1. ヘルスケア情報 >
  2. 健康管理 >
  3. フィットネス・筋トレ >
  4. 今日からできる!歩き方を変えるだけダイエット

今日からできる!歩き方を変えるだけダイエット

運動が苦手、時間がないという人でも、意識を変えて日常生活を送るだけで、ダイエットは可能です。効果的な歩き方について紹介します。

肥満になる仕組み

厚生労働省の調べによると、国民の肥満の割合は約2~3割だと発表されています。

まず初めに、どうして肥満が起こってしまうのかということを復習しておきましょう。

人間は飲食することによってエネルギーを得て、活動することによってそのエネルギーを消費しています。
そのバランスが取れていると体重に変化はありませんが、摂取するエネルギーが消費するエネルギーを上回ると、脂肪として身体に蓄えられてしまいます。

その蓄えがどんどん増えてしまうと、肥満となるわけです。

肥満になる仕組み
出典:www.meiji.co.jp

ダイエットをして肥満を解消したいと考えている場合、摂取エネルギーを抑えるか、活動エネルギーを上げるかによって、消費エネルギーを増やさなければなりません。

摂取エネルギーについては野菜を中心にバランスの良い食事が基本ということにとどめて、ここでは効果的に運動をして消費エネルギーをあげることについて話を進めていきます。

運動にも強度があり、その消費エネルギーは違ってくる

「メッツ」という言葉をご存知でしょうか?

メッツとは運動強度を示す単位に用いられていて、メッツが大きいほど運動強度が高いという意味になり、消費するエネルギーも大きくなります。

1エクササイズ(Ex)に相当する運動または活動

1エクササイズ(Ex)に相当する運動または活動

座っている状態を1メッツ、普通に歩いたら3メッツ、階段昇降になると6メッツというように細かい運動強度が明らかにされています。

これに時間をかけたものをエクササイズ(Ex)とよびます。
普通に20分歩くのと、階段昇降を10分行うのとが同じ、1エクササイズというわけです。

脂肪を減らすためには、週当たりでいうと10エクササイズが推奨されています。

メッツを上げる意識をすれば、消費エネルギーも上がる

運動する時間が取れる人はもちろんウォーキングや水泳、ジョギングなどと自分に合った運動を継続するに越したことはありません。
しかしこれまでに運動の経験がないという人は、運動すること自体が苦痛であるかもしれません。

また、忙しくて時間が取れないという人も多いのではないでしょうか。

そのような人でも諦める必要はありません。
日常生活の中でメッツを意識してみましょう。

まずは、歩き方に意識を向けてみてください。
普通に歩いたら3メッツでも意識をすることで、4メッツの運動強度になります。

歩き方を意識するだけで、普通より5分も短くて1エクササイズに達します。

効果的な歩き方のポイント

効果的な歩き方のポイント
出典:www.pakutaso.com

① うつむいて歩かずに、前を向いて背筋を伸ばす
② 歩く歩幅を若干大きめに保つ
③ カカトからついて、つま先で地面をけるような感じ 
④ リズミカルに手もしっかり振る
⑤ 普段より少し早めのスピードを心がける

歩き方ひとつで変わってくる運動の強度、生活の至る所で意識をすれば、消費カロリーも変わってきます。

最終更新日: 2016-07-24

タグ:
肥満

記事に関するお問い合わせ

「フィットネス・筋トレ」に関する記事

フィットネス・筋トレの記事は他にも多数!

【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ
【動画付き】ばね指に効果的なストレッチ方法とは?自分でできる治療・対処法まとめ

人気の記事

ドクトルで人気の記事を集めました

人気のキーワード

今ドクトルで話題の病気の原因・検査方法・治療方法・予防方法を集めました。