1. ヘルスケア情報 >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 肥満 >
  5. 無理なくダイエットに効果のある運動とは!?これなら続けられるスロージョギング

無理なくダイエットに効果のある運動とは!?これなら続けられるスロージョギング

ダイエットには運動がいいことはわかるけど、無理はしたくない人が多いのではないでしょうか? ハードでないダイエット効果のある運動を試したい場合には、スロージョギングはいかかでしょうか。 ここでは、ダイエットに効果のあるとされる有酸素運動の、スロージョギングの効果と方法をご紹介します。

スロージョギングとは?

肥満 スロージョギングとは?

ダイエットに効果のあるとされる運動に、脂肪を燃やす有酸素運動があります。

有酸素運動というとジョギングやウォーキングが一般的ですが、ウォーキングよりは早く効果を感じたいけれど、ジョギングは体力的に自信がないという方もいらっしゃるのではないでしょうか?そのような方にはスロージョギングがオススメです。

スロージョギングは、1時間に約5km進むことを目安に走る運動で、一般的なジョギングの約半分の距離になります。

ウォーキングよりはエネルギ―を使い、関節に負担をかけずに脂肪を燃やす効果を得ることができます。

そして、無理なく続けていくことで体力アップの効果がある運動です。

スロージョギングの効果

肥満 スロージョギングの効果

スロージョギングはウォーキングやジョギングと同じ有酸素運動になります。
有酸素運動は比較的弱い力を筋肉にかけ続けることで酸素を用いて脂肪を燃やす、ダイエット効果のある運動です。

スロージョギングはウォーキングに比べて約2倍のカロリーを消費するとされています。
また、ジョギングほど体に無理がかからず、効果的に脂肪を燃やすことができる運動です。

まだまだあるスロージョギングの効果

スロージョギングはダイエットの他にも様々な効果があります。

スロージョギングでは、歩くときには使わない前脛骨筋(ぜんけいこつきん)と大腰筋(だいようきん)を鍛えることができます。

この筋肉を鍛えることで、猫背や腰の曲がりのもととなる体の歪みを予防します。

その他にも、脳の血流が活発になり認知機能や記憶力が高まることや、血流改善で毛細血管が再生し、体の隅々まで新鮮な酸素と栄養を届けることで代謝がよくなるなどの効果があります。

スロージョギングの方法

肥満 スロージョギングの方法

スロージョギングは、1歩の歩幅が約10cmを目安に、リズムよくポンポンと跳ねるように足を運びます。

誰かと一緒に走る場合は、隣の人と笑顔で会話をしながら走り続けられるくらいのペースがベストです。

呼吸が苦しく感じられるときはペースが速くなっていますので、スピードを緩めましょう。

ポイントはフォアフット着地!

フォアフット着地とは、つま先着地走法のことをいいます。

スロージョギングの走る姿勢は、少し膝を曲げて一歩を小さく、足の指のつけ根で着地して足の裏全体で一歩を踏み出す方法(フォアフット着地)になります。

フォアフット着地は、体が慣れるまでふくらはぎに筋肉痛を感じることもありますが、慣れてくるとかかとで着地するよりも体への衝撃が少なく、足の疲労も緩和します。

体に負担の少ないスロージョギングですが、無理な運動はダイエットの途中で挫折しかねません。

有酸素運動は運動開始20分から脂肪が燃え始めますので、1回に走る時間は20~30分を目安にスロージョギングを楽しみましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
肥満

記事に関するお問い合わせ

「ダイエット」に関する記事

ダイエットの記事は他にも多数!

ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!
ダイエットに筋トレを取り入れてお腹やせ!効果のある筋トレ方法ご紹介!

「肥満」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。