1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. 朝活 >
  4. 人生が豊かになる!?朝活で爽やかな朝を手に入れよう!

人生が豊かになる!?朝活で爽やかな朝を手に入れよう!

「朝活」って聞いたことありませんか? それは早起きをして、仕事や学校が始まる前の時間を趣味や勉強などにあててステキな時間を過ごすこと。 朝活は、人生を豊かにすると、楽しんでいる人も増えてきているようです。 ここでは、朝活のメリットとデメリット、おすすめの朝活について紹介します。

朝活のメリット

朝活を取り入れることによって、どのような効果があるのでしょうか?

朝活のメリット

脳を活性化

肌のゴールデンタイムがあるように、脳にもゴールデンタイムがあるようです。
それが朝の時間帯なのです。

朝の活動は、他の時間帯に比べるとかなり効率の良い方法と言えるでしょう。

朝の脳はフレッシュな状態なので「脳のゴールデンタイム」と呼ばれています。

さらに朝は比較的誰にも邪魔されない時間なので、集中して英語を勉強したり、クリエイティブな活動に取り組むには最適な時間帯だといえます。

引用元: asajikan.jp

ドーパミン分泌が活発化

ドーパミンは、やる気や運動能力、学習能力、快感、記憶力といったものをアップさせる物質です。
朝は、このドーパミンが活発に分泌される時間帯なのです。
「やりたくないな」「苦手だな」と思っていることなどは、朝取り組むと解決しやすいと言えるでしょう。

ドーパミン分泌が活発化

セロトニンの分泌

セロトニンは、起床してから30分の間に活発に分泌されます。
爽やかに目覚めることができるのは、このセロトニンの効果があるから。
朝、目が覚めた後に浴びた光は網膜を通して視交叉上核に達し、睡眠を促すメラトニンというホルモンの分泌を抑制します。

このメラトニンが少なくなることで、脳を覚醒させるセロトニンが活発になり、脳とカラダを起床モードに切り替えるのです。

その他に、セロトニンが少なくなると、うつ病や不安などの精神状態が悪化してしまうことがわかっています。

朝、外の光を浴びることで、効果的に分泌されることがわかっています。
ウォーキングやストレッチなど、外で太陽の光を浴びながら朝活することで爽やかな朝を迎えましょう。

朝活のデメリット

朝活のデメリット

デメリットとしては、早起きをするのでおのずと夜早く眠くなるということ。
夜更かしが好きな方は、大幅に生活スタイルを変える必要があります。

朝活を始めたときは、朝起きるのが辛いこともあると思います。
しかし、習慣化してしまえば特に辛いと思わなくなってきます。

おすすめの朝活

静と動、一つに絞る必要はありません。
いろいろ試して楽しい時間を過ごしましょう。

身体を動かす

身体を動かす
出典:luffandpiece.com

身体を動かすと交感神経が優位になり、こころも身体も目を覚ますことができます。

よってすっきりとした気持ちで、出社や登校することができます。
ジョギングやウォーキングはもちろん、サイクリングやヨガなども良いでしょう。

静かに過ごす

静かに過ごす
出典:labaq.com

読書はいかがですか?
読書は知識を増やし、人としての思考の幅も広げてくれます。

また、瞑想などもおすすめです。
瞑想は発想力を高め、心身ともに落ち着かせることができます。

音楽を聞いたり爽やかなアロマの香りを楽しみながら、静かな時間を過ごすことも素敵な朝活です。

朝の時間をゆったりと過ごすことでこころに余裕ができ、人にやさしく接することができそうですね。

早めに出勤・登校する

早めに出勤登校する
出典:cbchintai.com

これも立派な朝活のひとつです。

朝早くの電車は空いていて落ち着くものです。
その時間帯に、集中してやっておきたかった仕事や勉強を片づけましょう。

通勤ラッシュ前は座ることができて、まさに三文の徳ですね。

趣味を楽しむ

趣味を楽しむ
出典:iemo.jp

朝、日が浅いうちにガーデニングなどの手入れをすることで、日差しを気にすることなく楽しむことができます。

また、夜更かししていたときに見ていたテレビを録画して、朝見るのも良いかもしれません。

時間をかけて紅茶を入れたり、コーヒーを豆からひいて楽しんでみたりするのもひとつです。

勉強しよう

朝は、ドーパミンとアドレナリンという神経伝達物質働きが活発になります。

睡眠することにより蓄積されたドーパミン(やる気ホルモン)が放出されることで、記憶や認知機能に関係する神経が刺激されると言われています。

朝に勉強することは、最適と言えます。

まずは、「朝時間に何かを成し遂げたい」「朝時間を活用して自己を成長させたい」といった前向きな気持ちで行動を起こしてください。
それを繰り返し行うことで習慣化させれば、脳の行動回路も強化されます。
あなた自身が持つ潜在能力を発揮することも可能になるでしょう。

引用元: books.google.co.jp

朝活に参加してみる?

今、朝活でセミナーに参加される方が増えています。

片づけセミナーや文章の書き方セミナー、お寺で写経セミナーなど、さまざまなタイプのものがあります。
自分に合ったセミナーを探してみましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害)

記事に関するお問い合わせ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。