1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. 抗うつ薬で「うつ症状」に?気を付けたい離脱症状と副作用

抗うつ薬で「うつ症状」に?気を付けたい離脱症状と副作用

お薬には目的とする効能の他に「副作用」が存在します。なかでも「うつ病」に使われる抗うつ剤では、その副作用がよく問題になります、ここでは抗うつ剤の副作用、そして気になる離脱症状についてご紹介します。

抗うつ剤の種類

うつ病(大うつ病性障害) 抗うつ剤の種類

抗うつ剤の役割を簡単に言うと“脳内環境の調整”です。

「こころ」という実態のないものに働きかける不思議な薬ではなく、脳内の神経伝達系」に働きかけてその環境を整えるため薬なのです。

抗うつ剤は開発された年代順に、古いものから「三環系→四環系→SSRI→SNRI→NaSSA」となります。
(画像参照)

離脱症状について

うつ病(大うつ病性障害) 離脱症状について

一般的なものとは違って脳内環境に直接働きかける薬ですので、うつ症状が改善したと言って急に服薬をやめると、服薬による副作用とは別に服薬をやめることで現れる副作用「離脱症状」に悩まされることがあります。

薬の服用が長期であるほど、薬の代謝がよいほど、離脱症状は起こりやすいです。

長期間、薬を飲むことで薬の成分が定期的に体に入ります。
体は今後も定期的にその成分が体に入ってくるものだと思って、その予定で体の中を調整しています。

そのような体になっている時にいきなり薬をやめると、体は入ってくると思っている薬の成分が入って来ないので、体の中の色々なバランスが狂ってしまうわけです。

具体的な症状は個人差や服用してた薬剤にもより様々ではありますが、薬を減らしてから1~3日ほどで認められることが多いです。

めまい・頭痛・吐き気・だるさ・しびれ・耳鳴り・イライラ・攻撃性・不安・不眠・ソワソワ感などの症状がみられます。

しかし薬の変更等でどうしても中止しないといけない場合もあります。
離脱症状をなるべく出さずに中止するためには、減っていくことに身体を慣らせることです。

具体的には、一日の服用回数を徐々に減らしていく方法、一回の服用量を減らして回数を増やし全体の一日量を徐々に減らす方法等があります。

とにかく血中濃度を徐々に焦らずに薄めてゆくことが必要不可欠になります。

服用による副作用

うつ病(大うつ病性障害) 服用による副作用

抗うつ剤を服用すると、脳内のターゲットとする神経伝達系だけではない他の神経系に作用してしまうため、副作用が出る場合があります。

代表的な副作用は次の通りです。
口が渇く・便秘・排尿障害・眠気・胃腸障害・頭痛・倦怠感になります。

さらに抗うつ薬の投与早期や増量時には、不安・焦燥や、衝動性が高まることが見られることもあります。

副作用の発現は、個人的要因(投与量・年齢・性別・健康状態・薬物の代謝機能・薬物への感受性・他のこころの病気の有無など)が複雑に影響するため個人差が大きく、まれに重篤な副作用が出現することもあります。

うつ病(大うつ病性障害) 服用による副作用

重篤な副作用

副作用は、定期的な受診等、医師の指導の下で適切な量・種類の処方を受ければ、そこまで心配する必要はありません。

しかし、抗うつ剤の一番怖い副作用は「うつ症状」であることをご紹介させて頂きます。

うつ病を治す薬の添付文書には自殺願望が高まることがあると書かれています。
うつ病を治すために薬を飲んでいるのに、その副作用として「うつ症状」が出てしまうこともあるのです。

正しい用法用量を守っていればこのような副作用が出ることは稀ですが、なにか異変を感じたら自己判断せず、かかりつけの医師や薬剤師に相談するようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) 双極性障害(躁うつ病)

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。