1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. うつ病の薬で太るって本当!?食欲増進の副作用がある抗うつ薬はこれだ!

うつ病の薬で太るって本当!?食欲増進の副作用がある抗うつ薬はこれだ!

うつ病の一般的な症状として食欲減退と体重減少がありますが、治療のために抗うつ薬を飲み始めたところ、体重が増えてしまったという人が多いようです。いったいその原因は何なのでしょうか?薬の副作用?それとも…。抗うつ薬の副作用と食欲増進作用のある抗うつ薬を一覧にしてご紹介します。

うつ病の薬で太るのは本当?

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の薬で太るのは本当?

結論からいうと、うつ病の薬で太りやすくなるのは本当です。
これには一部の抗うつ薬の副作用が関係しています。

抗ヒスタミン作用

ヒスタミンは、体内で覚醒状態を維持したり食行動の抑制をしたりする機能がある物質です。

抗うつ薬の中には「抗ヒスタミン作用」を持つ薬があり、このヒスタミンの働きを抑える働きがあるので、副作用として眠気が起こるほか、食欲が増進します。

5HT2c受容体遮断作用

うつ病の原因の一つと考えられている物質にセロトニンがあり、さまざまな種類の受容体に結合することで多様な作用をもたらしています。
中でも、「5HT2c」という受容体に結合することで食欲を抑制する働きがあります。

抗うつ薬の中には、このセロトニンの「5HT2c」受容体を遮断するものがあり、食欲増進の副作用を起こすものがあります。

グレリン分泌促進

抗セロトニン作用によって胃の「5HT2c」受容体が遮断されると、グレリンというホルモンの分泌が促進されます。
グレリンは、成長ホルモンの分泌促進や食欲の増進、体脂肪の利用を抑えるなどの作用を持つホルモンです。

グレリンの分泌が促進されることで食欲が増進する可能性があります。

食欲増進の副作用がある薬一覧

うつ病(大うつ病性障害) 食欲増進の副作用がある薬一覧

では、食欲増進作用のある抗うつ薬にはどのようなものがあるのでしょうか?一覧にしてみましょう。

※抗うつ薬の種類については


をご覧ください。

三環系抗うつ薬

・トリプタノール
・トフラニール
・アナフラニール
・イミドール
・アモキサン
・ノリトレン
・スルモンチール
・プロチアデン
・アンプリット

四環系抗うつ薬

・テトラミド
・テシプール
・ルジオミール

SSRI

※SSRIの副作用としての体重増加は軽度のことが多いです。

・パキシル
・ジェイゾロフト
・デプロメール
・ルボックス
・レクサプロ

SNRI

※SNRIは食欲増進になる可能性は低いですが、副作用に挙げられています。

・トレドミン
・イフェクサー
・サインバルタ

Nassa

・リフレックス
・レメロン

うつ病の治療に用いられるその他の薬

・ヒベルナ
・ペリアクチン
・デジレル
・ドグマチール

太りたくない!対処法って?

うつ病(大うつ病性障害) 太りたくない!対処法って?

うつ病の症状として典型的なのは食欲減退ですが、うつ病を治療するために飲む薬で食欲が増進して、太ってしまうのは困りますよね。
うつ病では活動性も低下しやすいため、食欲が増進するととても太りやすくなってしまい、さらに太った自分の姿を見ることで気分が落ち込んで病状が悪化する、という悪循環がうまれることもあります。

では、抗うつ薬の副作用としての食欲増進への対処法にはどのようなものがあるのでしょうか?

低カロリー食品を常備する

食べるのを我慢するのはなかなか難しいことです。
特にうつ病のときは食べるのを我慢することによるストレスも避けたいですよね。

そこで、低カロリーの食品を常備しておきましょう。
また、糖分を含まない水分をなるべく摂取するのも良いですね。

できるだけ体を動かす

うつ病の症状が強いときは何をする気も起きず、動きたくないと思います。
しかし、気分に波があって動けそうなときにはなるべく体を動かすようにしましょう。

医師に相談する

どうしても太ることや太ってしまったことが気になるなら、医師に相談してみましょう。
病状によっては薬を減量したり、別の薬に変えてくれる可能性もあります。

うつ病を治すことに専念する

抗うつ薬が原因で太ってしまったのならば、薬をやめられれば副作用から逃れることができます。
しかし、勝手に薬を中止すると病状が悪化する恐れがあります。

そうならないためにはうつ病を治して、薬を飲まなくても良い状態にする必要がありますね。
ですから太ってしまうことを過度に気にせず、まずはうつ病を治すことに専念するように頭を切り替えるのも大切です。

さいごに

うつ病(大うつ病性障害) さいごに

うつ病にはさまざまな原因があるといわれていますが、そのうちの一つにストレスが挙げられます。
ストレスを感じるとグレリンの分泌が促進され、食欲が増進することが分かっており、ストレスによる過食が起こるといわれています。

大切なのは、抗うつ薬を飲み始めたから太ったのだと思い込まないこと。
もしかしたら薬のせいではなくストレスなど他の原因があるかもしれない、と考えることも必要です。
ストレスを排除し、うつ病の治療をしっかり行うことで、自然と食欲も落ち着いてくることもありますから、まずは辛いうつ病を治すことを先決にすると良いかもしれませんね。

最終更新日: 2016-07-27

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) 肥満 双極性障害(躁うつ病) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。