、肝心のうつ病への効果がなかなか出ないということもあります。

こうした場合に服用を勝手にやめてしまう人が居ますが、三環系抗うつ薬では副作用が治まって本来の効果が出るまで1~2週間かかることを予め知っておきましょう。

服用をやめたときに出る症状も

誤解されがちですが、抗うつ薬に「依存性」はありません。

しかし服用を急に中止したり、または減薬したりした場合に、中断による症状(抗うつ薬中断症候群)が現れる人も居ます。

胃もたれ、不安、めまい、しびれ、発汗、悪夢をみる、電気ショックのような感覚などの不快な症状です。

抗うつ薬による治療が6週間以上の場合、約20%の患者にこれらの症状がみられるとされています。

急に薬をやめてしまうと、体が変化についていかずそういった副作用が起きてしまうと考えられています。

もし、中断症状が出た場合には医師に相談の上、減薬のペースを落としていきましょう。

副作用とのつきあい方

もし副作用が起きても焦らず、しばらくは副作用とも付き合っていくつもりで、根気よく治療を続けていきましょう。

中断症候群のリスクを減らすには、状態に合わせて数週間~数ヶ月かけて徐々に投与量を減らすことや、薬自体の強さが低いものへと変更するという方法があります。

いずれの場合も副作用が出る可能性はあるため、状態がよくなってきたからといって、自己判断で服用をやめたり減らしたりすることは避けましょう。

適切な治療には、医師の指示に従うことが大事です。

副作用が長期的に続く場合や、副作用の度合いが深刻な場合などもかならず医師に相談しましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。