1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. うつ病で入院するのはどんな時?面会はできるの?

うつ病で入院するのはどんな時?面会はできるの?

うつ病は基本的には外来で治療するものですが、重症の場合は入院治療することもあります。 うつ病で入院する状況とはどういったものなのでしょうか? また、入院した場合の面会はどうなるのでしょうか? ここでは、うつ病で入院が必要になる場合の症状や、入院後の面会について紹介します。

うつ病で入院が必要になる場合の症状

これらの症状が現れたときには、医師から入院したほうが良いとすすめられることがあります。

うつ病(大うつ病性障害) うつ病で入院が必要になる場合の症状

自殺願望が見られる

自殺への意思・行動が見られるような場合は、誰かが注意して見ておかなければならないので入院を勧められます。

目が行き届く環境におき、患者さんの安全を守ります。
 

副作用がひどくてうつ病の薬が飲めない

抗うつ薬の副作用が強く出てしまって、薬での治療が難しい場合があります。

そのような時は入院して、随時医師が薬の効果を調整しながら治療をすすめていくのです。

日常生活を送ることができず衰弱している

症状がひどく、日常生活に支障が出て衰弱している状態では入院をすすめられます。

入院することで医師や看護師から、治療はもちろん、食事や排泄、清潔、睡眠、更衣、活動と休息といった日常生活の援助を受けることができます。

家族から離れた方が良い場合

患者さんが母親や父親の場合、子どもたちがいることで安静にすることが難しいときがあります。

さまざまな家庭環境や家族関係の中で、入院したほうがゆっくりと療養できるのであれば、入院したほうが良いこともあります。

入院すると面会はどうなるの?

うつ病(大うつ病性障害) 入院すると面会はどうなるの?

うつ病の方が入院した場合の面会時間としては、それぞれ、症状や治療の段階によっても違いがあります。

そもそもうつ病の方の傾向として、気遣いをしすぎるところがあります。
その気遣いが、うつ病の症状をさらに悪化させてしまうことになるのです。

病院によっては、家族へ週に1回1時間程度の面会をすすめているところもあります。

家族が心配して、会いたいと思う気持ちもあるとは思います。
ですが早く治るためにも、できるだけ患者さんには安静である治療環境を守ってあげることが大切なのです。

うつ病の方への面会時の注意点

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の方への面会時の注意点

うつ病で入院している方に面会に行く場合には、注意しないといけないことがあります。

病院によって面会時間が決まっていますので、その時間内に会いに行くようにしましょう。

①大人数での面会はやめましょう

人数が多いと話し声が大きくなったり、面会時間が長くなったりとうつの患者さんには、ストレスになってしまうことがあります。

数名で、できればお子様の面会は控えることをおすすめします。

②面会できない場合があります

入院していても症状が悪化してしまうことがあります。

そのように不安定な場合は、面会謝絶ということもあります。
また、食事や治療の時間は面会できません。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。