1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. あなたの症状、うつ病かも!?見逃さないでうつ病のサイン

あなたの症状、うつ病かも!?見逃さないでうつ病のサイン

朝起きるのがつらい、眠れない、楽しくない、仕事が手につかないなどの症状が続いていませんか?それは、もしかしたらうつ病かもしれません。

うつ病とは

うつ病(大うつ病性障害) うつ病とは

うつ病とは、「脳の機能低下に伴い、日常生活をまともに過ごせないほど感情が極端に落ち込んでしまった状態」のことを言います。
私たちは、憂鬱な気分になることがありますが、うつ病との違いは、その症状が続き、回復せず、日常生活に支障を来してしまうというところにあります。

その原因についてははっきりと解ってはいません。
しかし、ストレスの影響が大きく関与していることは知られています。
そのストレスから起こるさまざまなうつ病が示す症状を紹介します。
ご自分の症状と照らし合わせてみましょう。

うつ病の主な症状

●抑うつ気分(憂うつ、気分が重い)

●何をしても楽しくない、何にも興味がわかない

●疲れているのに眠れない、一日中ねむい、いつもよりかなり早く目覚める

●イライラして、何かにせき立てられているようで落ち着かない

●悪いことをしたように感じて自分を責める、自分には価値がないと感じる

●思考力が落ちる

●死にたくなる

引用元: www.mhlw.go.jp

うつ病が示す症状の中の抑うつ気分とは、朝の憂鬱気分や、理由もなく悲しい気持ちになったりすることです。

また思考力の低下とは、仕事の効率が悪くなったと感じることや、注意力の低下、考えをまとめることが難しくなり決断ができない状態のことを指します。
症状が深刻化し、自己効力感の低下や睡眠不足が続くことで、自殺念慮(死にたいと思う)へと繋がっていってしまいます。

そのようなことになる前に、もしうつ病の症状に引っかかるようなことが出現した際には一刻も早く医療機関を受診することが大切になります。

周りから見てわかるうつ病のサイン

うつ病は、自分で気づく症状とは別に、周りの人が感じる症状もあります。
次の症状が見られたときは、うつ病かもしれません。

●表情が暗い

●涙もろくなった

●反応が遅い

●落ち着かない

●飲酒量が増える

引用元: www.mhlw.go.jp

その他、うつ病の人と会話しても話が通じなくなってしまうこともあります。
そんな症状が見られたら、本人を見守りながら、医療機関に対応について相談してみましょう。

体に出るうつ病のサイン

こころに出るサインのほかに、体の症状として現れることもあります。
身体症状が表れたら、無理せず、カラダを休めましょう。

●食欲がない

●体がだるい

●疲れやすい

●性欲がない

●頭痛や肩こり

●動悸

●胃の不快感

●便秘がち

●めまい

●口が渇く

引用元: www.mhlw.go.jp

食欲がないというのは、好き嫌いにかかわらず、おいしいと感じなくなり、食事が喉を通らなくなってしまいます。
また、反対に、過食傾向になることもあります。
便秘については、通常の排便習慣に比べると便回数が低下してしまうことです。
また、反対に、下痢が続いてしまうこともあります。

あとがき

うつ病(大うつ病性障害) あとがき

うつ病はひとりで治すには、難しい病気です。
早期に治療を開始すると、回復すると共に、社会復帰も早くなります。
もう、1人でがんばらなくてもよいのです。
一日も早く医療機関で相談することをおすすめします。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。