1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. スキンケア >
  4. 日焼け(日光皮膚炎) >
  5. 紫外線とは?予防対策のために身に着けるアイテム

紫外線とは?予防対策のために身に着けるアイテム

紫外線が皮膚の老化を引き起こすことはよく知られていますね。 そもそも紫外線とは一体どのようなものなのでしょうか? ここでは、紫外線とは何か、紫外線を予防するアイテムにはどんなものがあるかについて紹介します。

紫外線とは?

日焼け(日光皮膚炎) 紫外線とは?
出典:www.kose.co.jp

太陽から地球に届く光のうち、波長が10〜400nmのものを紫外線と呼びます。
それは目には見えない一種の電磁波です。

紫外線は、3つの種類(UVA・UVB・UVC)に分けられ、そのうち私たちに影響があるのはUVA・UVBです。

ちなみにUVCは物質に吸収されやすく、通常大気を通過することはありません。

UVAとは?

太陽から降り注ぐときに、雲などの物質的影響を受けにくい光です。

肌に与えるダメージは弱く、紫外線のうちの90%ほどを占めています。
少しづつ肌にダメージを与え、皮膚の真皮に届いてハリや弾力性を低下させてしまいます。
また、メラニン色素を酸化させることで皮膚を黒くさせてしまう作用も持っています。

UVBとは?

そのほどんどがオゾン層で吸収され、地球上に届くのはわずか10%程度。
しかし肌に与えるダメージは強く、少しの時間でも皮膚を赤くしたり、皮膚を黒くしてしまう作用があります。

また、皮膚の表皮細胞やDNAを傷つけてがんを発症させてしまうことがあります。

なぜ、色素沈着が起こるのか?

紫外線によって刺激を受けた肌は、炎症から守ろうとしてメラニン色素を生成します。

このメラニン色素は、肌が生まれ変わるときに皮膚の外に押し出されて消えていきます。
しかし、この「生まれ変わり」が正常に行われないと色素沈着となり、シミになることがあるのです。

ちなみに色素沈着は、紫外線だけではなく、下着が擦れたりするなどの物理的刺激や、ストレスなどの精神的刺激も関係していると言われています。

紫外線予防のために身に着けるアイテム

紫外線を予防するために身に着けるアイテムを紹介します。

サングラス

日焼け(日光皮膚炎) サングラス
出典:www.amazon.co.jp

紫外線は目の中にも届きます。
長時間にわたって紫外線を浴びた目は、白内障や角膜炎になる可能性があります。
それを防ぐためにも、サングラスを着用しましょう。

日傘

日焼け(日光皮膚炎) 日傘

UVカットの日傘には、それぞれカット率があります。

遮光率が99.00%以上になると遮光傘、99.99%以上だと1級遮光傘と呼ばれます。
しかしUVカットの日傘にも寿命があり、その期間は3~5年と言われています。

一生ものではないので、時期が来たら買い換えましょう。

帽子

日焼け(日光皮膚炎) 帽子

帽子をかぶることで髪の毛を紫外線から守ることができます。
また、つばが広いものをかぶることで顔や首へのダメージを防ぐこともできます。

日焼け(日光皮膚炎) 服

肌はできるだけ露出しないことで、紫外線から皮膚を守ることができます。
今はUVカットの加工が施されたパーカーやカーディガンなどが販売されています。
また、部分的に予防するものとして、アームカバーやフェイスマスクがあります。

【素材】
素材としては、一般的にポリエステルが紫外線を阻害すると言われていますが、UVAには効果がありません。
また、ポリエステルは吸湿性・通気性があまり良くありません。

ポリエステル素材と綿素材を合わせた服を選びましょう。
これで80%の紫外線をカットできます。

【色】
服の色も紫外線に関係しています。
黒い方が白よりも通過率が低くなります。

夏はさわやかな白が涼しく見えますが、黒色の服を着ることで紫外線をカットすることができます。

アームカバー

車の運転をするときに良く活用されているアイテムです。

特に夏は半袖を着る機会が多くなるため、アームカバーを使うことで肌を守ることができます。

フェイスマクス

日焼け(日光皮膚炎) フェイスマクス

顔の下半分や首をカバーしてくれるものです。

登山やバーベキュー、ゴルフやテニスなど、紫外線が気になるけれど傘などを使いにくい所で使うことができます。

マスクをしながら運動するのは苦しくないか心配の方もいるかもしれませんが、息苦しくならないように加工されたものもあるようです。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
日焼け(日光皮膚炎) ストレス 白内障

記事に関するお問い合わせ

「スキンケア」に関する記事

スキンケアの記事は他にも多数!

肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜
肌荒れの種類によって効果的なビタミンが違う!〜ビタミンの役割〜

「日焼け(日光皮膚炎)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。