1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 肥満 >
  5. ダイエットの筋トレ効果アップ!ちょっとマニアックな基礎知識

ダイエットの筋トレ効果アップ!ちょっとマニアックな基礎知識

ダイエットにおいて筋トレはとても重要です。筋トレをすることによって基礎代謝が向上し、脂肪を燃焼しやすい身体になります。 しかしその筋トレ、ただ漫然とトレーニングを行っていませんか?ここでは知っていると筋トレ効果がアップする、そして少しマニアックな基礎知識を紹介します。

筋トレで筋力がアップしていく過程

肥満 筋トレで筋力がアップしていく過程

筋トレで筋肉がついてきた!と思われる方は多いかと思いますが、実際には目に見えて筋肉がついてくるには、運動量など個人差はありますが約2ヶ月ほどかかるといわれています。

筋トレを開始し始めてから2ヶ月程度までは、主に筋肉を動かす神経が鍛えられ、活動しやすくなる期間です。
筋トレをするまでは眠っていた状態の神経回路が、筋トレを行った刺激によって目を覚ましていくのです。

そしてその後、筋トレを3ヶ月程度継続していくことで徐々に筋肉の繊維が太くなっていき、筋肉がついてくるという状態になり筋力がアップします。
そのため、筋肉をつけようと思うのであれば2~3ヶ月以上の期間が必要となるのです。

筋トレ効果をアップさせるには?

肥満 筋トレ効果をアップさせるには?

筋トレ初期の運動方法

筋トレ初期は、筋肉を動かす神経を眠った状態から目覚めさせる時期となります。
そのため、初期の運動は神経を目覚めさせるために負荷は軽くても良いので頻回に行えるようなトレーニングを行います。
回数をこなすことによって神経に刺激が加わる頻度が増えて神経回路がより活発になり、筋肉を動かしやすい身体へと変えていくことができます。

また筋トレ時は筋肉に力を入れた状態、そして筋肉から十分に力を抜いた状態を意識してつくることが大切です。
多くの方は筋トレというと筋肉に力を入れるイメージを抱かれ、力を入れようと頑張ります。
しかし実はこの力を入れるというトレーニング以上に難しいのが力を抜くトレーニングです。
筋肉は力が抜けて弛緩した状態があるからこそ、より筋肉に力を入れやすくなるのです。
また筋肉が十分に弛緩し、そして収縮することによって体液循環も改善され、代謝も良くなります。

筋トレ初期は少し疲れたなと感じる程度の負荷で良いですが、”筋肉に力を入れる、筋肉の力を抜く”という筋肉の動きに意識を十分に向けます。
そしてその運動を連続して大体3分以上は繰り返すような、低負荷高頻度を意識したトレーニングがおススメです。

筋トレに慣れてきてからの運動方法

低負荷高頻度の運動負荷に身体が慣れて筋肉を動かしやすい身体づくりが整ってきたら、次は筋肉をつけるトレーニングです。

筋肉をつけるトレーニングは“高負荷低頻度”を意識します。
筋肉をつけるには、筋トレによって筋肉にダメージを加えることが必須です。
ダメージを加えるのに必要なのが適度な高負荷となります。

おおよそ10~20回程度しか行えないような運動負荷が調度良いとされています。
キツいと感じられる程度の負荷に設定することでより効果的に筋肉をつけることができます。

肥満 筋トレに慣れてきてからの運動方法

いかがでしたか?

筋トレ効果をアップさせるには、まず低負荷高頻度の運動で筋肉を動かしやすい身体づくりをしてから、高負荷低頻度の運動で筋肉をつけていくことがポイントです。
ムリをせず徐々に身体を慣らして、より高い負荷に挑戦していってください。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
肥満

記事に関するお問い合わせ

「ダイエット」に関する記事

ダイエットの記事は他にも多数!

ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!
ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!

「肥満」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。