1. ヘルスケア情報 >
  2. メンタル・心の悩み >
  3. うつ >
  4. うつ病(大うつ病性障害) >
  5. うつ病の治療に運動が良い理由とは?無理なく続けたい運動療法

うつ病の治療に運動が良い理由とは?無理なく続けたい運動療法

うつ病の治療といえば、抗うつ薬などの薬物療法があります。 しかし、薬の他にも、身近な習慣を見直すことで症状の改善につながることも。 ここでは、うつ病の治療におこなわれる運動療法の効果と、運動をするときのポイントについて解説します。

うつ病に運動がいい理由とは?

うつ病(大うつ病性障害) うつ病に運動がいい理由とは?

うつ病とは、人間関係や環境の変化によるストレス、神経伝達物質の働きの低下、疾患などの体の変化が原因でおこる病気です。

主な症状に、落ち込みや意欲の低下、不安などがあり、医療機関を受診すると抗うつ薬などを用いた薬物療法や、物事の考え方を変えていく精神療法などがあります。

うつ病の治療では、これらの薬物療法や精神療法と組み合わせて生活習慣の見直しが重要であり、その中心となるものが食事、睡眠、運動です。

なぜ運動がうつ病の治療に効果があるの?

運動をした後に、頭がスッキリと気分が軽くなった経験をしたことがある人も多いのではないでしょうか?

運動をおこなうと脳の前頭前野に位置する、海馬の体積が増えて血流が増加します。
それにより脳由来神経栄養因子のBDNFが増えることが、様々な研究から解ってきました。

うつ病の原因のメカニズムについては、まだ解明されていない部分もありますが、うつ病の原因となるストレスは、脳の海馬の萎縮やBDNFが低下して、うつ症状を引きおこすのではないかと考えられています。

運動をすることでBDNFを増やすことができると、脳の神経が活性化されます。

これにより、うつ病に関係する神経伝達物質のセロトニンやノルアドレナリンの分泌量を増やすことができて、うつ症状の改善につながります。

運動をすることで睡眠改善

うつ病(大うつ病性障害) 運動をすることで睡眠改善

うつ病の人の多くにみられる症状に、不眠や睡眠障害があります。
原因には、睡眠に重要なホルモンのメラトニンの材料になるセロトニン不足などが考えられます。

不眠や睡眠障害はうつ症状の悪化につながり良質な睡眠はとても重要です。

運動をすることで適度に体が疲れると、夜の睡眠が深くなるという効果があります。
深い眠りにつく回数が増えて睡眠障害が改善してくることは、うつ症状の改善にも期待ができます。

うつ病の人が運動をおこなうポイントとは?

うつ病(大うつ病性障害) うつ病の人が運動をおこなうポイントとは?

うつ症状の改善に効果が期待できる運動ですが、無理をしないことが大前提です。

運動を始めるタイミングはいつでもかまいません。
しかし、うつ症状が重く体を動かせない場合や、服薬の影響で体調不良の場合は中止します。

うつ症状の具合をみて散歩などの軽い運動から始めてから、症状の改善がみられたらウォーキングやランニングなどの有酸素運動を続けてみましょう。

運動の回数と時間の目安

運動の回数は週に3回以上をおこなうことが目安です。

しかし、うつ病の治療としての運動は、うつ症状の改善が1番の目的ですので、筋トレや体力アップはあくまでも副次的なものとします。

1回の運動時間は、次の日に疲れが残らない程度にとどめます。

運動療法は長く続けることで効果が得られます。
主治医と相談しながら、無理のない範囲で運動を続けていきましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
うつ病(大うつ病性障害) 双極性障害(躁うつ病) ストレス

記事に関するお問い合わせ

「うつ病(大うつ病性障害)」に関する記事

うつ病(大うつ病性障害)についてさらに詳しく知りたいならこちらをチェック

人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
人に会いたくない…あなた抑うつかも!?症状や治療についてのまとめ
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!
うつ病は身近な病気!薬について知ろう!

「うつ」に関する記事

うつの記事は他にも多数!

うつ病の「診断書」とその内容について
うつ病の「診断書」とその内容について

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。