1. ヘルスケア情報 >
  2. 病気・症状 >
  3. 足の病気・症状 >
  4. 自宅で水虫を予防する4つ方法をご紹介!

自宅で水虫を予防する4つ方法をご紹介!

平成23年度の厚生労働省の調べにおいて、日本人の国民の4人に1人が水虫にかかっていることが分かっています。 もう、他人ごとではない水虫……。 今回は、足にできる水虫の予防法についてお伝えします!

水虫とは?

水虫とは?

水虫は、白癬菌というカビが、皮膚の角質層に寄生し、繁殖することによって起こる病気のこと。

足に感染すれば「足白癬」、爪に感染すれば「爪白癬」、手に感染すれば「手白癬」など感染する場所によって、名称が変わります。

白癬菌は、吸いこんでも感染することはありません。

感染経路としては、キッチンマットや浴室の足ふきマットなどから感染します。
それは、公共施設のみならず、家庭内でも感染してしまいます。
水虫に感染した人の皮膚が足に付着し、それを感染していない人が素足で踏むと、感染力の強い白癬菌はすぐに増殖しようとします。

ただし感染には24時間ほどの時間が必要であり、また高温多湿という環境がそろわなければなりません。

つまり毎日きちんと足を清潔に保っていれば、水虫は発症しません。

足白癬の種類

足白癬の種類

さらに、足白癬には症状により型があります。

小水疱型

小さな水泡(一般的には2~3㎜程度)ができるのが特徴で、かゆみがとても強いタイプです。

土踏まずなどに発生しやすく、その水泡は時間が経つと赤くなって皮膚がはがれていきます。

趾間型

水虫の中でも最も多いタイプで、読んで字のごとく足の指間にみられます。

症状としてはむず痒いことが多く、皮膚が赤くなり、その後白くふやけたようになります。

皮膚が剥がれてしまうと、中から液が出てきてジメジメしたようになります。

角化型

かかとなど角質が乾燥し堅くなってしまった状態で、皮膚がめくれたりひび割れたりすることがあります。

特に自覚症状はありません。

爪白癬

足の裏以外に、水虫は爪にも発症します。

爪の中が、白または黄色に変色して、表面は縦に線が入ることもあります。
爪自体が肥厚し、ボロボロと崩れていきます。

自宅で水虫を予防する方法4つを紹介

家庭で水虫を防ぐ方法についてまとめてみました。

足を清潔に保ちましょう

足を清潔に保ちましょう

もし、白癬菌が足に付いたとしても、感染が確立する24時間以内にその菌を洗い流しましょう。

毎日入浴し、その際はしっかりと足の裏も洗うようにしましょう。

ただし、ナイロンタオルなどで皮膚を擦ると小さな傷ができてしまい、菌が感染しやすくなってしまいます。
石鹸の泡をしっかりと立てて、洗うようにしましょう。

マットは毎日交換しよう

マットは毎日交換しよう

キッチンマットや足ふきマットは、毎日洗濯して交換するようにしましょう。

水虫に感染した人が使ったマットをそのまま放置しておくと、そのマットの中で白癬菌が増殖します。

翌日、翌々日と洗濯しないままでそれを使用し続けてしまうと、白癬菌はどんどん増え続けてしまうのです。

家族内で感染させないためには、水虫の人と同じタオルやスリッパなども使用しないようにしましょう。

靴下を履きかえましょう

靴下を履きかえましょう

靴下に足の汗が付いてしまうと空気に触れることが少ないため、なかなか蒸発することができません。
湿度が高くなってしまい、菌が増殖する環境になってしまいます。

特に足の指の間は湿ってしまう場所なので、5本指の靴下などを利用し足を乾燥させるようにしましょう。

靴を履き替えましょう

靴を履き替えましょう
出典:www.ashikusa.net

お気に入りの靴は、毎日でも履いて外出したいと思っている人の気持ちはよくわかります。

しかし靴の中の蒸れは蒸発しにくいもの。
特に冬場のロングブーツなどは、靴の中の湿度を低下させるためにしっかりと休ませてあげる必要があります。

できれば、3足ローテーションで履き替えるようにしましょう。
ブーツはしっかりと開いてつま先の方まで天日干しで乾燥させるようにし、それが難しい時には乾燥材などを使用して湿度を下げるようにしましょう。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:

記事に関するお問い合わせ

「足の病気・症状」に関する記事

足の病気・症状の記事は他にも多数!

肉離れから起こる痛みとは?症状と緩和法まとめ
肉離れから起こる痛みとは?症状と緩和法まとめ
靴擦れ・かかとの水ぶくれを早く治す方法は?原因や防止方法・薬の総まとめ
靴擦れ・かかとの水ぶくれを早く治す方法は?原因や防止方法・薬の総まとめ
知っておこう!痛風治療に用いられる薬と改善すべき生活習慣
知っておこう!痛風治療に用いられる薬と改善すべき生活習慣

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。