1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 話し方ひとつで変わる!うつ病への禁句と言い換え4つのポイント

話し方ひとつで変わる!うつ病への禁句と言い換え4つのポイント

うつ病は、なっている本人が一番つらいとわかっていても、ついキツイ言葉をかけてしまったり、励ますつもりが逆効果だったりします。うつ病患者への接し方は一歩間違うと重大な結果を招くきっかけにもなりかねません。ここではうつ病の人に言ってはいけない禁句と言い換えを4つのポイントにしぼって紹介します。

4つのポイントと言い換え

細かく言い出すともちろん人によって違いはありますが、大きく分けると禁句のポイントは4つです。

それは「軽視しない」「励まさない」「解決を促さない」「責めない」ということ。

誰しも人からかけられた言葉によって、気持ちが追い詰められることはあります。
それがうつ病となり、心身のバランスが崩れているとなおさらです。

一方で接し方や言葉に気をつけることで、回復の手助けとなることもあります。

言葉を選ぶことで誤解なく気持ちを伝え、相手を支えられる言い換えも見ていきましょう。

①うつ病を軽んじない

「これぐらいのことで」「気の持ちようだよ」「誰でもつらいことくらいある」といった、うつ病という病気を軽視するような発言はやめましょう。

ただ単なる落ち込みとは違い、気の持ちようでどうにもできないのがうつ病です。

言い換え「一緒に病院に行こう」

うつ病なんてたいしたことない、と思いたいのは患者本人だけではなく周囲の方もそうです。

まずは病気のことを理解し、気分の問題などではないことを知りましょう。

「してほしいことやいやなことがあったら教えて」「一緒に病院に行くよ」というように病気に対し理解しようとしている姿勢を見せてあげるだけでも、安心感を与えてあげることができます。

②励まさない

うつ病(大うつ病性障害) ②励まさない
出典:www.pakutaso.com

悪気がなく言ってしまいがちな禁句が「がんばれ」「早く良くなってね」「笑顔をみせて」などの言葉。

うつ病になる人には、周囲の期待に応えたい真面目なタイプの人が多い傾向があります。

うつ病の闘病はただでさえつらいものなのに、励まされるとこれ以上さらに頑張らないといけないのだというふうに、自分を追い詰めてしまいます。

同じように「元気そうだね」「調子が良さそうだね」もつらく感じる場合があります。

本当は元気じゃないのに、そう言われるなら元気そうにふるまわないといけないのでは…というふうに感じてしまうのです。

言い換え「調子はどう?」

良くなってほしいといった、本来はやさしい気持ちから励ましの言葉が出てしまいます。

患者との距離感にもよりますが、「調子はどう?」というふうに聞いてあげるほうが無理をさせずに済みます。

③解決しようとしない

どうしても早く治ってほしいあまり「どうしたら治るのかな」などと言ってしまうことがあります。

焦ってもどうしようもないどころか逆効果。

こうした言葉に患者も焦りを感じ、余計に病状が悪化することもあるのです。

言い換え「ゆっくり治していこうね」

うつ病の人に早期の解決を迫ってみても、いい結果はもたらしません。

「ゆっくり治していこうね」「焦らなくてもいいんだよ」というふうに、あなたは今ゆったりした気持ちで過ごしていいのだ…ということを言葉にしてあげましょう。

④責めない

うつ病(大うつ病性障害) ④責めない

禁句でもっともひどい結果が伴う危険性が高いのが、責める言葉です。

ひどい結果とは、病気の悪化だけではなく、自殺のことです。

「本気で死にたいぬ人は、死ぬとか言わないぞ」「いつになったら治るんだ」「いつまでも怠けるな」などといった、病気でなくても突き刺さるような言葉はけっして言わないようにしましょう。

言い換え「…(無言)」

感情的になったうつ病の人に理不尽に八つ当たりされた時など、イライラした気持ちからこうした言葉が出ることもあるでしょう。

イライラしたときは何も言わないことも大事です。

もちろん無視するのとは違います。

ひどい言葉を口にしそうになったら、一度その場を離れて時間を持ちましょう。

うつ病の人を支えるには、向き合いすぎずに自分の時間を持つことも大事です。

また、うつ病患者自身が、構いすぎずにそっと見守ってほしいと思っている場合もあります。

状況によっては、言葉を無理にかけず相手から話しかけるまで待ってあげる「無言の支え」という選択肢も考えましょう。

ケアする側にもケアを

うつ病(大うつ病性障害) ケアする側にもケアを

ここまで禁句を書きましたが、人と人の関係でまったく相手を傷つけずに過ごすことはとても難しいことです。

そして「理解し、受け入れ、愛情を持って支える」は、うつ病患者と接するにあたり重要なことではありますが、続けることは大変難しいことです。

ケアする側も何かあったらカウンセラーに相談するなど、決して無理などせず大切な人のうつ病と付き合って行きましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害)

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。