1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 応急手当・救急処置 >
  4. 生理中の痛みを和らげる方法 寝方を変えてみよう

生理中の痛みを和らげる方法 寝方を変えてみよう

生理痛は「起きたことがない」という方から「辛くて仕事を休みたい」という方までさまざま。 また、その症状には個人差が見られます。 一体生理痛は、なぜ起こるのでしょうか? ここでは、生理痛が起こるメカニズムと、生理中の痛みを和らげる寝方について紹介します。

生理痛が起こるメカニズム

なぜ生理痛が発生するのか?そのメカニズムを見て見ましょう。

黄体ホルモン

黄体ホルモン
出典:www.oyako.info

生理中だけではなく、生理前も痛みが起こることがありますよね。

黄体ホルモンは排卵後に急激に放出され、受精卵が着床しないと分かると一気に減少します。
この急激なホルモンの変化で自律神経が不安定になり、頭痛やイライラなどの症状が表れるのです。

プロスタグランジン

プロスタグランジン

生理が始まると子宮が収縮し、経血(子宮内膜がはがれて血液がまざったもの)を外に押し出すように身体が働きます。
その時に必要なものがプロスタグランジンという物質なのです。
この分泌量が多いと、子宮の収縮が激しくなり、キリキリとした陣痛のような腰や下腹部の痛みが発生します。

また、この物質には痛みを強める作用があるため、厄介なのです。

さらに、身体が冷えてしまうと血液の循環が滞ってしまうと同時に、プロスタグランジンも骨盤内に停滞してしまい、痛みが強くなります。

子宮出口が狭い

子宮出口が狭い
出典:d.hatena.ne.jp

子宮の出口が狭いことで経血が外へ流れていくのを妨げてしまうために、痛みが生じます。
お産を経験すると、子宮口が広くなるため、生理痛が軽くなる方もいるようです。

ストレス

ストレス

ストレスを感じるとホルモンバランスや自律神経が不安定になるため、血液循環を悪くしてしまいます。
さらに、体温調節が上手くいかなくなることで、身体が冷えてしまうという悪循環に陥ります。

これらのことから、生理中に起こる痛みは骨盤内の血液循環を良くし、経血を外に排出させることで防ぐことができるということがわかりました。

では、どのような寝方をすれば血液循環を妨げることがなく寝ることができるのでしょうか?

生理痛を和らげる寝方

生理痛が激しくなってきたときには、無理をしないで横になってください。

圧迫しているパシャマは避ける

圧迫しているパシャマは避ける
出典:sleeps.jp

皮膚を圧迫するとその中の血管を圧迫し、血液の循環を抑制してしまいます。
ウエストあたりを締め付けるようなゴムやガードルははずして、ゆったりとすることが必要です。

うつ伏せで寝ましょう

うつ伏せで寝ましょう

身体をうつ伏せにすることで、背中の方にある血管や神経への圧迫が和らぎ、骨盤内の血流が良くなるとされています。
このとき顔は横を向けて、息苦しくならないようにしましょう。

うつ伏せが難しい方は横向きになりましょう

うつ伏せが難しい方は横向きになりましょう
出典:aurawave.net

うつ伏せが苦手という方もいるでしょう。
そんな時は、クッションや枕を抱えるようにしてエビのように丸くなり、横になって寝てみましょう。

とにかく温める

とにかく温める
出典:akasugu.fcart.jp

カイロ・湯たんぽなどを使って下腹部を温めるようにしてください。
重ね着や腹巻をすることもオススメです。
血液は、暖かくなるとスムーズに流れることができるようになります。

ハーフパンツなど、腰を冷やすようなタイプのものを履いていると生理痛がひどくなってしまうことがあるので、昼間から気を付けておきましょう。

あとがき

いかがでしたか?

ここに紹介しているものが、皆さん全てに当てはまるわけではありませんが、試してみる価値はあります。

また、うつ伏せにこだわらずいろいろな寝方の工夫をして、自分に合ったものを探してみましょう。

少しでも参考になれば幸いです。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
ストレス

記事に関するお問い合わせ

「応急手当・救急処置」に関する記事

応急手当・救急処置の記事は他にも多数!

【運動中の肉離れ】治療にかかる費用や期間、予防法まとめ
【運動中の肉離れ】治療にかかる費用や期間、予防法まとめ
アナフィラキシーはなぜ起こるのか?原因や症状・検査・診断・治療・看護について紹介
アナフィラキシーはなぜ起こるのか?原因や症状・検査・診断・治療・看護について紹介
【監修済み】急な吐き気や嘔吐の原因・対処法と、疑われる病気
【監修済み】急な吐き気や嘔吐の原因・対処法と、疑われる病気

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。