1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 歯や口の病気・症状 >
  4. 歯ぎしり >
  5. マウスピースに期待できる7つの効果

マウスピースに期待できる7つの効果

歯ぎしりに有効なマウスピース。主に就寝中につけるのが一般的です。あまり知られていないマウスピースに期待できる7つの効果をご紹介します。

1 歯ぎしりによる弊害を防ぐマウスピース7つの効果

1-1 知覚過敏/歯がしみる

知覚過敏の主な症状は歯がしみることはよく知られています。
ですが、その一因が歯ぎしりにある!ということはあまり知られていないのではないでしょうか?

長期間にわたる歯ぎしりの影響で、歯の根元に楔状欠損と呼ばれる、楔型に歯が欠けるという症状が起こることがあります。
それは歯ぎしりの際にかかる力が歯の根元に響いているために引き起こされます。

そうした歯ぎしりの際に歯にかかる負担を分散させるために就寝中のマウスピースが有効です。
そうすることで歯ぎしりによる楔状欠損を防ぎ、知覚過敏を防ぐことが可能になります。

1-2 歯根膜炎(しこんまくえん)/噛むと痛い

歯ぎしり 1-2 歯根膜炎(しこんまくえん)/噛むと痛い

長期間にわたり歯ぎしりを行うことにより、知らず知らずのうちに歯がぐらぐらと揺さぶられ歯の根っこを包む歯根膜に悪影響が出てしまいます。
炎症が引き起こされ、歯根膜炎(しこんまくえん)と呼ばれる症状があらわれることがあります。

マウスピースの使用で歯根膜炎を予防することが可能です。
歯ぎしりによる歯の揺れを防ぎ、歯根膜への影響を軽減する効果が得られます。

1-3 顎関節症(がくかんせつしょう)/顎が痛い

歯ぎしりを行うことにより、頭の骨と顎を形成する骨の間にある関節円板(かんせつえんばん)と呼ばれる軟骨が悪影響を受け、徐々に顎の痛みを伴うことがあります。
それが顎関節症と呼ばれる症状です。

マウスピースを使用することにより、そうした様々な部位の骨へ加わる力も軽減され顎関節症の症状を軽減、または予防することが可能です。

1-4 咬耗(こうもう)/歯が削れてすり減る

歯ぎしりを行うことにより、歯と歯が噛み合う時に徐々に歯が削れていきすり減ってしまうことがあります。
消しゴムを使うと摩擦で筆跡が消え消しゴムも徐々にすり減るのと同様の仕組みです。

そうした症状が悪化すると歯がすり減ることで歯が短くなってしまったり、最悪のケースでは歯の神経がむき出しになることがあります。
重度の虫歯に近い状態を想像して頂ければ分かり易いと思います。

こうした症状へもマウスピースを使用することにより咬耗を軽減したり予防することが可能です。

1-5 歯牙破折(しがはせつ)/歯が大きく割れた

歯ぎしり 1-5 歯牙破折(しがはせつ)/歯が大きく割れた
出典:www.aki-dc.com

破折とは歯が大きく欠けたり根元の方から2つに折れてしまった状態(2分割された状態)を言います。
定期検診も虫歯0!毎日のお手入れもバッチリ!なのに急に歯が痛み出した!歯茎が腫れてきた!そんな諸症状があらわれてきた場合に考えられるのが、歯牙破折です。

歯が根元の方から割れてしまっている可能性が考えられます。
放置すると痛みや症状が悪化するので早めに歯医者さん(歯科医院・クリニック)を受診しましょう。

こうした諸症状も長引く歯ぎしりによる力で歯が割れてしまうことが一因となります。
予防するためにもマウスピースを使用することをオススメします。

1-6 セラミックなどの破折(はせつ)にも有効

様々な事情で高額なセラミックで治療した歯が欠けた!折れた!となっては悲しいですよね。
丈夫だと聞いていたのに!・・ですが強い歯ぎしりが長期間にわたり続いた場合にはそういったことも起こり得ます。
そうした状況を防ぐためにもマウスピースは有効です。

大切な健康な歯と歯茎、そして治療費を払って治療した歯を守るためにもマウスピースはオススメです。

1-7 歯周病/歯がぐらぐらと揺れる

歯ぎしり 1-7 歯周病/歯がぐらぐらと揺れる

歯ぎしりにより歯がぐらぐらと揺さぶられると、歯を支えている骨に影響し、歯と歯を支える骨の間に徐々に隙間ができていくことがあります。

そうしてできた隙間へ歯周病の原因となる細菌が侵入することによって年齢や生活習慣に関わらず歯周病が進行することがあります。
最悪のケースでは歯が抜けてしまうことが考えられます。

そうした歯周病の原因となる歯と歯を支える骨の間にできる隙間を作らないように予防するためにもマウスピースは有効です。

2 マウスピースの作成と使用法

2-1 歯医者(歯科医院・クリニック)で歯型をとる

歯ぎしり 2-1 歯医者(歯科医院クリニック)で歯型をとる

マウスピースを作成するにはまず歯医者さん(歯科医院・クリニック)で歯型をとってもらいます。

専門用語では印象(imp)を取ると言います。
たまに耳にする「印象が悪い、良い」はあなたへの印象のことではありません。
歯型がきれいに取れているかチェックをしています。
この時に余分な気泡が入ってしまっている場合には再度、歯型を取り直すこともあります。

基本的には必ず虫歯などその他疾患を治療した後に作成に移ります。
マウスピースはぴったりと歯に沿うものでなければならないからです。
基本的には上の歯に合わせてマウスピースを作りますが、不快感が強い方は下の歯に合わせて作ることも可能です。

2-2 マウスピース完成までは1~2週間

マウスピース作成用にとった歯型を歯科技工士さん(技工所)へ提出し作成してもらいます。
まれに歯科医院内に併設(歯科技工士常駐)しているところもありますが、たいていは外部へ発注します。
そのため1~2週間の期間が必要になります。

2-3 完成したマウスピースを合わせる

歯医者さん(歯科医院・クリニク)で完成したマウスピースを合わせてもらいます。
この時に強く圧迫される感覚があるのが普通です。
その違和感の慣れるまでは日中も1~2時間使用してみると良いでしょう。
それでもあまりにも痛みが強い場合には使用を中止して作成した歯医者さん(歯科医院・クリニック)へ相談しましょう。

2-4 就寝中に使用するのが基本

マウスピースの使用は基本的には就寝中です。
使用する前は必ずきれいに歯磨きをして使用しましょう。
日中は特別な場合(違和感に慣れるなど)を除いては使用しません。
就寝中の歯ぎしりはマウスピースによってかなり負担が軽減されます。
日中は噛み合わせないよう意識してみて下さい。

どうしても噛み合わせてしまい、その負担が過度な場合には日中も使用することを勧められる場合もあります。
気になる方は作成した歯医者さん(歯科医院・クリニック)へ相談しましょう。

2-5 起床後に外し、中性洗剤で洗い専用ケースに保管する

起床後にマウスピースを外します。
外したマウスピースは食器用洗剤などの中性洗剤で洗いましょう。
もしくは入れ歯洗浄剤に付け置きするのも効果的です。
その際はメーカーの使用法に従って洗浄しましょう。
歯磨き剤には研磨剤が入っているので、歯磨き剤では洗わないようにしましょう。
変形の原因となります。

3 歯科医院でマウスピースを作成する費用

歯ぎしり 3 歯科医院でマウスピースを作成する費用

かかりつけの歯医者さん(歯科医院・クリニック)で作成する場合には初診料あるいは再診料、検査料、型鳥をする際にかかる費用とその他疾患があれば治療費とその期間も念頭に置いておきましょう。

マウスピース自体は保険診療を受けられますので3割負担の場合で5,000円前後で作成できます。
自費診療の場合だと10,000~30,000円程度と歯医者さん(歯科医院・クリニク)によって差が見られます。
詳細はかかりつけの歯医者さん(歯科医院・クリニック)に尋ねましょう。

4 危険!市販のマウスピース

歯医者さん(歯科医院・クリニック)へ行くのが面倒、期間もかかるし、費用もかかる!市販のでもいいのでは?と思われるかもしれませんが、市販のマウスピースの場合、個人に合わせた形ではなく既成のものを熱湯で柔らかくした後に自分で自分の歯に合わせて固めるというものです。
それの何が危険なのか?ということですが、市販のマウスピースにはあなたの歯並びを悪くさせる可能性があるのです。

歯は意外にも簡単に動いてしまうものなので、数グラムの力で容易に動いてしまいます。
歯並びが悪くなれば歯ぎしりも悪化し口の健康状態を悪化させてしまいます。
矯正するにも多額の費用が必要です。

歯医者さん(歯科医院・クリニック)で作成した場合でもあまりにも圧迫が痛い場合には作り直すこともあり、プロフェッショナルであってもマウスピースの作成には気を使います。
それを市販のもので自分で作るというのは大変難しいことなので、できる限り歯医者さん(歯科医院・クリニック)にて作成することをおすすめします!

歯ぎしりだけじゃなくお口の健康を守るマウスピース!

歯ぎしり 歯ぎしりだけじゃなくお口の健康を守るマウスピース!

マウスピースは就寝中の歯ぎしりに有効なのはもちろん、歯ぎしりに伴う弊害、歯根膜炎(しこんまくえん)、歯周病(歯周病)、歯牙破折(しがはせつ)など様々な症状を予防してくれる重要なツールです。

必ず自分の歯にぴったりと合ったものを作成して使用しましょう。
マウスピースによって歯並びが悪くなれば、治したい歯ぎしりが悪化してしまいますので、きちんとかかりつけの歯医者さん(歯科医院・クリニック)で作成してもらうようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
歯ぎしり

記事に関するお問い合わせ

「歯や口の病気・症状」に関する記事

歯や口の病気・症状の記事は他にも多数!

ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
ドライマウスの治療方法とは?唾液腺マッサージやガムも効果的!
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
歯がしみる…つらい知覚過敏の原因とは?毎日の歯磨きが原因になっているかも
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
喉が痛い時おすすめの薬は?【ロキソニン】【サワシリン】について解説
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
ヘルパンギーナも引き起こす夏風邪ウイルスの正体とは?
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ
【画像付き】北海道や東北に多いベーチェット病!遺伝するの?症状と予後のまとめ

「歯ぎしり」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。