1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. う歯(虫歯) >
  5. 本当に怖い!虫歯菌は脳まで冒す危険性がある!!

本当に怖い!虫歯菌は脳まで冒す危険性がある!!

毎日歯磨きをしていても、定期的に歯のチェックを行っていてもなってしまうのが「虫歯」です。 虫歯の主な原因とされているのは虫歯菌と呼ばれるミュータンス菌。この虫歯菌の怖さというのは、健康な歯を虫歯にするだけではなく、脳や心臓まで冒してしまうというところにあります。

肥満 昨日よりも今日、今日よりも明日はより良い身体になるという決意

虫歯菌は脳まで進行していく

虫歯菌には、歯を溶かす酸を生み出す性質以外にも「血管を移動する」という性質があるのをご存知でしょうか。

この働きにより、虫歯菌が脳や心臓にまで進行してしまう場合があります。

また、虫歯菌の大きさは1マイクロメートルほどで、血管の太さに比べると遥かに小さい菌です。
そのため虫歯が進行して血管にまで到達すると、脳以外にも身体の隅々にまで菌が容易に流れてしまうのです。

心筋梗塞や脳静脈血栓症の危険性

虫歯菌が血管に入り込むと、血管内で炎症が起こります。

人間の身体は、炎症が起こると治療のためその部分に塞栓(血栓)が作り出す働きを持っています。
この反応が重大な病気を招いてしまうのです。

血栓が心臓にできてしまうと心筋梗塞、脳内にできてしまうと脳静脈血栓症の発症リスクを高めてしまいます。

これらの病気に発展してしまうと、歯医者では対処出来ないため、心臓外科や脳外科で治療を行わなければなりません。

虫歯から入院・手術が必要な症状に発展することもあるのです。

治療ではなく予防が大切!

こういった虫歯菌対策としてもっとも重要なのは治療ではなく予防です。

毎日朝晩に歯磨きをし、3ヶ月~6ヶ月に1度は歯のメンテナンスのために定期検診を受診するようにすると、虫歯になるリスクを大幅に削減することができます。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
う歯(虫歯) 急性心筋梗塞

記事に関するお問い合わせ

「う歯(虫歯)」に関する記事

う歯(虫歯)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!
虫歯の神経治療ってどんなことをするの?通院回数や費用もご紹介!

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「う歯(虫歯)」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。