1. ヘルスケア情報 >
  2. 医療機関・医薬品 >
  3. 矯正歯科 >
  4. 歯科矯正 >
  5. 大人と子供、それぞれ歯科矯正にかかる期間はどのくらい?

大人と子供、それぞれ歯科矯正にかかる期間はどのくらい?

見た目を美しくするだけでなく、顎への負担を軽減したり、歯周病虫歯のリスクを避けたりするためにも有効な歯科矯正。矯正は子供のうちにするというイメージがあるかもしれませんが、実は大人になってからでも遅くはありません。では、大人と子供で歯科矯正をする期間はそれぞれどのくらいかかるのでしょうか。

大人と子供、歯科矯正を始める際のメリットとデメリット

歯科矯正にかかる期間の前に、まずは歯科矯正を始める時期によってどのような違いがあるのかを見ていきましょう。
歯科矯正を始めるのが子供の場合と大人の場合で、それぞれメリットもデメリットもあります。

子供のうちに歯科矯正を始める場合

子供のうち、成長期のうちから歯科矯正を始めると、顎の骨の発育を適切にコントロールすることが可能になります。
そのため、抜歯や顎の手術をしなくても歯並びを美しく整えやすいというメリットがあります。

一方で、子供は成長期のため矯正した後に骨格が変わる可能性もあり、初診から治療が終わるまでの期間が長くなることもあります。

大人になって歯科矯正を始める場合

反対に、大人になってから歯科矯正する際のメリットは、患者さん自身がもつ悩みやコンプレックスを解消することができるということと、目的を持って熱心に治療に取り組むことができるということです。

ただし、大人はもう顎の成長が終わってしまっているため、歯の移動が難しい場合は抜歯も必要になります。

子供の歯科矯正

子供の歯科矯正には、永久歯が生えそろう前の6~10歳頃に行う第一期治療と、その後永久歯が生えそろってから行う第二期治療があります。

第一期治療の期間

子供の成長が著しい時期に行うこの第一期治療では、骨格のずれを矯正したり、「拡大装置」や「ヘッドギア」を用いて顎の成長を調節したりするといった治療を行います。

治療にかかる期間には個人差がありますが、10か月~1年半程度です。

拡大装置

拡大装置

ヘッドギア

ヘッドギア

第二期治療の期間

第二期治療は、顎の成長が終わり永久歯が生えそろった後に、歯にブラケットやワイヤーなどを付けて行います。
治療にかかる期間は1年半~2年半程度です。

第一期、第二期治療期間を通算すると約2年4か月~4年になります。
もちろん歯の状態や、顎や骨の成長には個人差があるため、あくまで目安の期間としてお考えください。

ブラケット、ワイヤー

ブラケット、ワイヤー

大人の歯科矯正

大人の歯科矯正は、子供の第二期治療と同様にブラケットとワイヤーを付けて行うものが一般的です。

治療期間もさほど変わらず、約1年半~2年半程度となっています。
ただし、抜歯が必要な場合や骨格に問題がある場合は更に長い期間を要します。

歯科矯正 大人の歯科矯正

いかがでしたでしょうか。

子供は、成長期のため歯の移動がしやすいという反面、顎や葉の成長を待つ必要もあるため、意外と歯科矯正にかかる期間が長期にわたりやすいのです。

一方で大人は抜歯などが必要になるかもしれませんが、一般的に治療期間は子供の第二期治療とさほど変わりません。

歯科矯正を始めるのに遅すぎるということはないので、自分の歯並びに悩みをお持ちでしたら、一度歯科医院で相談してみると良いかもしれません。

最終更新日: 2016-09-07

タグ:
う歯(虫歯) 歯周病

記事に関するお問い合わせ

「矯正歯科」に関する記事

矯正歯科の記事は他にも多数!

どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談
どのくらい痛い?歯列矯正ゴムかけの体験談

「歯科矯正」に関するキーワード

キーワードから記事を探す

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。