1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 鼻の病気・症状 >
  4. 鼻炎 >
  5. アレルギー性鼻炎 >
  6. 鼻炎で眠気を避けたいときの治療には漢方薬!

鼻炎で眠気を避けたいときの治療には漢方薬!

つらい鼻炎を何とかしたい!そんな時に頼りになるのが鼻炎薬です。鼻炎薬を飲むと症状が楽になったけど、今度は眠気を感じて違うつらさを感じたという、方も多いと思います。そんな時は、眠気のない漢方薬を選んでみませんか?ここでは、アレルギー性鼻炎に使用される主な漢方薬3種類をご説明します。

アレルギー性鼻炎の薬物療法

アレルギー性鼻炎 アレルギー性鼻炎の薬物療法

アレルギー性鼻炎には、花粉症などの季節性アレルギー性鼻炎と、ハウスダストが原因の通年性アレルギー性鼻炎があります。
どちらも、アレルゲンに体が反応することで、突発的にくしゃみがおこり、その後も鼻水や鼻づまりなどの症状が続くつらい病気です。

アレルギー性鼻炎の症状は鼻に出るだけではありません。
目のかゆみや頭痛など、体に様々な症状をもたらして日常生活に支障を及ぼします。

これらの症状の緩和にする方法の一つが、鼻炎薬を使用する薬物療法です。
鼻炎薬は内服薬、点鼻薬、点眼薬があり、医療機関での処方または市販薬として購入できます。

鼻炎薬を飲むと眠気を感じるのはなぜ?

アレルギー性鼻炎 鼻炎薬を飲むと眠気を感じるのはなぜ?

鼻炎薬を飲んだ後に、眠気や口の渇きを感じた人は多いのではないでしょうか。

鼻炎薬に使用される主な成分は、第一世代抗ヒスタミン薬、第二世代抗ヒスタミン薬、血管収縮薬、遊離抑制剤などがあります。
その中で、眠気は抗ヒスタミン薬を飲んだ人に多い副作用です。

抗ヒスタミン薬は、アレルゲンに反応するヒスタミンの働きを弱めて症状を抑えますが、同時に脳内のヒスタミンに影響を与えます。

脳内のヒスタミンは働きを弱めることで、集中力と活動力は低下し眠気を感じる副作用が現れます。

これらは、第一世代抗ヒスタミン薬の特徴であり、服用後は車の運転や高所での作業などに注意が必要です。

眠くならない鼻炎薬に漢方薬を選択

アレルギー性鼻炎 眠くならない鼻炎薬に漢方薬を選択

鼻炎の症状は改善したいけど、仕事や勉強に影響が出る眠気を避けたい人は、漢方薬を選ぶ方法があります。

漢方は保険がつかえない、効果がないと思っている方もいらっしゃいると思います。
全ての薬が適応しているわけではありませんが、1976年には漢方薬も健康保険適応になりました。

また、近年では漢方外来も設けられ始めています。
西洋医学が中心だった医療現場でもその効果が認められるようになりました。

身体全体のバランスを整えることが基本の漢方医学は、個人の体質によって効果の出方が変わってくるため、漢方を服用する際は専門の医師に自分の体質に合った漢方を処方してもらいましょう。

花粉症の治療に用いられる、主な漢方薬は次の3種類です。

小青竜湯(しょうせいりゅうとう)

花粉症に処方される漢方薬で最も一般的な薬です。

アレルギー性鼻炎にみられる、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみの体質に効果があるとされ、体の水分代謝を促すことで症状を改善します。
冷え性のある人には特に高い効果が期待できます。

副作用はあまり出ないとされる漢方ですが、体質によっては出る場合も。
主な副作用は、胃の不快感や食欲不振、吐き気を催したり、発汗過多になります。

胃腸の調子の悪い人や、暑がりなどで発汗の多い人には向かないとされています。

【成分】
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
半夏(ハンゲ)
五味子(ゴミシ)
細辛(サイシン)
乾姜(カンキョウ)
甘草(カンゾウ)

葛根湯加川芎辛夷(かっこんとうかせんきゅうしんい)

葛根湯加川芎辛夷は体を温めて鼻づまりを改善する漢方薬です。
呼吸がしにくく夜間眠れないような強い鼻づまりの人に効果が期待できます。

副作用としては、小青竜湯と同様に胃の不快感や、吐き気を催す、発汗過多になる場合があります。
そのため胃の調子が悪い場合の服用はすすめられません。

【成分】
葛根(カッコン)
麻黄(マオウ)
桂皮(ケイヒ)
芍薬(シャクヤク)
甘草(カンゾウ)
大棗(タイソウ)
生姜(ショウキョウ)
川きゅう(センキュウ)
辛夷(シンイ)

苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)

くしゃみや水のようにサラサラした鼻水の症状を改善する漢方薬です。
胃腸が弱く冷え性の人に用いられます。

主に、半夏、杏仁、五味子、細辛といった生薬が、淡と咳を抑えアレルギー症状を和らげてくれます。

こちらは小青竜湯、葛根湯加川芎辛夷と違い、胃腸の調子が悪い人に良く処方されます。
ただ副作用として、むかつきや食欲不振が起きる場合もあるとのことです。

【生薬構成】
半夏(ハンゲ)
杏仁(キョウニン)
五味子(ゴミシ)
細辛(サイシン)
茯苓(ブクリョウ)
乾姜(カンキョウ)
甘草(カンゾウ)

漢方薬のメリット・デメリットとは?

漢方薬の使用は、眠くならない、口渇を感じない、子供でも服用できる、授乳中でも服用できる、体質改善につながることで花粉症の改善も期待できるメリットがあります。

体に優しい漢方薬ですが、小青竜湯に含まれるマオウには、血圧上昇や動悸がおきやすくなるデメリットもあります。

薬は個人の体質に合ったものが処方され、場合によっては西洋薬と組み合わせで飲むこともあります。
薬は主治医の指示のもと適切に服用しましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
アレルギー性鼻炎 鼻炎 花粉症 授乳

記事に関するお問い合わせ

「鼻の病気・症状」に関する記事

鼻の病気・症状の記事は他にも多数!

【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
【新宿・渋谷近郊のクリニック5選】花粉症の季節到来!早めの対策ならココ!
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
夜うるさいいびき... その原因と改善法は?
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻漏を改善できる?後鼻神経切断術とは
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!
後鼻神経切断術で本当に鼻炎が止まるの?手術後の効果を徹底検証!

「アレルギー性鼻炎」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。