1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 鼻の病気・症状 >
  4. 鼻炎 >
  5. アレルギーじゃないのに鼻がムズムズ…血管運動性鼻炎の症状って?

アレルギーじゃないのに鼻がムズムズ…血管運動性鼻炎の症状って?

花粉症でもなく、毎日掃除もしているはずなのにくしゃみを連発、鼻水が止まらない…それはもしかしたら血管運動性鼻炎かもしれません。あまり聞き慣れない病名ですが、今回は原因や症状について詳しく掘り下げていきましょう。

くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起きたら…

くしゃみ、鼻水、鼻づまりの症状が出たら、たいていの人が風邪か、花粉症などのアレルギー性鼻炎を疑います。

でも、そのどちらでもない場合、血管運動性鼻炎かもしれないのです。

鼻炎 くしゃみ、鼻水、鼻づまりが起きたら…
出典:www.pakutaso.com

花粉症との違い

血管運動性鼻炎の症状は、前述したくしゃみ、鼻水、鼻づまりが主です。

そのほかに涙目、頭重感なども起こります。

花粉症に似ていますが、目や鼻のかゆみがないのが特徴。

血管運動性鼻炎はアレルギー検査をしても反応は出ません。

また、花粉症と違って一定期間に起きるのではなく、一年中繰り返して発症します。

どんなときに発症する?

鼻炎 どんなときに発症する?

症状が出やすいのは、こんな場合です。

・急激な気温差のある場所への移動

・熱いものを食べたとき

急激な気温差というのは、たとえば冬の朝に布団から抜けだしたときや、夏の戸外からクーラーの効いた屋内に入ったときなどです。

温度の変化が引き金となることが多いですが、それに体が慣れてくると症状は治まります。

こうした特徴から、血管運動性鼻炎は「寒暖差アレルギー」ともよばれます。

そのほか、タバコの煙や飲酒、ストレス、香水などの刺激によっても症状が出ることもあると言われています。

いずれも空気が乾燥しているとき、より症状が強くなる傾向があります。

原因は自律神経?

寒暖差アレルギーとよばれるものの、検査でも分かる通り血管運動性鼻炎は本当のアレルギーではありません。

原因もはっきりとは解明されていませんが、自律神経の働きが弱くなっていることが関連していると考えられています。

自律神経は、活動時に優位になる「交感神経」と、安静時に優位になる「副交感神経」によって成り立っています。

交感神経には血管を収縮させる働きがあります。

自律神経のバランスがくずれることで、交感神経の働きが抑えられ、鼻粘膜の血管が拡張し、鼻づまりや鼻水が起こりやすくなります。

自律神経は「暑いときに汗をかく」「緊張すると心拍数が増える」などさまざまな反応を起こしますが、周囲の環境に非常に影響を受けやすいのです。

そのため、温度差の刺激によって自律神経が影響されて鼻炎症状が起こやすくなると考えられています。

特に起床時は布団から出た時の温度差に加えて、安静時から覚醒へと自律神経のバランスが移行する状態であり、鼻炎症状がひどくなる傾向にあります。

血管運動性鼻炎の治療方法

原因がはっきりせず今のところ根治する方法がないため、対症療法が主な治療法となります。

病院では、鼻粘膜の炎症を抑える「コルチコステロイド点鼻スプレー」や、くしゃみを抑える「抗ヒスタミン点鼻スプレー」などが処方されます。

また日常生活でできる対処法としては、自律神経を整えることが予防につながります。

睡眠不足、喫煙や過度の飲酒は避け、食事や運動に気をつけるよう心がけましょう。

アレルゲンを持たない分、生活の改善や慣れなどで症状を抑えられる可能性がありますので、悲観せず根気よく対処していきましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
鼻炎 アレルギー性鼻炎 ストレス 花粉症

記事に関するお問い合わせ

「鼻の病気・症状」に関する記事

鼻の病気・症状の記事は他にも多数!

【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!

「鼻炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。