1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 矯正歯科 >
  4. 矯正歯科とは?その種類と目的について

矯正歯科とは?その種類と目的について

歯を矯正する目的と、その方法の種類について詳しくご紹介していきます。 そもそも歯の矯正って何か?まずはそこから入っていきます。

矯正歯科の定義

正しくない噛み合わせや顎変形を正しい位置に戻す、すなわち“矯正治療”する歯科の診療科のことであり、口腔内の機能に障害を起こす不正咬合(歯の噛み合わせが正常ではない状態)の原因への対処といえます。

歯並びが悪いと歯間が広く空いた場所が増え、そこにプラーク(歯垢)が停滞しやすくなり歯槽膿漏の原因になります。

また、噛み合わせの不正は顎関節にも影響を及ぼし、全身のバランスをも崩しかねないため、顎の関節状態を検査し顎関節と噛み合わせの調和を考えた治療が行われます。

さらに噛み合わせだけではなく発音や全身の健康まで影響を及ぼす治療の分野でもあるのです。

口腔内の環境問題に対処する設計と建築又はリフォームと例えられるアプローチとも言えます。

矯正歯科の治療実態

成長発育の「第1期」(3~12歳頃)と、永久歯列が完成した「第2期」(12歳頃~成人)とで、不正咬合に対する治療の目標と対処に違いがあります。

また、治療方法もそれぞれの目的とその年代にあった方法が選択されます。

第1期治療

第1期治療

永久歯や顎が正しく成長発育できる環境を、成長を予測しながら整えるといった歯と顎と口の機能への「育成的な治療」を行います。

この時期の特長としては、顎の成長を利用した矯正装置を使うことで、不正咬合の「予防」や「抑制」に一定の効果が期待できます。

矯正装置は画像のようなワイヤーだけで作られたシンプルなもので子供でもストレスを感じることなく矯正治療に取り組めるよう“痛みがほとんどない装置”や“取り外しのできる装置”を使います。

この時期においては、異常が認められた場合には直ちに改善し正常な成長発育に戻す努力をします。
ただし、歯の生え替わりや顎の成長による変化があるので、その後の成長発育は見守る必要があります。
この第一期治療は、第二期治療そのものをしなくてすむことを最大の目標としています。

第2期治療

第2期治療

この時期では歯の移動による治療が主流で、歯と顎の機能が正常に営まれる永久歯列の噛み合わせの確立が目的となります。

患者さんの歯を三次元的にコントロールすることのできる「マルチブラケット」という矯正装置を使用し、この様な治療を「本格矯正」といいます。

歯が顎に並びきれない場合や、顎の位置関係に問題がある場合など、歯の移動に大きなスペースが必要な場合には永久歯の抜歯をせざるを得ない場合もあります。

矯正歯科治療を受ける心構え

矯正歯科治療を受ける心構え

不正の原因にアプローチするMFT(口腔筋機能療法)では自分の癖を理解し、家庭で訓練を繰り返し行うとともに、日頃から注意することで効果が出てきます。

また、使用する矯正装置は患者さん個々に合ったものが製作されますので、患者さん本人も丁寧に扱い常に故障や不具合がないかセルフチェックすることも重要になってきます。
もし不具合のあるまま放置していると思わぬケガや症状が悪化することもあるので、すぐに歯科医に連絡する必要があります。

矯正装置を装着した状態では、歯磨きがしづらい状態となり装置に汚れが溜まりやすくなるので、歯科医から歯磨き指導を受けて、丁寧に磨く必要もあります。
矯正中に虫歯や歯周病などで治療を行った場合は、矯正治療の計画変更をする場合もあります。

無事に矯正装置が外れた後も、正しい位置で落ち着くまで定着させるための保定装置(リテーナー:画像参照)を使用する場合もあります。
このように歯や噛み合わせが安定することが重要なので、歯科医の指導のもと正しく装置を使い、決して自分勝手な判断で外したりしないことが重要となります。

まとめ

不正咬合は、歯の噛み合わせの異常であり健康に様々な悪影響恵を与える可能性のある病気です。

正常な「歯並び」と「噛み合わせ」で健康的に過ごし、一生自分の歯で食べることで生きがいのある健康長寿を目指すことが、矯正歯科の目的と言えます。

最終更新日: 2016-09-07

タグ:
う歯(虫歯) ストレス 歯周病

記事に関するお問い合わせ

「矯正歯科」に関する記事

矯正歯科の記事は他にも多数!

どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談
どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。