1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. お腹の病気・症状 >
  4. ウイルス性下痢症 >
  5. 下痢が起こる原因と予防法

下痢が起こる原因と予防法

下痢は起こるととても厄介で、辛いものです。 下痢が起こったときの対処法も必要ですが、できれば下痢が起こらないようにしたいものです。 ここでは、下痢が起こる原因や予防法について紹介します。

下痢が起こるメカニズム

正常な便は腸のぜん動運動によって、食べ物のカスを肛門の方へと押していきます。
その際、便に含まれている水分は腸から吸収され、程よい便の形になっていきます。

では、一体どのようにして下痢が起こるのでしょうか?

ウイルス性下痢症 下痢が起こるメカニズム

腸管運動異常によって起こる下痢

【機序】
ぜん動運動が高まりすぎて起こる時と、低下して起こる時があります。

ぜん動が活発になりすぎると、便の水分が吸収される間もなく通過してしまうので下痢になります。

一方、ぜん動運動が低下すると小腸の中に細菌が増殖してしまい、脂肪や水分の吸収を阻害してしまうので下痢が起こります。

【症状】
便の水分量が多い。

【原因】
亢進:過敏性腸症候群、大腸がん、甲状腺機能亢進症など
低下:糖尿病、甲状腺機能低下症など

滲出性下痢

【機序】
腸が炎症を起こすことで腸管壁の透過性が上がり、そこから血液や粘液、体液など(浸出液)が腸管内に滲み出てしまうので下痢が起こります。

【症状】
浸出液にはタンパク質や血液が含まれているため、便に血が混ざっていることもあります。

【原因】
急性の場合は、感染性腸炎(ロタウイルスノロウイルス、サルモネラなど)や虚血性腸炎など
慢性の場合は、クローン病や潰瘍性大腸炎など

分泌性下痢

【機序】
便から吸収する水分量が少ない時や、腸から便への水分分泌量が増えてしまうことによって下痢が起こります。

【症状】
滲出性下痢とは違って血便などはみられず、水下痢が主な症状となります。
また、粘液便と呼ばれるすこし粘着質の便が出ることもあります。

【原因】
サルモネラやボツリヌス菌、黄色ブドウ球菌などによる食中毒
薬の副作用

浸透圧性下痢

【機序】
腸内の浸透圧が高くなることで、体内から水分が腸管へと移動してしまい、起こる下痢です。
つまり、腸内にある食べ物や飲み物の浸透圧が高いことによって起こるのです。

【症状】
水分を多く含んだ下痢便。

【原因】
果糖・キシリトールなどを過剰に摂取したとき
乳糖不耐症の方が牛乳やヨーグルトを食べたとき

下痢は、単純に一つのメカニズムだけで起こっているわけではありません。
一言で下痢と言っても、さまざまなメカニズムで起こっていることが分かりました。

では、これらを予防するには、どうしたらよいのでしょうか?

下痢を予防する方法

下痢を防ぐということは、腸内環境を整えるということ。
日常で注意できるポイントをまとめてみました。

暴飲暴食は避ける

ウイルス性下痢症 暴飲暴食は避ける
出典:haraitas.com

特にお酒は、アルコールを含んでいるので単に水を飲むときよりも大量の水分を腸に運んでしまうことになります。

また、脂肪分や糖分の多い食べ物や、冷たい飲み物や食べ物を早くたくさん摂取しまうと消化不良を起こしてしまいます。

暴飲暴食はやめましょう。

細菌やウイルスを食べない・食べさせないようにする

ウイルス性下痢症 細菌やウイルスを食べない食べさせないようにする

夏場はとくに、細菌やウイルスが繁殖してしまいます。
食品はもちろん、食器などの衛生管理には十分に気を付けましょう。

手洗いを徹底し、生の魚や肉が触れるものには細菌やウイルスが付着しているものと考えて対処しましょう。
魚や肉に触れた調理器具と野菜を扱うものは一緒にしないようにし、使った後は消毒しましょう。

また、食品は低温(細菌は10℃以下で繁殖が抑制、-15℃以下で停止)で保存し、料理はできるだけ加熱して食べるようにしましょう。

ちなみに細菌は75℃で1分以上、ノロウイルスは、85~90℃で90秒以上の加熱で死滅します。

さらに、下痢や吐き気など、感染が疑われるときの症状が見られる場合は、調理しないようにしましょう。
手をしっかり洗っていても、ウイルスは細菌は服にも付いている可能性があり、そこから食品へと移動していきます。

身体を冷やさないようにする

ウイルス性下痢症 身体を冷やさないようにする
出典:blog.esuteru.com

身体を冷やしてしまうと下痢を起こす仕組みは、医学的には解明されていません。

一説に、水分は身体を冷やしてしまうため、身体を温めようと腸内の水分を排出させることで保温しようとしているのではないかと言われています。

腹部はもちろん、手足や首なども温めて身体を冷やさない工夫をしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
ウイルス性下痢症 ノロウイルス 糖尿病 食中毒

記事に関するお問い合わせ

「ウイルス性下痢症」に関する記事

ウイルス性下痢症についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

赤ちゃんや子供によく見られるロタウイルス感染症の症状とは?大人でも気を付けて!
赤ちゃんや子供によく見られるロタウイルス感染症の症状とは?大人でも気を付けて!

「お腹の病気・症状」に関する記事

お腹の病気・症状の記事は他にも多数!

胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
胃酸過多の原因と症状とは?効果的な薬とツボを使った治し方についても解説!
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
生理がこない!?無月経の原因や症状とは?治療法や検査方法まとめ
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
子宮内膜症の治療や検査方法とは?手術の費用や入院期間はどのくらい?
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
もしかしたら妊娠のサインかも?不正出血と着床出血の違いとは
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?
【子宮外妊娠】つわり・痛み・出血の症状を解説!異常妊娠時のhCG値はどのくらい?

「ウイルス性下痢症」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。