1. ヘルスケア情報 >
  2. コンプレックス >
  3. 円形脱毛症・薄毛・AGA >
  4. 脱毛症 >
  5. 男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) >
  6. AGAの治療って本当に効果があるの?

AGAの治療って本当に効果があるの?

若い世代から中年までの大きな悩みである薄毛。特にAGA(男性型脱毛症)は注目を浴び続けています。

髪の毛は、絵画で言う額縁と同じで相手に与える印象が変わってしまいます。
若いころは髪の毛にパーマをかけたり、ハードに固めたりなど自由にセットを楽しんでいましたが、早ければ20代、30代で薄毛の脅威に襲われる男性が増えています。

AGAの原因については遺伝的な要素が一番強いかと思われますが、仕事や生活のストレス、頭皮の衛生状態も影響してきます。

AGAは世の男性の大きな悩みの種です。

AGAの治療法

AGAの治療は、原因をまず究明するため問診と触診から入ります。
診断の結果から内服薬と外用薬を提供します。

プロペシア

男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) プロペシア
出典:www.fpkrr.org

AGAの治療薬で有名なのが「プロペシア」です。

このプロペシアはAGAの原因と言われているDHT生成の抑制をしてくれます。
DHTとは酵素と血液中のテストステロンと結合して5αという物質になります。
プロペシアはこの5αに対して還元酵素を阻害させるため、薄毛に効果をもたらすと言われています。

AGAには個人差があるので治療期間も変わってきますが、治療に入ってきて半年ぐらいで大体の患者に頭皮の変化が起こります。
実際、製薬会社日本MSDは、3年間の長期投与試験で患者の98%の人がAGAの進行が抑えられたというデータを公開しています。

効果について

先ほどの日本MSDが公開しているデータのように、薬物治療の効果は確認されています。

ただしその効果には個人差があり、また副作用も確認されています。
治療を検討の際には、十分に医師と相談をしましょう。

そしてプロペシアと併用して、他の治療法を使うと高い効果を望めると考えらえています。
発毛を促す頭皮ケアはそのうちの一つです。
発毛をさせる元気な頭皮を作るには、頭皮を清潔にすることと血行を良くすることが求められます。

また薬や頭皮ケアを行っていても、乱れた生活習慣により体全体の血行や調子が崩れていると、十分な効果が得られない場合があります。
生活習慣が乱れている人は、是非治療を機に見直ししてみてはいかがでしょうか。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
男性型脱毛症(AGA/若ハゲ) ストレス

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。