1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 知っておこう!抗うつ剤SSRIの5つの副作用

知っておこう!抗うつ剤SSRIの5つの副作用

症状の改善に高い効果も期待できることから、多くの医療機関ではうつ病の第1選択薬として処方されているSSRI。「選択的セロトニン再取り込み阻害薬」という抗うつ薬の一種で、第1世代、第2世代の抗うつ薬に比べると副作用が少ない第3世代の抗うつ薬として開発されました。このように副作用が少ないとされるSSRIですが、副作用が全くないわけではありません。服用の際には注意が必要です。

意外と多かったSSRIの副作用

うつ病(大うつ病性障害) 意外と多かったSSRIの副作用

従来の抗うつ薬に比べて副作用が少ないとされるSSRIではありますが、
これから紹介する副作用が確認されています。

吐き気・下痢

SSRIの副作用で最も一般的なものの1つが吐き気の症状です。

消化管に分布するセロトニン受容体をSSRIが刺激することで、
吐き気を感じることがあります。

体内のセロトニン受容体のほとんどは消化管に存在しているため、
SSRIの作用でセロトニンが増えると、その副作用が消化管に出ることが多いのです。

下痢の症状が出ることもあります。

対処法

副作用によって感じる吐き気は多くの場合は一過性で、
SSRIを服薬し始めてしばらく経つと自然と改善します。

眠気・不眠

一般的には眠気を生じることが少ないSSRIですが、抗うつ薬の効果によってリラックスした状態では、人によって眠気を感じることもあります。

SSRIにはヒスタミン受容体をブロックする働きがあり、ヒスタミン受容体がブロックされてしまうと神経の伝達が鈍くなります。
ヒスタミンは脳の覚醒状態に関わっているものですので、それがブロックされると活動能力の低下や眠気といった身体的症状が現れます。

これは抗ヒスタミン作用と言って、花粉症などで使う抗アレルギー薬にも抗ヒスタミン作用があります。

反対にSSRIは不眠を引き起こすこともあります。
SSRIがセロトニン2A受容体を刺激することで生じると考えられています。

このようにSSRIには、正反対の症状の副作用を引き起こす可能性があり、
それぞれが違ったメカニズムによって発生します。

対処法

眠気・不眠の症状も、様子を見ているうちに自然と改善していくケースがほとんどです。

いつまでも眠気・不眠の症状に悩まされるようでしたら、減薬や薬の種類を変えるなどの対応について、医師と相談しましょう。

口の渇き

アセチルコリン受容体をSSRIがブロックすることで起こる症状です。

SSRIによってアセチルコリン受容体がブロックされることを、抗コリン作用といいます。

この抗コリン作用によって、副交感神経からの情報伝達が鈍くなります。
唾液の分泌はこの副交感神経によって支配されているため、抗コリン作用によって、口が渇く、尿が出にくくなる、便秘などの症状が現れることがあります。

対処法

症状が軽い場合は様子を見ながら改善を図りますが、症状によって苦痛を感じる場合は、減薬や薬の種類の変更を検討する必要があります。

抗コリン作用を和らげる薬を使う方法もあります。

めまい・ふらつき

SSRIの服用で眠気を感じることと同じメカニズムによって、ふらつきやめまいを感じることもあります。

アドレナリン受容体は血圧のコントロールと関連があります。
そのアドレナリン受容体がSSRIによってブロックされてしまうと、血圧の調整がうまくできなくなってしまいます。
結果、血圧を上げるべきときに血管の収縮ができなくなり、立ちくらみやめまいの症状となって現れることもあります。

対処法

軽度の症状では様子を見ます。
改善が見られなかったり症状が重かったりする場合は、減薬したり薬の種類の変更を検討します。

また、昇圧剤を使用することもあります。

性機能障害

SSRIの副作用として性機能障害が現れることもあります。
セロトニン2受容体が刺激されることで生じます。

具体的には、以下のような症状が現れます。

・性欲の低下
・勃起障害
・射精困難
・膣分泌液の減少性機能障害

SSRI(Selective Serotonin Reuptake Inhibitor 選択的セロトニン再取り込み阻害薬)により、30~50%の患者さんが性機能障害に悩まれているといいます。
SSRIはそのセロトニンの神経伝達により、これまでのTCA(Tri-Cycric Antidepressant 三環系抗うつ薬)よりも性機能障害を生じやすいと考えられています。
詳しい神経学的な機序は分かっていません。

約5割の患者さんが性機能障害に悩んでいますが、実際に副作用が起きている方は更に多いとも言われています。

性の問題ということで報告しにくいことが、臨床試験と実際のデータとの乖離を生んでいると考えられます。

対処法

性機能障害が現れたら医師に報告し、適切な対応を取るようにしましょう。

SSRIの服用を止めれば性機能は正常に戻りますので、性機能障害が認められても服薬を続けながら様子を見るのが一般的です。

副作用の症状が重い場合は、減薬や他の抗うつ薬への変更も検討することになります。

まとめ

これまで見てきたように、SSRIの副作用のほとんどは一過性のものです。
SSRIを継続的に服用しているうちに症状は改善されていきます。

しかしその一方で、副作用が一向に治まらないということもあります。
薬の効果も副作用も個人差があることですので、副作用が治まらない場合は主治医に相談しましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) 双極性障害(躁うつ病) 花粉症

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。