1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 鼻の病気・症状 >
  4. 鼻炎 >
  5. 鼻炎の症状にある頭痛はなぜおこるの?頭痛を引きおこすメカニズムを徹底解説

鼻炎の症状にある頭痛はなぜおこるの?頭痛を引きおこすメカニズムを徹底解説

鼻炎は鼻の不調だけでなく、体に様々な変化をもたらします。いっけん鼻炎とは関係ないように思える頭痛は、どうしておきるのでしょうか?そこで今回は、鼻炎の症状にみられる頭痛がおきるメカニズムや頭痛を軽減する方法について、解説します。

鼻炎から頭痛がおこるメカニズムとは?

鼻炎 鼻炎から頭痛がおこるメカニズムとは?

鼻炎には慢性鼻炎とアレルギー性鼻炎がある

鼻炎にはアレルゲンに反応する「アレルギー性鼻炎」と、ウィルスや細菌感染などが原因の急性鼻炎が慢性化した「慢性鼻炎」があります。

どちらの鼻炎にも共通する症状は、鼻の粘膜の腫れによる鼻づまりです。

鼻炎 鼻炎には慢性鼻炎とアレルギー性鼻炎がある

鼻炎で頭痛が起こるメカニズム

鼻がつまるとどうしても口呼吸になってしまいますが、口呼吸では体に取り込む酸素の量が少なくなってしまいます。
そのため、脳に必要な量の酸素を送ることが出来なくなり、頭痛をおこしてしまいます。

また、鼻の入り口にある鼻腔の炎症が長引くと顔の骨にある副鼻腔に細菌が侵入して、副鼻腔炎を起こします。

副鼻腔の炎症が続くと副鼻腔内に膿がたまり、それが顔を圧迫して三叉神経を刺激することで顔面の痛みや頭痛の症状が現れます。

鼻炎による頭痛を軽減する3つの方法

鼻炎 鼻炎による頭痛を軽減する3つの方法

鼻をすすらない

鼻炎を抱えている人が無意識におこなう行為が鼻をすすることです。

鼻炎は気づかぬうちに鼻水が垂れてしまうため、ついつい鼻をすすってしまいますが、この行為は三叉神経を刺激するので頭痛が悪化しやすくなります。

鼻水はすすらずティッシュで優しくかむようにしましょう。

鼻を蒸しタオルなどで温めてからかむ

湿度のある状態で鼻を温めると、血行が改善して通りがよくなります。

温かい湯気の蒸しタオルを数秒鼻にあてると鼻づまりを緩和できるので、鼻をかむときは無理をせず、血行を良くしてからティッシュで鼻をかむとスムーズに鼻水が出てきます。

マスクで鼻づまり予防

鼻炎による頭痛を予防するためには、外出時のマスクの着用は有効な予防方法です。

鼻の粘膜は環境の変化にデリケートであり、室内と室外の温度差や乾燥した空気に反応して鼻づまりをおこします。
特に冬は外気の冷たい空気が鼻に入ることに拒否反応をおこして鼻がつまります。

マスクの着用は外気や乾燥を防ぐとともに、花粉などのアレルゲンが鼻に侵入することも予防してくれるので、頭痛の原因となる鼻づまりの予防につながります。
ぜひお試しください。

最終更新日: 2016-10-22

タグ:
鼻炎 アレルギー性鼻炎

記事に関するお問い合わせ

「鼻の病気・症状」に関する記事

鼻の病気・症状の記事は他にも多数!

【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!

「鼻炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。