1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 足の病気・症状 >
  4. 下肢静脈瘤 >
  5. 足に出来るボコボコの血管「下肢静脈瘤」の予防と対策

足に出来るボコボコの血管「下肢静脈瘤」の予防と対策

下肢静脈瘤を知っていますか? 見た目上の問題だけでなく、悪化すると他の症状も出現し、手術も必要になってしまいます。 また、下肢静脈瘤は遺伝しやすいですが、対策することで症状を予防したり悪化を防ぐことが出来ます。 ここでは下肢静脈瘤の予防と対策についてご紹介します。

下肢静脈瘤ってどんな病気なの?

下肢静脈瘤 下肢静脈瘤ってどんな病気なの?

下肢静脈瘤は、年齢を増すにつれて発症する確率が高くなります。
中年期以降の女性の約4割は、下肢静脈瘤になっていると言われています。

下肢静脈瘤は、下肢の血液循環の不良によって引き起こされます。
下肢の静脈は、心臓から動脈を通って流れてきた血液を筋肉ポンプ作用によって重力がかかっていても、心臓に戻す役割をしています。
そして、下肢の静脈にある弁は心臓に戻っていく血液が下に逆流するのを防止する働きをしています。
しかしそれらの機能が弱ったり壊れてしまうと下肢に血液が滞ってしまい、蛇行した太いボコボコの血管になってしまうのです。

下肢静脈瘤には、以下のような症状があります。

・下肢に蛇行したボコボコした血管がある(網目状や蜘蛛の巣上のタイプもあり)
・足が重く、だるく感じる
・ザクザクと鼓動に合わせて痛みがある
むくみがある
・色素沈着がある
・足がつりやすい

出来てしまったボコボコの血管は手術しないと治すことが出来ません。
そのため、早めの対策が必要なのです。

下肢静脈瘤になりやすい人とは

下肢静脈瘤 下肢静脈瘤になりやすい人とは

下肢静脈瘤になりやすい人とは、どのような人なのでしょうか?ご自分と照らし合わせてみてくださいね。

・中年以降の人

加齢に伴い、足の筋肉や血管も老化し弾性を失っていきます。
その結果静脈弁の機能も弱り、血液が下肢に停滞しやすくなります。

・女性・妊娠中の人

男性と女性では、女性の方が下肢静脈瘤になっている人が多くいます。
妊娠すると腹部が大きく重みをますため、股の付け根にある血管を圧迫します。
その結果、下肢からの血液が戻ろうとするのにいつも以上に圧が必要になります。
圧をかけることが静脈弁に負担を与え、弁を壊してしまうのです。
また、妊娠中は女性ホルモンである黄体ホルモンの分泌が活発になります。
黄体ホルモンは血管を柔らかく広げる作用があるため、静脈が心臓に血液を戻そうとする作用が弱ってしまい、血液が滞りやすくなるのです。
妊娠中になった下肢静脈瘤は出産後に軽快する場合もあります。

・立ち仕事の多い人

美容師や調理師など立ち仕事の多い人は、下肢の静脈が血液を押し戻すのに負担がかかるため、下肢静脈瘤になりやすいです。
特に、下肢の筋肉を使わない棒立ちの姿勢を長時間とる人は、リスクが高いと言えます。

・家族に下肢静脈瘤の人がいる人

原因は解明されていまさせんが、両親ともに下肢静脈瘤があると子が発症する可能性は90パーセントと言われています。
片親のみでも発症の可能性は50パーセント前後の確立で発症すると言われており、遺伝性も否定できません。

どうしたら、予防できるの?

普段のちょっとした心がけで静脈瘤は、予防したりこれ以上悪化するのを防ぐことが出来ます。

適度な運動を心がける

下肢静脈瘤 適度な運動を心がける
出典:welq.jp

静脈が血液を心臓に戻すためには、筋肉ポンプ作用が必要です。
普段から適度な運動を行い下肢の筋力を衰えさせないことが、予防につながります。

ガードルや窮屈な下着や服を避ける

下肢静脈瘤 ガードルや窮屈な下着や服を避ける

ガードルなどで体を締め付けてしまうと、下肢からの血液が心臓に戻りにくく、静脈弁に負担をかけてしまうので、出来るだけきついものは使用を控えるようにしましょう。

立ち仕事の間には、足の曲げ伸ばしを行う

下肢静脈瘤 立ち仕事の間には、足の曲げ伸ばしを行う
出典:www.ssp.co.jp

長時間の立ち仕事の間の区切りの良い時で構わないので、足を曲げ伸ばすなどの運動やストレッチを取り入れて、棒立ちの状態が長くならないようにしましょう。
また、休憩時間には足を前にだして座ったり、横になって足をのばすなどの時間をつくり、下肢の負担を軽減させましょう。

弾性ストッキングを着用する

下肢静脈瘤 弾性ストッキングを着用する

医療用の弾性ストッキングは、足首に最も圧が強くなるよう出来ていて、太ももに向かうにつれて圧が軽減される作りになっており、静脈血が心臓に戻りやすいような構造になっています。

就寝時は足を高くする

下肢静脈瘤 就寝時は足を高くする
出典:ashikenkou.jp

就寝時は、足を心臓より高い位置にして横になることで、下肢の血液が心臓に戻りやすくなります。
あまり高くすると姿勢がきつくなってしまうので、ご自分の体形に合わせて心臓よりあしがやや高くなる(15度くらい)を目安に調整してみてください。

さいごに

下肢静脈瘤は、加齢や環境により誰もがなる可能性があります。
下肢の負担を軽減させるためのちょっとした心がけを忘れずに生活できると良いですね。
また、下肢静脈瘤が悪化したり、出来てしまった瘤を治すために手術を受けたい場合は、専門の機関を早めに受診するようにしましょう。

最終更新日: 2016-10-24

タグ:
下肢静脈瘤

記事に関するお問い合わせ

「足の病気・症状」に関する記事

足の病気・症状の記事は他にも多数!

肉離れから起こる痛みとは?症状と緩和法まとめ
肉離れから起こる痛みとは?症状と緩和法まとめ
靴擦れ・かかとの水ぶくれを早く治す方法は?原因や防止方法・薬の総まとめ
靴擦れ・かかとの水ぶくれを早く治す方法は?原因や防止方法・薬の総まとめ
知っておこう!痛風治療に用いられる薬と改善すべき生活習慣
知っておこう!痛風治療に用いられる薬と改善すべき生活習慣

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。